191件中 151 - 160件表示
  • 藤村紫朗

    藤村紫朗から見た伝統行事年中行事

    殖産興業と平行して文明開化のための施策も行い、荒廃していた甲府市街の整備に着手し、「藤村式建築」と呼ばれる擬洋風建築を推進。1872年(明治5年)に政府が学制を公布されると、区戸長に学区取締を兼任させて就学を推進し、「陋習」打破と称して道祖神風習など伝統行事や祭事などへの抑圧を行っている。藤村紫朗 フレッシュアイペディアより)

  • 花咲くいろは

    花咲くいろはから見た年中行事年中行事

    古来、湯乃鷺の地では狐を従えた少女の姿をした神様が奉られており、毎年の神無月(10月)には、神様が年に一度出雲へ帰る道すがら迷子にならないようにと道程に雪洞(ぼんぼり)を提げて案内する年中行事があった。「ぼんぼり祭り」と呼ばれるこの神事には、「のぞみ札」と呼ばれる木製の短冊を雪洞に下げると多くの札の中からたった一つが神様に選び出されて願いが叶えられるという言い伝えもあって、この地にやってきてまだ日の浅い緒花にとっても楽しみなものとなっていた。最終回には祭りの日が訪れ、喜翆荘の人々は思い思いの願いをのぞみ札に託す。緒花が記したのは、湯乃鷺にやってきた頃には考えもしなかった願いだった。花咲くいろは フレッシュアイペディアより)

  • 大連市

    大連市から見た年中行事年中行事

    大連市を挙げての年中行事は、大連春節煙火晩会(国慶節の花火大会)、大連国際槐花節(大連市の花であるアカシア祭り)、大連国際服装節(大連国際ファッションショー)、CISIS(国際ソフトウェア情報サービス交易会)、大連国際マラソン大会-全日本空輸協賛 -星海広場をスタートして市内道路を通過して大連市人民体育場がゴール、大連国際徒歩大賽(大連国際ウォーキング大会)-日本航空協賛、星海広場をスタートして濱海南路がゴール、大連国際オートショー、大連国際馬拉松大賽、大連国際啤酒節 (大連国際ビール祭り)、などが行なわれている。大連市 フレッシュアイペディアより)

  • 朱印 (神社仏閣)

    朱印 (神社仏閣)から見た年中行事年中行事

    朱印はひとつとは限らず複数扱う寺社もある、寺院によってはご詠歌や仏堂、仏像ごとに、神社によっては摂末社や兼務神社の朱印をもらえることもある。また、年中行事や秘仏の御開帳、特別公開期間などに合わせて特別な朱印にすることもあり、複数の霊場を兼ねる寺社では霊場ごとに別の朱印が用意されていることもある。朱印 (神社仏閣) フレッシュアイペディアより)

  • 北木島

    北木島から見た伝統行事年中行事

    流し雛 - 旧暦3月3日に大浦の海岸で、紙雛を乗せた小舟を海に流す伝統行事。笠岡市指定重要無形民俗文化財。北木島 フレッシュアイペディアより)

  • 渋川へそ祭り

    渋川へそ祭りから見た年中行事年中行事

    渋川市におけるへそ祭りは、1983年(昭和58年)に寄居町へそ祭りとして開催されたのが始まりである。大型店が郊外に進出する中、古い宿場の町並みが残る渋川市中心商店街はモータリゼーションへの追従が難しく、沈滞ムードが漂っていた。商店街の催し物としては、1974年(昭和49年)に始まった歩行者天国があったが、マンネリ化から廃止の声が上がり、1986年(昭和61年)に廃止されてしまった。また、渋川市の祭りとしては古くからの祇園祭が発展した渋川山車祭りがあったが、開催は1年おきであったことから知名度が低く、群馬県内の年中行事を紹介する旅行ガイドブックに掲載されないほどであった。そこで、渋川商工会議所は商店街の活性化を目的に、渋川市が日本の真ん中、すなわち「へそ」に当たることから、「へそ祭り」の開催を企画した。渋川へそ祭り フレッシュアイペディアより)

  • 干支

    干支から見た年中行事年中行事

    端午の節句…5月の月初めの午(端午)の日に行われる年中行事干支 フレッシュアイペディアより)

  • どうぶつの森シリーズ

    どうぶつの森シリーズから見た年中行事年中行事

    ゲーム内で流れる時間は、ゲームのロムカセットやゲーム機本体に内蔵された時計機能と連動している。現実世界と同じように昼夜や季節が移り変わり、村の景観もそれに応じて変化する。また、後述のように季節ごとの様々な年中行事も行われる。どうぶつの森シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 恵林寺

    恵林寺から見た年中行事年中行事

    『御検地日記』『諸納物日記』によれば三日市場は軒数26間半で、恵林寺に「公事」を納入する公事屋敷が14間であったという。九日市場は軒数21間半で、公事屋敷が16間と記している。「公事」は恵林寺の年中行事や仏事、月ごと・季節ごとに納入される公事物を指し、門前市の住民に納入が義務付けられ、恵林寺の寺院経済を支えていた。市場には武田氏によって設けられた「陣屋」「御蔵」があり、年貢・公事物などが納入され、市場において銭貨と交換され、武田家の財政を支えていた。この点は徳川氏時代にも引き継がれており、塩山三日市場に所在する十組屋敷は武田家の陣屋であったという。恵林寺 フレッシュアイペディアより)

  • アズキ

    アズキから見た年中行事年中行事

    祝事の席で食す料理のひとつに白米と小豆で作った小豆粥(あづきがゆ)がある。また、日本では1月15日(小正月)に小豆粥を食する風習が年中行事として残る。アズキ フレッシュアイペディアより)

191件中 151 - 160件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード