191件中 51 - 60件表示
  • ハレとケ

    ハレとケから見た年中行事年中行事

    民俗学や文化人類学において「ハレとケ」という場合、ハレ(晴れ、霽れ)は儀礼や祭、年中行事などの「非日常」、ケ(褻)は普段の生活である「日常」を表している。ハレとケ フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤唯真

    伊藤唯真から見た年中行事年中行事

    『仏教年中行事 仏教民俗学大系 第6巻』 名著出版、1986年伊藤唯真 フレッシュアイペディアより)

  • 大江スミ

    大江スミから見た年中行事年中行事

    1889年(明治22年)東洋英和女学校に入学、1894年卒業。東洋英和女学校での生活の影響は大きく、のちに朝礼や年中行事を東京家政学院に導入している。大江スミ フレッシュアイペディアより)

  • 孫太郎

    孫太郎から見た年中行事年中行事

    また文化、習俗についての記述も数多く、当時の華僑の年中行事や冠婚葬祭の習慣についても記述がある。例えば、孫太郎がタイコン官の家に来た時は丁度盂蘭盆の時期であったため、盂蘭盆について、孫太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤豊 どんどこサタデー

    安藤豊 どんどこサタデーから見た年中行事年中行事

    そんなことも知らんとや? - 冠婚葬祭・年中行事や生活のしきたり・知恵を扱ったクイズを出題するコーナー。安藤豊 どんどこサタデー フレッシュアイペディアより)

  • 金光明経

    金光明経から見た年中行事年中行事

    『金光明最勝王経』を講ずる法会で、奈良薬師寺の最勝会、奈良興福寺の維摩会、宮中の御斎会(または興福寺の法華会)は南京三会(なんきょうさんえ)と称される。宮中における御斎会(ごさいえ)は、1月8日から7日間行われる最勝会で、衆僧を召してお斎(おとき=供養のための食事)を行ったことから御斎会と称される。古くは大極殿で行われていたが、後に清涼殿で行われるようになった。奈良時代以降行われ宮中における年中行事となったが、その後衰え室町時代には廃絶している。また、奈良薬師寺の最勝会は3月7日から1週間(7日間)国家の平安の祈って行われ、830年(天長7年)にはじめられた。山城国の円宗寺で行われた最勝会は北宗三会(円宗寺法華会・法勝寺大乗会)のひとつとされ、毎年5月19日から5日間行われ、1072年(延久4年)にはじめられた。金光明経 フレッシュアイペディアより)

  • うつほ物語

    うつほ物語から見た年中行事年中行事

    写実的な描写などは『源氏物語』の成立へ影響を与えたと言われている。当時の貴族にとって、その演奏が教養でもあった楽器のひとつ「琴(きん)」の音楽をめぐって物語が展開していく。当時の年中行事を記した日記的な記述が多くみられる点も特徴のひとつである。うつほ物語 フレッシュアイペディアより)

  • 塚本さと

    塚本さとから見た年中行事年中行事

    塚本さとは、天保14年(1843年)に近江神崎郡川並村(現滋賀県東近江市五個荘川並町)の豪商初代塚本定右衛門の五女として誕生した。数え21歳の時に店の奉公人であった源三を婿に迎え塚本源三郎家を立て、近江商人の妻として5男3女を儲けた。さとは、「読み、書き、算盤」を寺子屋で学び、女子としての嗜みとして家庭で「裁縫、生け花、茶道」を学んだが、明治に入り新しい世の中の商家の妻として女子教育の大切さを痛感するようになっていた。『女子として時勢に順応すると共に、古来の美風と祖先の偉業を継承せしめるには、義務教育に加え、商業上の常識を養い、日常の業務に習熟させることが必要』との考えを持つようになった。明治23年(1890年)息子の妻のために、年中行事・総菜の作り方・家事の心得、家具・衣類の手入方法を記した『姑の餞別』という家政手引き書をまとめ、商家の嫁の手本書を書いた。塚本さと フレッシュアイペディアより)

  • 無生野の大念仏

    無生野の大念仏から見た伝統行事年中行事

    無生野の大念仏(むしょうののだいねんぶつ)は、山梨県上野原市秋山の無生野地区に伝わる、踊り念仏を主体とした伝統行事、伝統芸能である。無生野の大念仏 フレッシュアイペディアより)

  • 妖怪一年草

    妖怪一年草から見た年中行事年中行事

    人間世界の年中行事と似ているが価値観の違いによって内容が変わっていたりする妖怪(ばけもの)世界の様子という設定で、行事ごとに場面を区切って描写している。内容の錯誤や変転が主な笑いの要素である。妖怪一年草 フレッシュアイペディアより)

191件中 51 - 60件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード