まつり・行事・記念日 ニュース&Wiki etc.

年中行事(ねんちゅうぎょうじ、ねんじゅうぎょうじ)とは、毎年特定の時期に行われる行事の総称。狭義では、伝統的な事柄、特に宮中での公事を指すが、広義では、個人的な事柄から全国的・世界的な事柄なども含まれる。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「年中行事」のつながり調べ

  • 社寺参詣曼荼羅

    社寺参詣曼荼羅から見た年中行事

    参詣曼荼羅は、参詣勧誘や寄進を募ることあるいは霊場案内を目的とし、それらを通じて寺社の伽藍再興や年中行事、日々の燈明料といった財源確保のための本願による勧進活動に利用することが企図されていた。多くの寺社では、限られた数が作成され使用されたと見られているが、那智参詣曼荼羅は大量の複本が伝来し、同様に多数の作例を伝えるものとして立山曼荼羅がある。このような多数の作例の伝来は、勧進活動を支える底辺の宗教者の数に由来するものであると考えられるが、参詣曼荼羅としてはむしろ例外に属している。(社寺参詣曼荼羅 フレッシュアイペディアより)

  • 御田植祭

    御田植祭から見た年中行事

    苦しい田植えの作業を楽しくする方法として田植歌を歌いながら田植えをするという風習が、田の神を祀って豊穣を願う農耕儀礼と結びついて祭礼となったのが起源とされるが、歴史的には権門による勧農があり、その模倣や展開の結果として多くの地域で行われるようになったともいわれる。このため、地域を代表する古くからの寺社の年中行事として伝えられる場合が多く、いずれも農作業の工程を模擬的に演ずることが中心だが、地域ごとに種々の芸能の要素が伝えられ、特徴ある行事が伝承されている。(御田植祭 フレッシュアイペディアより)

「年中行事」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード