191件中 91 - 100件表示
  • 変若水

    変若水から見た年中行事年中行事

    新井秀夫は、論文「「月夜見の持てるをち水」小考」(「日本文芸研究」1991年4月)において、民俗学の見地から、元旦に一年の邪気を払う「若水」を汲む行事が日本各地で多数採取されていること、そして『延喜式』『年中行事秘抄』や佚書『月舊記』などの文献に平安時代の年中行事として、立春の日に行われる「供若水」が見られることを指摘し、古代日本に季節が新しく生まれ変わるのと同じように、春の始めに聖なる水「若水」を汲み、身心を清め生気をたくわえるいわゆる「若水」信仰の存在を考察している。そして、ある種の水を若返りの水として神聖視する信仰は、万葉集においては「変若水」や若返りを詠んだ歌に散見されており、単純な文学的表現とは考えにくいので、これらの歌表現の背景に「若水」信仰が存在したのではないかと考察している。変若水 フレッシュアイペディアより)

  • 弓術

    弓術から見た年中行事年中行事

    朝廷では天智朝(7世紀後半)には既に年中行事として大射(射礼〈じゃらい〉)が行われるなど、種々の“儀礼の射”(「礼射」)が行われた。弓術 フレッシュアイペディアより)

  • 追儺

    追儺から見た年中行事年中行事

    追儺(ついな)とは、大晦日(旧暦12月30日)の宮中の年中行事であり、平安時代の初期頃から行われている鬼払いの儀式。「鬼やらい」(鬼遣らい、鬼儺などとも表記)、「儺(な)やらい」とも呼ばれる。追儺 フレッシュアイペディアより)

  • 生活

    生活から見た年中行事年中行事

    世界を解釈し、その世界像のもと、上記のさまざまな活動を営み(食べ、住まい、子供を産み育て)表象行為を行う。(もともと生きることと、世界解釈と一体化して生きることは不可分であった)現代風に言えば、「信仰生活」「宗教行為」「年中行事」など。生活 フレッシュアイペディアより)

  • 弥五郎どん

    弥五郎どんから見た年中行事年中行事

    弥五郎どん(やごろうどん、または大人弥五郎、弥五郎様)とは、九州南部、宮崎県と鹿児島県に伝わる巨人伝説(大人伝説)。およびこれを祀ってこの地方で行われる年中行事・神事である。弥五郎どん フレッシュアイペディアより)

  • 七五三

    七五三から見た年中行事年中行事

    七五三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝う日本の年中行事であり、神社などで「七五三詣で」を行いご報告、感謝、祈願を行う奉告祭。七五三 フレッシュアイペディアより)

  • 露天商

    露天商から見た年中行事年中行事

    的屋 - 的屋とは基本的には祭礼や縁日や時節や年中行事で、寺社の参道や境内または門前町を主に、人出が見込まれる場所を渡り歩き商売をする、日本古来の伝統的な生業を指す。商売の手段としては、地面に引いた敷物のうえに商品を並べる簡易なものから、仮設建築としての見世物小屋を集団組織で営むものまで様々である。詳しくは的屋を参照。露天商 フレッシュアイペディアより)

  • 大船渡市

    大船渡市から見た年中行事年中行事

    2004年(平成16年)2月16日:伝統行事「吉浜のスネカ」が、重要無形民俗文化財に指定される (cf.)。大船渡市 フレッシュアイペディアより)

  • 源高明

    源高明から見た年中行事年中行事

    『西宮記』当時の儀式・年中行事の式次第・内容を詳細に記した有職故実書。平安時代中期の宮中儀礼の様子を知ることが出来る一級史料である。源高明 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の年中行事・記念日の分類

    日本の年中行事・記念日の分類から見た年中行事年中行事

    日本の年中行事・記念日の分類(にっぽんのねんじゅうぎょうじ・きねんびのぶんるい)では、日本で現在広く行われている年中行事および記念日の、日取りの基準による分類を示す。ここでは、「新暦」は現行のグレゴリオ暦、「旧暦」は伝統的な太陰太陽暦とする。日本の年中行事・記念日の分類 フレッシュアイペディアより)

191件中 91 - 100件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード