142件中 61 - 70件表示
  • 虫送り

    虫送りから見た年中行事年中行事

    虫送り(むしおくり)とは日本の伝統行事のひとつ。農作物の害虫を駆逐し、その年の豊作を祈願する目的で行われる。虫送り フレッシュアイペディアより)

  • 河野眞

    河野眞から見た年中行事年中行事

    南西ドイツ シュヴァーベンの民俗?年中行事と人生儀礼 ヘルベルト・シュヴェート&エルケ・シュヴェート 文楫堂 2009 河野眞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本史学史

    日本史学史から見た年中行事年中行事

    鎌倉時代以降の武家台頭に危機感を募らせていた公家層を代表して、新たな歴史認識を示したのは慈円の『愚管抄』である。慈円は末法思想と「道理」をテーマとして国初以来の歴史を説き起こすと、武家が大きな政治権力を握ったことを「道理」観念で合理的に理解しようとしており、同書をもって初めて歴史認識が明確に示されたとする見解もある。中世には仏教的な歴史意識が広まったが、それに対抗して神官の間では『日本書紀』神話の講読が盛行すると、神道の立場を中心として神話と歴史を結合させる思想が起こった。これを背景に、中世中期には、北畠親房により神道的な神国思想をテーマとする『神皇正統記』が著された。また、中世のもう一つの歴史認識は、年中行事や有職故実などの儀礼を通じて歴史を考えるというもので、そのため、故実を伝えるための日記や各種記録文書が多数作成された。その影響で、鎌倉幕府の正史である『吾妻鏡』も日記体をとっている。日本史学史 フレッシュアイペディアより)

  • 陀々堂の鬼はしり

    陀々堂の鬼はしりから見た年中行事年中行事

    鬼走りというのは、中国から伝わり宮中の年中行事となった追儺の行事を模倣した悪鬼と疫病を払う儀式で、追儺、鬼追いともいい各地に多く残されているが、陀々堂の鬼はしり行事の鬼は、追い払われる対象となる悪い鬼ではなく、阿弥陀如来に仕え災厄を除き福をもたらす善い鬼とされている。陀々堂の鬼はしり フレッシュアイペディアより)

  • オムシャ

    オムシャから見た年中行事年中行事

    オムシャとは、江戸時代にアイヌに対して実施された撫育のための措置。後に年中行事化された。オムシャ フレッシュアイペディアより)

  • 金光明経

    金光明経から見た年中行事年中行事

    金光明最勝王経を講ずる法会で、奈良薬師寺の最勝会、奈良興福寺の維摩会、宮中の御斎会(または興福寺の法華会)は南京三会(なんきょうさんえ)と称される。宮中における御斎会(ごさいえ)は、1月8日から7日間行われる最勝会で、衆僧を召してお斎(おとき=供養のための食事)を行ったことから御斎会と称される。古くは大極殿で行われていたが、後に清涼殿で行われるようになった。奈良時代以降行われ宮中における年中行事となったが、その後衰え室町時代には廃絶している。また、奈良薬師寺の最勝会は3月7日から1週間(7日間)国家の平安の祈って行われ、830年(天長7年)にはじめられた。山城国の円宗寺で行われた最勝会は北宗三会(円宗寺法華会・法勝寺大乗会)のひとつとされ、毎年5月19日から5日間行われ、1072年(延久4年)にはじめられた。金光明経 フレッシュアイペディアより)

  • 大根焚き

    大根焚きから見た年中行事年中行事

    大根焚き(だいこだき)とは、京都で11月から12月に行なわれる歳時記、年中行事のことである。寺院などにおいて大根を煮たものを参拝者に振る舞い、仏前に供える行事である。大根焚き フレッシュアイペディアより)

  • ひみつシリーズ

    ひみつシリーズから見た年中行事年中行事

    ひみつシリーズは図鑑を漫画化したようなもので、始めの方は海や自然、地球、動物、魚、人体など割とカテゴリーの大きなテーマを扱っており、専ら科学(理系分野)が対象であった。後になると、犬や猫、カブトムシなど細分化されたテーマ、また漢字や記号、年中行事、歴史など人文科学・社会科学(文系分野)を扱った作品、またNHKの番組を漫画化したものも登場した。シリーズ末期では原子力や石油などのエネルギー関連、環境問題、更にパンやインスタントラーメンといった食品関連のジャンルまで登場している。ひみつシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 民俗学

    民俗学から見た年中行事年中行事

    民俗学の調査手法としては、庶民の生活を総体的に把握するという目的を果たすため、農山漁村を中心とした集落に滞在し、聞き取り(聞き書き)調査や紙資料を含む文字資料(金石文、棟札など)の収集、建築物や民具など物質文化の記録、あるいは生業、共同労働、年中行事、人生儀礼などの場への参与観察、そして民俗誌の記述が主体となる。フィールドワークの蓄積からエスノグラフィーを描くことを重視するという意味では文化人類学の手法に近似するが、マリノフスキー以降の近代人類学が研究者個人による数ヶ月?数年の長期滞在調査を基本とするのに対し、民俗学では数日?数ヶ月スパンの中短期調査を繰り返し行うことが多く、また複数研究者による共同調査が実施されることも多い。民俗学 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台七夕

    仙台七夕から見た年中行事年中行事

    仙台七夕(せんだいたなばた)は、旧仙台藩内各地で五節句の1つ「七夕」に因んで毎年行われている年中行事および祭である。地元では「たなばたさん」とも呼ばれる。宮城県仙台市で開催されている仙台七夕まつりが特に著名。仙台七夕 フレッシュアイペディアより)

142件中 61 - 70件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード