191件中 11 - 20件表示
  • オムシャ

    オムシャから見た年中行事年中行事

    オムシャとは、江戸時代にアイヌに対して実施された撫育のための措置。後に年中行事化された。オムシャ フレッシュアイペディアより)

  • 水祝儀

    水祝儀から見た伝統行事年中行事

    水祝儀(みずしゅうぎ)は、日本の伝統行事の一つ。同じ「水祝儀」の呼び名でも、形態はさまざまである。今日では多くの地区で廃絶したが、一部の地区で残されている。水祝儀 フレッシュアイペディアより)

  • 2月12日 (旧暦)

    2月12日 (旧暦)から見た年中行事年中行事

    弘仁3年(ユリウス暦812年3月28日) - 桜の花見の宴が日本で初めて公式行事「花宴之節」として催される。2月12日 (旧暦) フレッシュアイペディアより)

  • 廩院

    廩院から見た年中行事年中行事

    『日本書紀』の朱鳥元年(686年)にある「蔵庸舎屋」(ちからおさむるや)を起源とすると考えられている。大宝律令以後においては衛士・仕丁や雇役された人夫の食料や賑給・年中行事の料米、諸司・諸家への米の貸借などに充てられた。廩院 フレッシュアイペディアより)

  • 生活暦

    生活暦から見た年中行事年中行事

    生活暦(せいかつれき)とは、暦によって配当された月日に生活上で必要な情報を書き込んだものをいう。年鑑と呼ぶ場合もある。そこに書き込まれるものは、天体の出没や月齢、日食・月食、気候、占い、年中行事など用途により様々である。生活暦 フレッシュアイペディアより)

  • 送り火

    送り火から見た年中行事年中行事

    送り火(おくりび)とは、お盆の行事の一つで、お盆に帰ってきた死者の魂を現世からふたたびあの世へと送り出す行事である(反対語 → 迎え火)。 家庭の玄関先や庭で行われるものから、地域社会の行事として行われるものまで、さまざまな規模で行われている。大規模なものでは大きく分けて、山の送り火、海の送り火の2つがある。仏教が庶民の間に浸透した室町時代以後に年中行事として定着したといわれている。送り火 フレッシュアイペディアより)

  • 年中行事障子

    年中行事障子から見た年中行事年中行事

    年中行事障子(ねんじゅうぎょうじのしょうじ)とは、内裏清涼殿にあった衝立障子のこと。宮中で行なわれる年中行事の名を書き記したもの。年中行事障子 フレッシュアイペディアより)

  • おこもり

    おこもりから見た伝統行事年中行事

    おこもりとは、青森県下北郡佐井村牛滝地区で行われる伝統行事。牛滝地区の神明宮において、毎年12月15日と1月15日に行われる。おこもり フレッシュアイペディアより)

  • 蓮の葉

    蓮の葉から見た年中行事年中行事

    蓮の葉商い(蓮の葉商ひ、蓮葉商い)とは、古くから日本各地の朝市や縁日などで、その時々に自生する銀杏、アケビ、椎(しい)などの木の実や五節句、二十四節気の年中行事に必要な季節物をその期日の前に商いしていた者をさし、(近年、近代から八百屋や花屋や街商も季節物を売っていた)その中で盂蘭盆(うらぼん)に使う蓮の実や蓮の葉が特に珍重された事や、商品の多くを蓮の葉や蕗(ふき)の葉の皿の上に置いて売っていたという事などから、季節物を扱う商人を「蓮の葉商い」(はすのはあきない)と呼ぶようになった。しかし季節物という短期使用のいわゆる、消え物であることから多少品質が悪くとも問題にならない、しない物という捉えかたがされ、きわもの売りやまがい物を売る者という意味を持つようになり、蓮の葉の言葉の意味が際物(きわもの)やまがい物を指すようになった。蓮の葉 フレッシュアイペディアより)

  • ヘルベルト・シュヴェート

    ヘルベルト・シュヴェートから見た年中行事年中行事

    「南西ドイツ シュヴァーベンの民俗?年中行事と人生儀礼」エルケ・シュヴェートと共著 河野眞訳、文楫堂、2009年ヘルベルト・シュヴェート フレッシュアイペディアより)

191件中 11 - 20件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード