191件中 21 - 30件表示
  • 日常生活

    日常生活から見た年中行事年中行事

    日々繰り返される物事の他にも、毎年繰り返される行事や伝統芸能、季節を特徴づける事物である風物詩なども、日常生活を理解する鍵として注目されることがある。日常生活 フレッシュアイペディアより)

  • 中原師遠

    中原師遠から見た年中行事年中行事

    日記は大部分が散逸しているが、大治2年(1127年)に肥前国から鯨珠(鯨の体内から発見された玉)が朝廷に献上された経緯を記した『鯨珠記』が逸文として伝わっている。ほかに、年中行事書『師遠年中行事』や、見聞した事柄を記した『随見聞抄』などの著作がある。中原師遠 フレッシュアイペディアより)

  • 野國總管

    野國總管から見た年中行事年中行事

    野国総管を讃える行事としては、野国村の年中行事では「旧暦二月春の彼岸は野國總管霊前にて行う」とあり、近隣の野里村でも同様の行事が行われてきた。1922年(大正11年)、旧・北谷村(cf. 北谷町)では、毎年旧暦の8月17日の村祭りで墓前にて祭典が行われていた。野國總管 フレッシュアイペディアより)

  • 婿投げ・墨塗り

    婿投げ・墨塗りから見た伝統行事年中行事

    近年は伝統行事というよりも人寄せのイベントとして開催され、投げられる新郎、新婦よりも観光客と写真家を呼ぶためのイベントとして開催されている。婿投げ・墨塗り フレッシュアイペディアより)

  • 日本史学史

    日本史学史から見た年中行事年中行事

    鎌倉時代以降の武家台頭に危機感を募らせていた公家層を代表して、新たな歴史認識を示したのは慈円の『愚管抄』である。慈円は末法思想と「道理」をテーマとして国初以来の歴史を説き起こすと、武家が大きな政治権力を握ったことを「道理」観念で合理的に理解しようとしており、同書をもって初めて歴史認識が明確に示されたとする見解もある。中世には仏教的な歴史意識が広まったが、それに対抗して神官の間では『日本書紀』神話の講読が盛行すると、神道の立場を中心として神話と歴史を結合させる思想が起こった。これを背景に、中世中期には、北畠親房により神道的な神国思想をテーマとする『神皇正統記』が著された。また、中世のもう一つの歴史認識は、年中行事や有職故実などの儀礼を通じて歴史を考えるというもので、そのため、故実を伝えるための日記や各種記録文書が多数作成された。その影響で、鎌倉幕府の正史である『吾妻鏡』も日記体をとっている。日本史学史 フレッシュアイペディアより)

  • 名のり・注連縄切り・火祭り

    名のり・注連縄切り・火祭りから見た年中行事年中行事

    名のり・注連縄切り・火祭り(なのり・しめなわきり・ひまつり)は、三重県志摩市大王町で大晦日から元日にかけて行なわれる一連の年中行事名のり・注連縄切り・火祭り フレッシュアイペディアより)

  • 沙汰始

    沙汰始から見た年中行事年中行事

    室町幕府においては政務の儀礼化が進み、年中行事である恒例、補任・異動などに伴う臨時の沙汰始が実施された。沙汰始 フレッシュアイペディアより)

  • 観楓会

    観楓会から見た年中行事年中行事

    本州以南で、一般に花見を行う場合、近い場所で日帰りで行われることが多いが、観楓会は一泊程度の宿泊を伴うことが多い。場所は温泉宿等がよく選ばれ、開会も必ずしも日中とは限らない。すなわち北海道における「観楓会」は宴会を第一目的としている。宴席を主たる目的とする年中行事という観点では、花見と相通ずるが、開催方法にはこのような相違がある。観楓会 フレッシュアイペディアより)

  • 初売り

    初売りから見た伝統行事年中行事

    初売りが地域の伝統行事として大々的に行われているところがあり、仙台市を初めとした旧仙台藩領内や佐世保市の初売りが有名である。初売り フレッシュアイペディアより)

  • 朝堂

    朝堂から見た年中行事年中行事

    政務における実務が宮内の曹司でおこなわれるようになったため、朝堂での政務そのものは儀式化の傾向が進み、年中行事の運営などが中心になっていった。また、それにともなって朝堂一郭の規模は、藤原宮を頂点に時代を下るごとに縮小化の傾向がみられた。儀式化した政務に陣定などの評定や訴訟が複合していったが、これらは総称して公事とよばれた。朝堂 フレッシュアイペディアより)

191件中 21 - 30件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード