142件中 31 - 40件表示
  • 伊勢音頭

    伊勢音頭から見た伝統行事年中行事

    「荷物にならない伊勢土産」とも言われ、伝えられた各地で作り替えられ普及した唄や踊りがある。主に祝い歌として歌われている事が多く、祭りなどの伝統行事、通過儀礼の席で歌われる事が多い。伊勢音頭 フレッシュアイペディアより)

  • 生活暦

    生活暦から見た年中行事年中行事

    生活暦(せいかつれき)とは、暦によって配当された月日に生活上で必要な情報を書き込んだものをいう。年鑑と呼ぶ場合もある。そこに書き込まれるものは、天体の出没や月齢、日食・月食、気候、占い、年中行事など用途により様々である。生活暦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤唯真

    伊藤唯真から見た年中行事年中行事

    『仏教年中行事 仏教民俗学大系 第6巻』 名著出版、1986年伊藤唯真 フレッシュアイペディアより)

  • 水馬

    水馬から見た年中行事年中行事

    水馬(すいば)は、ウマに乗って水を渡る、江戸時代、江戸幕府の年中行事のひとつ。水馬 フレッシュアイペディアより)

  • 冷泉家時雨亭文庫

    冷泉家時雨亭文庫から見た年中行事年中行事

    冷泉貴実子『冷泉家の年中行事』 中川邦昭写真、朝日新聞社 1987年冷泉家時雨亭文庫 フレッシュアイペディアより)

  • 大江スミ

    大江スミから見た年中行事年中行事

    1889年(明治22年)東洋英和女学校に入学、1894年卒業。東洋英和女学校での生活の影響は大きく、のちに朝礼や年中行事を東京家政学院に導入している。大江スミ フレッシュアイペディアより)

  • 満福寺 (仙台市)

    満福寺 (仙台市)から見た年中行事年中行事

    年中行事では、初詣、どんと祭、節分のほか、毎月の初トラ縁日に人が多く集まるが、8月初旬の大祭、および、「夜空のオーケストラ in 荒町」の際には境内に人が溢れる。満福寺 (仙台市) フレッシュアイペディアより)

  • 迎え火

    迎え火から見た年中行事年中行事

    迎え火(むかえび)とは、客人や神霊をむかえるためにたく火のことである。神迎えや婚礼、葬式にも使われるが、一般的にはお盆の時の先祖の霊を迎え入れるためにたく野火のことを指す。1日から7日にやる地方もあるが、一般的には7月13日または8月13日の夕刻に行う。地域によっては御招霊など大掛かりなものもある。以前からあったが、年中行事として定着したのは江戸時代と言われている。迎え火 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥追い

    鳥追いから見た年中行事年中行事

    鳥追い(とりおい)とは、小正月(1月14日 - 15日)に行われる年中行事のひとつ。鳥追い フレッシュアイペディアより)

  • 松岡映丘

    松岡映丘から見た年中行事年中行事

    幼少時に、長兄鼎に引き取られ、利根川べりの下総中部の布川町(現在の茨城県北相馬郡利根町)に移った。その時分より歴史画、特に武者絵を好み、日本画家を目指した。明治28年(1895年)最初は狩野派の橋本雅邦に学んだが、鎧を描くのが大好きだった映丘には合わず半年ほどで通わなくなり、明治30年(1897年)兄の友人田山花袋の紹介で、今度は住吉派(土佐派の分派)の山名貫義に入門する。そこで本格的に大和絵の歴史や技法、有職故実(朝廷・公家・武家の儀典礼式や年中行事など)を研究するようになる。松岡映丘 フレッシュアイペディアより)

142件中 31 - 40件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード