前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
142件中 1 - 10件表示
  • 御招霊

    御招霊から見た年中行事年中行事

    御招霊(おしょうれい、おしょうらい)は、日本の盂蘭盆(うらぼん)の年中行事の一つでお盆に先祖の霊があの世から帰ってくるとされるものを迎える、または招く迎え火の一つ。ごしょうらいやごしょうれいと呼んだり、お招霊とも書かれる。御招霊 フレッシュアイペディアより)

  • 菖蒲湯

    菖蒲湯から見た年中行事年中行事

    菖蒲湯(しょうぶゆ)とは5月5日の端午の節句の日に、ショウブ(菖蒲)の根や葉を入れて沸かす風呂のことである。年中行事のひとつ。菖蒲湯 フレッシュアイペディアより)

  • 記念日

    記念日から見た年中行事年中行事

    記念日(きねんび)は、何らかの物事や過去の出来事を記念する日である。広義には週間・月間なども含み、年中行事も含むことがある。国民の祝日も記念日の一種と言える。記念日 フレッシュアイペディアより)

  • 大船渡市

    大船渡市から見た年中行事年中行事

    2004年(平成16年)2月16日:伝統行事「吉浜のスネカ」が、重要無形民俗文化財に指定される (cf.)。大船渡市 フレッシュアイペディアより)

  • 聖衆来迎練供養会式

    聖衆来迎練供養会式から見た年中行事年中行事

    聖衆来迎練供養会式(しょうじゅう らいごう ねりくようえしき)は、奈良県葛城市の當麻寺で、毎年5月14日に挙行される法会である。奈良の年中行事として、単に「練供養会式」や「練供養」と呼ばれることが多いが、正式には、「聖衆来迎練供養会式」という名称の仏教行事、法会である。聖衆来迎練供養会式 フレッシュアイペディアより)

  • 伝統行事

    伝統行事から見た年中行事年中行事

    伝統行事 フレッシュアイペディアより)

  • 御燈

    御燈から見た年中行事年中行事

    御燈(灯)(ごとう)は平安時代以降、宮中で行われていた年中行事である。北辰信仰に基づき、3月と9月に天皇が北辰(北極星。時には北斗七星とも混同される)に灯火を捧げる儀式であり、その灯火をも「御燈(灯)」と呼んだ。また北辰を祀ることから一に北辰祭ともいう。御燈 フレッシュアイペディアより)

  • 緑川幸次郎

    緑川幸次郎から見た年中行事年中行事

    旧姓、井上、長じて緑川氏をついだ。森越中守家士の料理人について学び、明治初年、町料理人として料理店に勤務するかたわら、四条流庖丁師範6代目石井治兵衛の門に入り、日本料理法を習学した。明治16年、その師である喜重の推挙によって宮内省大膳課に職を奉じた。青山御殿の皇太后付の庖丁師となり、のち大膳課に移り、明治天皇御膳に奉仕し、続いて大正天皇即位御膳、昭和天皇即位御前、諸宮家の婚儀御膳、宮中年中行事の御膳などに奉仕した。昭和3年、大日本割烹学会、料理研究所顧問。昭和5年、退職した。緑川幸次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 駒場野鶉狩

    駒場野鶉狩から見た年中行事年中行事

    駒場野鶉狩(こまばのうずらがり)は、江戸時代、将軍によって秋に行なわれた鷹狩である。年中行事の一つ。「小鷹狩」とも称した。駒場野鶉狩 フレッシュアイペディアより)

  • 送り火

    送り火から見た年中行事年中行事

    仏教が庶民の間に浸透した室町時代以後に年中行事として定着したといわれている。送り火 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
142件中 1 - 10件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード