142件中 111 - 120件表示
  • 除夜の鐘

    除夜の鐘から見た年中行事年中行事

    除夜の鐘(じょやのかね)は、日本仏教にて年末年始に行われる年中行事の一つ。12月31日の除夜(大晦日の夜)の深夜0時を挟む時間帯に、寺院の梵鐘を撞(つ)くことである。梵鐘自体のことではない(通常の梵鐘が使われる)。除夜の鐘 フレッシュアイペディアより)

  • 讃岐うどん

    讃岐うどんから見た年中行事年中行事

    20世紀前半の香川県では年中行事や冠婚葬祭でもうどん料理が振る舞われ、「うどんが打てぬようでは嫁にも行けない」という言葉があったという。讃岐うどん フレッシュアイペディアより)

  • 文化財

    文化財から見た年中行事年中行事

    民俗文化財は、衣食住、生業、信仰、年中行事等に関する風俗慣習、民俗芸能、民俗技術及びこれらに用いられる衣服、器具、家屋その他の物件であると定義されている。文化財 フレッシュアイペディアより)

  • 812年

    812年から見た年中行事年中行事

    3月28日(弘仁3年2月12日) - 桜の花見の宴が日本で初めて公式行事として催される。812年 フレッシュアイペディアより)

  • 追儺

    追儺から見た年中行事年中行事

    追儺(ついな)とは、大晦日(12月30日 (旧暦))の宮中の年中行事であり、平安時代の初期頃から行われている鬼払いの儀式。追儺 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野通

    矢野通から見た年中行事年中行事

    名前の由来は日本の年中行事「鏡開き」。矢野通 フレッシュアイペディアより)

  • 重要無形民俗文化財

    重要無形民俗文化財から見た年中行事年中行事

    重要無形民俗文化財(じゅうようむけいみんぞくぶんかざい)は、衣食住、生業、信仰、年中行事などに関する風俗慣習、民俗芸能、民俗技術など、人々が日常生活の中で生み出し継承してきた無形の民俗文化財のうち、特に重要なものとして国が指定したものである。この指定制度は、1975年の文化財保護法の改正によって実現し、1976年5月4日に第1回として30件が指定されて以来、2013年3月12日現在で、合計281件が指定されている。重要無形民俗文化財 フレッシュアイペディアより)

  • 2月12日 (旧暦)

    2月12日 (旧暦)から見た年中行事年中行事

    弘仁3年(ユリウス暦812年3月28日) - 桜の花見の宴が日本で初めて公式行事「花宴之節」として催される。2月12日 (旧暦) フレッシュアイペディアより)

  • 亥の子

    亥の子から見た年中行事年中行事

    亥の子(いのこ)は、旧暦10月(亥の月)の亥の日に行われる年中行事。玄猪、亥の子の祝い、亥の子祭りとも。主に西日本で見られる。行事の内容としては、亥の子餅を作って食べ万病除去・子孫繁栄を祈る、子供たちが地区の家の前で地面を搗(つ)いて回る、などがある。亥の子 フレッシュアイペディアより)

  • こけし

    こけしから見た年中行事年中行事

    当時の国民の90%を占める農民にとって、湯治とは、厳しい作業の疲れを癒し、村落共同体の内外を問わず人々とのコミュニケーションを楽しむ重要な年中行事であった。太陽暦でいう1月末の一番寒い時期の「寒湯治」、田植えの後の「泥落とし湯治」、8月の一番暑い時期の「土用の丑湯治」など、年に2-3回は湯治を行ってリフレッシュしていたようである。こけし フレッシュアイペディアより)

142件中 111 - 120件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード