142件中 41 - 50件表示
  • 蓮の葉

    蓮の葉から見た年中行事年中行事

    蓮の葉商い(蓮の葉商ひ、蓮葉商い)とは、古くから日本各地の朝市や縁日などで、その時々に自生する銀杏、アケビ、椎(しい)などの木の実や五節句、二十四節気の年中行事に必要な季節物をその期日の前に商いしていた者をさし、(近年、近代から八百屋や花屋や街商も季節物を売っていた)その中で盂蘭盆(うらぼん)に使う蓮の実や蓮の葉が特に珍重された事や、商品の多くを蓮の葉や蕗(ふき)の葉の皿の上に置いて売っていたという事などから、季節物を扱う商人を「蓮の葉商い」(はすのはあきない)と呼ぶようになった。しかし季節物という短期使用のいわゆる、消え物であることから多少品質が悪くとも問題にならない、しない物という捉えかたがされ、きわもの売りやまがい物を売る者という意味を持つようになり、蓮の葉の言葉の意味が際物(きわもの)やまがい物を指すようになった。蓮の葉 フレッシュアイペディアより)

  • 十日夜

    十日夜から見た年中行事年中行事

    十日夜(とおかんや、とおかや)とは、旧暦10月10日の夜に行われる年中行事である。十日夜 フレッシュアイペディアより)

  • ハワイにおける日本人移民

    ハワイにおける日本人移民から見た年中行事年中行事

    こうした宗教は年中行事や冠婚葬祭だけでなく日本語学校、寺子屋、合唱隊、ボーイスカウト、講演会、バザーなど様々な催しの場を提供し、日系社会のコミュニケーションの基礎固めという役割を果たすようになった。ハワイにおける日本人移民 フレッシュアイペディアより)

  • 白馬節会

    白馬節会から見た年中行事年中行事

    白馬節会(あおうまのせちえ)は、古来の年中行事のひとつ。白馬節会 フレッシュアイペディアより)

  • コガネグモ

    コガネグモから見た伝統行事年中行事

    しかし、コガネグモを戦わせる遊びを、地域の伝統行事として現在も盛んにおこない、町おこしに利用しているところもある。鹿児島県姶良市では、この「クモ合戦」を毎年の6月第3日曜日におこなっている。大人も子供も参加し、参加するものはあらかじめコガネグモを採集し、大会まで大事に育てる。強いクモを飼育するには色々な秘伝があり、名人と呼ばれる人もいる。紅白の布を巻いた横枝のついた棒を立て、この横枝にコガネグモ2匹を止まらせ、互いに喧嘩するようにけしかける。行司役は「タッタッタ」というかけ声をかける。この行事は、伝承に由れば、文禄・慶長の役において、薩摩藩の島津義弘が出陣した際、兵士達を励ますために始めたものとされている。高知県四万十市にも同様の行事がある。コガネグモ フレッシュアイペディアより)

  • 沙汰始

    沙汰始から見た年中行事年中行事

    室町幕府においては政務の儀礼化が進み、年中行事である恒例、補任・異動などに伴う臨時の沙汰始が実施された。沙汰始 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台初売り

    仙台初売りから見た伝統行事年中行事

    仙台初売り(せんだいはつうり)は、年初に行われる旧仙台藩領内の伝統行事である。江戸時代からの商習慣として国から認められ、特例として他地域より豪華な景品を付けることが可能になっている。特例が適用される期間は3日以内で、正月または旧正月に行うことが出来るが、現在は一般に新暦の正月に実施されている。仙台初売り フレッシュアイペディアより)

  • 公事

    公事から見た年中行事年中行事

    平安時代中葉以後、朝廷政治の儀式化が進み、節会や除目などの四季折々に行われる年中行事の運営が朝廷における政務の主たる部分を占めるようになっていき、それに、陣定などの評定や訴訟が組み合わせられていった。こうした一連の年中行事を主体とした朝廷の政務および関連儀式そのものを「公事」と称した。公事は、天皇または治天の君を主催者として上卿と呼ばれる奉行(運営責任者)を務める公卿を中心とした公卿とこれを事務面で補佐する弁官・外記・史などの官人が『延喜式』などの法令や『貞観儀式』や『西宮記』・『北山抄』に対する公私各種の儀式書に基づいて行われてきたが、官司請負制の確立によって公家の家柄の固定化や官職の世襲化が進行した。そのなかで、公家たちの間で公事に関する知識を日記などに記し、あるいは、それをまとめて書物の形式で子孫に継承しようとする家があらわれた(日記の家)。こうした知識の累積が、やがて学問として体系化されて有職故実へと発展していくことになる。公事 フレッシュアイペディアより)

  • 東北三大祭り

    東北三大祭りから見た年中行事年中行事

    「東北三大(夏)祭り」に挙げられるこれらの祭りは、その祭りのフォーマットやノウハウが発祥地から日本各地へと広まったという点でも共通する。仙台七夕は旧来の庶民の年中行事の1つである「七夕」を商店街イベントの「七夕祭り」へと昇華したことで、高度経済成長期に興隆した日本各地の中心部商店街や海外(ブラジルやアメリカ合衆国)に広まった(参照)。ねぶたも、夏祭りの出し物の1つとして青森県外へと広まっている(参照)。秋田竿燈も鳥取県米子市に伝播して「がいな祭り」となっている。東北三大祭り フレッシュアイペディアより)

  • 753

    753から見た年中行事年中行事

    七五三は、子供の成長を祝う年中行事。通常アラビア数字で表記しない。753 フレッシュアイペディアより)

142件中 41 - 50件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード