191件中 111 - 120件表示
  • すくーるライフ

    すくーるライフから見た年中行事年中行事

    作中で年中行事がよく題材にされるが、新年度が始まっても登場人物の学年はけして進まない(イソノ時空)。すくーるライフ フレッシュアイペディアより)

  • サンタクロース

    サンタクロースから見た年中行事年中行事

    1928年、朝日新聞で「クリスマスは今や日本の年中行事となり、サンタクロースは立派に日本の子供のものに」との記事が掲載された。。サンタクロース フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢音頭

    伊勢音頭から見た伝統行事年中行事

    伊勢音頭は「荷物にならない伊勢土産」ともいわれ、各地で伝わり作り替えられ普及した唄や踊りがある。主に祝い歌として祭などの伝統行事、通過儀礼の席で唄われる事が多い。なお伊勢にはほかに「伊勢道中唄」という唄がある。「明日はお立ちか、お名残惜しや…」と始まるもので、「伊勢街道の音頭」より歌詞は長く形式が異なる。歌詞の中の「六軒茶屋」とは松坂にあった茶屋のことである。伊勢音頭 フレッシュアイペディアより)

  • 浜松まつり

    浜松まつりから見た年中行事年中行事

    浜松まつり(はままつまつり)は、浜松市で毎年ゴールデンウィーク期間中の5月3日〜5日にかけて開催される年中行事である。通称は凧。また、凧祭り(たこまつり)とも呼ばれる。浜松まつり フレッシュアイペディアより)

  • 雛祭り

    雛祭りから見た年中行事年中行事

    雛祭り(ひなまつり)は、日本において、女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事雛祭り フレッシュアイペディアより)

  • 酉の市

    酉の市から見た年中行事年中行事

    酉の市は、鷲神社、酉の寺、大鳥神社など鷲や鳥にちなむ寺社の年中行事として知られ、大阪府堺市西区鳳北町の大鳥大社でも行われる全国的な祭りである。多くの露店で、威勢よく手締めして「縁起熊手」を売る祭の賑わいは、年末の風物詩である。なお、愛知県名古屋市の稲園山七寺(大須七寺、長福寺)などで行われる「えびす講(えびす祭・えべっさん)」は、由来が異なり酉の市とは全く関係が無い。酉の市 フレッシュアイペディアより)

  • 平城天皇

    平城天皇から見た年中行事年中行事

    即位当初は政治に意欲的に取り組み、官司の統廃合や年中行事の停止、中・下級官人の待遇改善など政治・経済の立て直しを行い、民力休養に努めた。一方で、薬子とその兄の藤原仲成が宮中で台頭し、『続日本紀』から削除した藤原種継の暗殺事件の記述を復活させた。これは兄妹が種継の子であったこともあるが、早良親王廃太子と平城天皇自身の皇位継承の正当性を示す目的があったとも考えられている(しかしこの件は後に嵯峨天皇によって再度削除されることになる)。大同4年(809年)4月1日、病気のため在位僅か3年で皇太弟の神野親王(嵯峨天皇)に譲位して上皇となり、嵯峨天皇は平城天皇の子の高岳親王を皇太子に立てた。同年12月、平城上皇は旧都である平城京に移り住んだ。平城天皇 フレッシュアイペディアより)

  • 陀々堂の鬼はしり

    陀々堂の鬼はしりから見た年中行事年中行事

    鬼走りというのは、中国から伝わり宮中の年中行事となった追儺の行事を模倣した悪鬼と疫病を払う儀式で、追儺、鬼追いともいい各地に多く残されているが、陀々堂の鬼はしり行事の鬼は、追い払われる対象となる悪い鬼ではなく、阿弥陀如来に仕え災厄を除き福をもたらす善い鬼とされている。陀々堂の鬼はしり フレッシュアイペディアより)

  • 月令

    月令から見た年中行事年中行事

    月令(げつれい、がつりょう)とは漢籍の分類のひとつで、月ごとの自然現象、行事、儀式、農作業などを記したものを言う。時令(じれい)とも呼ぶ。古代の制度・習俗や農業技術を知るために重要である。月令 フレッシュアイペディアより)

  • 民謡

    民謡から見た年中行事年中行事

    民謡の中には、童歌(わらべうた)や子守唄などの子供向けのものも多くあるが、労働歌、祭祀・年中行事の歌なども含まれる。民謡 フレッシュアイペディアより)

191件中 111 - 120件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード