191件中 121 - 130件表示
  • 文化遺産保護制度

    文化遺産保護制度から見た年中行事年中行事

    無形文化遺産については2008年現在非物質文化遺産保護法が立法過程にあり、これに先立って2006年に「国家級非物質文化遺産」のリストとして518項目が公表されている。リストには春節などの年中行事、梁祝などの伝承や説話、京劇や昆曲などの伝統芸能・伝統音楽のほか、太極拳や鍼灸も含まれている。文化遺産保護制度 フレッシュアイペディアより)

  • MOTHER (ゲーム)

    MOTHER (ゲーム)から見た年中行事年中行事

    アメリカが舞台とされているが、登場する地域は実在しない架空のものである。町の名前はアメリカの祝日や年中行事の名称から採られているものが多い。大陸横断鉄道「パラダイスライン」により、サンクスギビング、レインディア、ハロウィーン、スノーマンの4つの町が結ばれている。MOTHER (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 除目

    除目から見た年中行事年中行事

    除目(じもく/じょもく)とは、平安時代中期以降、京官、外官の諸官を任命すること。またその儀式自体である宮中の年中行事を指し、任官した者を列記した帳簿そのものを指す(除書ともいう)。「除」は前官を除いて新官を任ずる意味で、「目」は目録に記すことを意味する。除目 フレッシュアイペディアより)

  • 平安座島

    平安座島から見た伝統行事年中行事

    「平安座島には多くの伝統行事が残されている」といわれ、行事の保存・継承を積極的に行っている。平安座自治会は、島内に参入した石油関連企業からの土地賃貸料等による潤沢な不動産収入を得て、行事は盛大に催される。実際、当自治会の2001年度の歳入額は約8500万円であったが、宮城島や伊計島などの周辺離島の自治会では毎年多くても1000万円は超過しないという。予算の掛かる大綱引きに関しては、水田の無い平安座島では藁は他所から購入しなければならず、財政的に負担の大きい行事であった。1960年以降開催されなかったが、1984年に再開された。また海中道路の開通で自動車での往来が容易になり、泊りがけで行われた旧盆も日帰りで済むようになり、行事のあり方にも変化が生じた。平安座島 フレッシュアイペディアより)

  • 柳営秘鑑

    柳営秘鑑から見た年中行事年中行事

    『柳営秘鑑』(りゅうえいひかん)は、江戸幕府の年中行事、諸士勤務の執務内規、格式、故事、旧例などを記した書物。幕臣の菊池弥門著。寛保3年(1743年)に成立した。10巻。柳営秘鑑 フレッシュアイペディアより)

  • ねぶた

    ねぶたから見た年中行事年中行事

    ねぶたとは、古来日本で、旧暦7月7日の年中行事として、すなわち七夕行事の一つとして行われてきた夏祭りの一類型である。太陽暦(新暦)の導入以降は元来の七夕との関連性は薄れ、8月1日から一週間ほどかけて行われる夏祭りへと変容した。ねぶた フレッシュアイペディアより)

  • 病気

    病気から見た年中行事年中行事

    現代の日本でも年中行事として、病気をしないように(鬼が来ないように)節分に豆まきをする、端午の節句に菖蒲湯に入るなどといった習慣が残っている。病気 フレッシュアイペディアより)

  • 歳暮

    歳暮から見た年中行事年中行事

    日本では、暮れに世話になった人に対し感謝するなどの歳暮周り(せいぼまわり)と呼ばれる年中行事が行われることが多い。このときに贈り物がされるが、この贈答品がお歳暮と呼ばれ、現在では「歳暮」「お歳暮」といった場合、この贈答品、または贈り物の習慣を指すことが一般的である。歳暮 フレッシュアイペディアより)

  • 社寺参詣曼荼羅

    社寺参詣曼荼羅から見た年中行事年中行事

    参詣曼荼羅は、参詣勧誘や寄進を募ることあるいは霊場案内を目的とし、それらを通じて寺社の伽藍再興や年中行事、日々の燈明料といった財源確保のための本願による勧進活動に利用することが企図されていた。多くの寺社では、限られた数が作成され使用されたと見られているが、那智参詣曼荼羅は大量の複本が伝来し、同様に多数の作例を伝えるものとして立山曼荼羅がある。このような多数の作例の伝来は、勧進活動を支える底辺の宗教者の数に由来するものであると考えられるが、参詣曼荼羅としてはむしろ例外に属している。社寺参詣曼荼羅 フレッシュアイペディアより)

  • 民俗学

    民俗学から見た年中行事年中行事

    民俗学の調査手法としては、庶民の生活を総体的に把握するという目的を果たすため、農山漁村を中心とした集落に滞在し、聞き取り(聞き書き)調査や紙資料を含む文字資料(金石文、棟札など)の収集、建築物や民具など物質文化の記録、あるいは生業、共同労働、年中行事、人生儀礼などの場への参与観察、そして民俗誌の記述が主体となる。フィールドワークの蓄積からエスノグラフィーを描くことを重視するという意味では文化人類学の手法に近似するが、マリノフスキー以降の近代人類学が研究者個人による数ヶ月〜数年の長期滞在調査を基本とするのに対し、民俗学では数日〜数ヶ月スパンの中短期調査を繰り返し行うことが多く、また複数研究者による共同調査が実施されることも多い。民俗学 フレッシュアイペディアより)

191件中 121 - 130件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード