142件中 11 - 20件表示
  • 名のり・注連縄切り・火祭り

    名のり・注連縄切り・火祭りから見た年中行事年中行事

    名のり・注連縄切り・火祭り(なのり・しめなわきり・ひまつり)は、三重県志摩市大王町で大晦日から元日にかけて行なわれる一連の年中行事名のり・注連縄切り・火祭り フレッシュアイペディアより)

  • 奈良まほろばソムリエ検定

    奈良まほろばソムリエ検定から見た年中行事年中行事

    県内全域の寺社仏閣や史跡、歴史、年中行事、伝統工芸、自然景勝地、のほか、万葉集にまつわる土地などに関する知識を問う。90分のマークシート形式の選択問題に加え、1級以上は体験学習の実施も検討している。奈良まほろばソムリエ検定 フレッシュアイペディアより)

  • 小正月の訪問者

    小正月の訪問者から見た年中行事年中行事

    小正月の訪問者(こしょうがつのほうもんしゃ)は、小正月に仮装をして家々を回る伝統行事及びその人物を指す民俗学上の総称である。小正月の訪問者 フレッシュアイペディアより)

  • 民俗資料

    民俗資料から見た年中行事年中行事

    風習をあらわすもの(家族制度、社会制度、通過儀礼、社会集団、生業・産業、年中行事、まつり、遊技・競技・娯楽、場の限定された語彙や言葉遣い(方言・俗語・隠語)、禁忌、農事暦)民俗資料 フレッシュアイペディアより)

  • えびすだわら

    えびすだわらから見た伝統行事年中行事

    えびすだわらとは、秋田県雄勝郡に伝わる伝統行事の一つで、その年の秋の豊作を願って、旧暦送り盆の8月15日に行われる祭りである。地元では「えびしだら」「えびすだら」と呼ばれる。えびすだわら フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢貞運

    伊勢貞運から見た年中行事年中行事

    貞運は北条氏の一門衆で有職故実や年中行事に精通していたようだ。伊勢貞運 フレッシュアイペディアより)

  • 年中行事障子

    年中行事障子から見た年中行事年中行事

    年中行事障子(ねんじゅうぎょうじのしょうじ)とは、内裏清涼殿にあった衝立障子のこと。宮中で行なわれる年中行事の名を書き記したもの。年中行事障子 フレッシュアイペディアより)

  • 変若水

    変若水から見た年中行事年中行事

    新井秀夫は、論文「「月夜見の持てるをち水」小考」(「日本文芸研究」1991年4月)において、民俗学の見地から、元旦に一年の邪気を払う「若水」を汲む行事が日本各地で多数採取されていること、そして『延喜式』『年中行事秘抄』や佚書『月舊記』などの文献に平安時代の年中行事として、立春の日に行われる「供若水」が見られることを指摘し、古代日本に季節が新しく生まれ変わるのと同じように、春の始めに聖なる水「若水」を汲み、身心を清め生気をたくわえるいわゆる「若水」信仰の存在を考察している。そして、ある種の水を若返りの水として神聖視する信仰は、万葉集においては「変若水」や若返りを詠んだ歌に散見されており、単純な文学的表現とは考えにくいので、これらの歌表現の背景に「若水」信仰が存在したのではないかと考察している。変若水 フレッシュアイペディアより)

  • 座敷

    座敷から見た年中行事年中行事

    近現代の一般住宅で、一番よい和室に対して当てられる語。日当たりや風通しが良く、床の間が設けられていることもある。冠婚葬祭などの儀礼や改まった年中行事の場として用いられるほか、客を接待したり、宿泊させることも多い。座敷 フレッシュアイペディアより)

  • 千代紙

    千代紙から見た年中行事年中行事

    京千代紙は、町人文化が隆盛となる江戸中期以前には平安時代以来の公家伝統の有職文様が主流であったが、町人の需要増に伴って京の風土や年中行事にちなむ文様が新たに考案されていったとされる。京千代紙は江戸千代紙に比して意匠と色使いの渋さを特徴とする。千代紙 フレッシュアイペディアより)

142件中 11 - 20件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード