191件中 31 - 40件表示
  • まんじゅうまき

    まんじゅうまきから見た伝統行事年中行事

    そのため、饅頭代にいくらかけたかで家の格が決まるとされることもある。なお、饅頭代は新郎の兄弟や叔父などからの御祝儀という形をとることが一般的である。新婦がまんじゅうを客1人ずつに渡す「手渡し」を行う家もある。しかし近年では時代の流れか、この伝統行事を行う家は少なくなっている。まんじゅうまき フレッシュアイペディアより)

  • コガネグモ

    コガネグモから見た伝統行事年中行事

    現在、このコガネグモを使用したクモ合戦を地域の伝統行事として盛んにおこない、町おこしに利用しているところもある。鹿児島県姶良市では、この「クモ合戦」を毎年の6月第3日曜日におこなっている。大人も子供も参加し、参加するものはあらかじめコガネグモを採集し、大会まで大事に育てる。強いクモを飼育するには色々な秘伝があり、名人と呼ばれる人もいる。紅白の布を巻いた横枝のついた棒を立て、この横枝にコガネグモ2匹を止まらせ、互いに喧嘩するようにけしかける。行司役は「タッタッタ」というかけ声をかける。この行事は、伝承に由れば、文禄・慶長の役において、薩摩藩の島津義弘が出陣した際、兵士達を励ますために始めたものとされている。高知県四万十市にも同様の行事がある。コガネグモ フレッシュアイペディアより)

  • 鏡開き

    鏡開きから見た年中行事年中行事

    鏡開き(かがみびらき)・鏡割り(かがみわり)とは、正月に神(年神)や仏に供えた鏡餅を下げて食べる、日本の年中行事であり、神仏に感謝し、またその供えられたものを頂いて無病息災などを祈って、汁粉・雑煮などで食される。鏡開き フレッシュアイペディアより)

  • 賑給

    賑給から見た年中行事年中行事

    律令制の形骸化が進んだ10世紀に入ると、賑給そのものが年中行事化され、毎年5月の京中賑給のみが実施されるようになり、内容も再び「天皇の恩徳」を強調して徳治主義や家族国家を前面に押し出した旧来の発想に回帰することになる(もっとも、従来の災害・困窮対策として行われる賑給も稀に実施されている)。また、旧来の儒教による徳治的観念に加えて仏教の施行の観念も付け加えられ、院や公卿による施行を目的とした私的かつ特定の地域・人々を対象にした賑給も行われるようになる。『江家次第』(第7「賑給使事」)によれば、平安京の左京・右京をそれぞれ5つの地区に分けられ、一条(および北辺)と七・八・九条は衛門府、二条と三・四条は兵衛府、五・六条は馬寮が管轄(左京は左の官司、右京は右の官司が担当)し、四等官のうち次官(すけ)から主典(さかん)までのうちより各3名(左衛門府・右衛門府・左兵衛府・右兵衛府からはそれぞれ3名×2=各6名、左馬寮・右馬寮からは各3名、合わせて30名)が賑給使として派遣された。更に賑給時のトラブルを防止するために検非違使が合わせて派遣される場合があった(『西宮記』巻3など、東西の市がある七条が検非違使との兼帯が多い衛門府の管轄となっている背景の1つとみられている)。また、年中行事らしい現象として、支給される人数と米銭の総額があらかじめ決められていたことがあげられている。こうした年中行事としての賑給も、供給すべき現物の不足などによって時代とともに形骸化していき、鎌倉時代には廃絶状態となった。賑給 フレッシュアイペディアより)

  • 美の京都遺産

    美の京都遺産から見た伝統行事年中行事

    毎週京都の神社仏閣・庭園・伝統工芸・近代建築などを音楽に乗せて紹介する。伝統行事や京都にゆかりの芸術家も特集。美の京都遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 御燈

    御燈から見た年中行事年中行事

    御燈(灯)(ごとう)は平安時代以降、宮中で行われていた年中行事である。北辰信仰に基づき、3月と9月に天皇が北辰(北極星。時には北斗七星とも混同される)に灯火を捧げる儀式であり、その灯火をも「御燈(灯)」と呼んだ。また北辰を祀ることから一に北辰祭ともいう。御燈 フレッシュアイペディアより)

  • 812年

    812年から見た年中行事年中行事

    3月28日(弘仁3年2月12日) - 桜の花見の宴が日本で初めて公式行事として催される。812年 フレッシュアイペディアより)

  • 公事

    公事から見た年中行事年中行事

    平安時代中葉以後、朝廷政治の儀式化が進み、節会や除目などの四季折々に行われる年中行事の運営が朝廷における政務の主たる部分を占めるようになっていき、それに、陣定などの評定や訴訟が組み合わせられていった。こうした一連の年中行事を主体とした朝廷の政務および関連儀式そのものを「公事」と称した。公事は、天皇または治天の君を主催者として上卿と呼ばれる奉行(運営責任者)を務める公卿を中心とした公卿とこれを事務面で補佐する弁官・外記・史などの官人が『延喜式』などの法令や『貞観儀式』や『西宮記』・『北山抄』に対する公私各種の儀式書に基づいて行われてきたが、官司請負制の確立によって公家の家柄の固定化や官職の世襲化が進行した。そのなかで、公家たちの間で公事に関する知識を日記などに記し、あるいは、それをまとめて書物の形式で子孫に継承しようとする家があらわれた(日記の家)。こうした知識の累積が、やがて学問として体系化されて有職故実へと発展していくことになる。公事 フレッシュアイペディアより)

  • 内田宏 (写真家)

    内田宏 (写真家)から見た年中行事年中行事

    山梨県職員として農業改良普及事業に携わる。1950年(昭和25年)頃に農業普及の記録・広報のために写真をはじめ、本業のかたわら農村写真を撮る。写真は昭和30年代(1955年 - 1966年)から平成期にわたる農家の日常、養蚕などの生業、年中行事、祭礼、農業改善活動、災害復旧などで、ネガは3000本以上に及ぶ。撮影年月・場所が記録されているため、歴史・民俗史料としても注目されている。内田宏 (写真家) フレッシュアイペディアより)

  • 化物年中行状記

    化物年中行状記から見た年中行事年中行事

    人間世界の年中行事と似ているが価値観の違いによって内容が変わっていたりする妖怪(ばけもの)世界の様子という設定で、行事ごとに場面を区切って描写している。内容の錯誤や変転が主な笑いの要素である。化物年中行状記 フレッシュアイペディアより)

191件中 31 - 40件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード