142件中 21 - 30件表示
  • 源高明

    源高明から見た年中行事年中行事

    『西宮記』当時の儀式・年中行事の式次第・内容を詳細に記した有職故実書。平安時代中期の宮中儀礼の様子を知ることが出来る一級史料である。源高明 フレッシュアイペディアより)

  • 地下家

    地下家から見た年中行事年中行事

    地下家も堂上家と同様、世職世業であった。江戸時代には地下の世職は局務(大外記上首:押小路家が世襲)・官務(左大史上首:壬生家が世襲)・蔵人所出納(平田家が世襲)が、それぞれ外記方・官方・蔵人方の世襲の諸役人を管掌し、朝廷の各種行事の運営を司った(催官人)。特に、局務と官務を並べて両局と称され、幕末には出納を加えた三催という言葉も現れた。地下家 フレッシュアイペディアより)

  • 初売り

    初売りから見た伝統行事年中行事

    初売りが地域の伝統行事として大々的に行われているところがあり、仙台市を初めとした旧仙台藩領内や佐世保市の初売りが有名である。初売り フレッシュアイペディアより)

  • 除目

    除目から見た年中行事年中行事

    除目(じもく/じょもく)とは、平安中期以降、京官、外官の諸官を任命すること。またその儀式自体である宮中の年中行事を指し、任官した者を列記した帳簿そのものを指す(除書ともいう)。「除」は前官を除いて新官を任ずる意味で、「目」は目録に記すことを意味する。除目 フレッシュアイペディアより)

  • 旧暦2033年問題

    旧暦2033年問題から見た年中行事年中行事

    この問題について日本国政府は公式の見解を発表していない。政府の考えでは旧暦(天保暦)は「既に使われなくなった暦法」だからである。この考え方に従えば、月相が必要な十五夜などを除くすべての年中行事を、月遅れなどの新暦の日付に移行し、旧暦をカレンダーや暦書から一切追放してしまうのも、乱暴に見えるかもしれないが一つの考え方である。旧暦2033年問題 フレッシュアイペディアより)

  • おこもり

    おこもりから見た伝統行事年中行事

    おこもりとは、青森県下北郡佐井村牛滝地区で行われる伝統行事。牛滝地区の神明宮において、毎年12月15日と1月15日に行われる。おこもり フレッシュアイペディアより)

  • 朝堂

    朝堂から見た年中行事年中行事

    政務における実務が宮内の曹司でおこなわれるようになったため、朝堂での政務そのものは儀式化の傾向が進み、年中行事の運営などが中心になっていった。また、それにともなって朝堂一郭の規模は、藤原宮を頂点に時代を下るごとに縮小化の傾向がみられた。儀式化した政務に陣定などの評定や訴訟が複合していったが、これらは総称して公事とよばれた。朝堂 フレッシュアイペディアより)

  • 民俗文化財

    民俗文化財から見た年中行事年中行事

    日本の文化財保護法においては、「無形文化財」は「高度に洗練された技術」「プロの技術」を指し、その技術をもつ特定の個人や団体が「保持者」として認定される。これに対し、「無形民俗文化財」の指定対象は風俗慣習、民俗芸能、年中行事などの一般庶民の生活、慣習、行事そのものであって、特定の個人や団体を「保持者」として認定することはない。民俗文化財 フレッシュアイペディアより)

  • 海開き

    海開きから見た年中行事年中行事

    海開き(うみびらき)とは、日本語においてその年に砂浜がレジャーの場として供され始めること、およびその日に行われる年中行事を言う。海開き フレッシュアイペディアより)

  • 歳時記

    歳時記から見た年中行事年中行事

    歳時記(さいじき)は、「歳事記」とも書き、もともと四季の事物や年中行事などをまとめた書物のことであったが、江戸時代以降の日本では主として俳諧・俳句の季語を集めて分類し、季語ごとに解説と例句を加えた書物のことを指す。現存する最古の歳時記は6世紀の中国・荊楚地方の年中行事を月ごとにまとめた『荊楚歳時記』であり、これが奈良時代に日本に伝来し「歳時記」という呼称が知られるようになった。日本独自の歳時記としては貝原益軒による『日本歳時記』(1688年)が始まりとされる。歳時記 フレッシュアイペディアより)

142件中 21 - 30件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード