191件中 61 - 70件表示
  • えびすだわら

    えびすだわらから見た伝統行事年中行事

    えびすだわらとは、秋田県雄勝郡に伝わる伝統行事の一つで、その年の秋の豊作を願って、旧暦送り盆の8月15日に行われる祭りである。地元では「えびしだら」「えびすだら」と呼ばれる。えびすだわら フレッシュアイペディアより)

  • 江戸落語

    江戸落語から見た年中行事年中行事

    その後、焉馬の噺の会は料理屋の2階などを会場として定期的に開かれるようになり、戯作者山東京伝や式亭三馬、浮世絵師の歌川豊国、歌舞伎役者の5代目市川團十郎といった錚々たる面々、また可楽、圓生、夢羅久、談笑など後に職業落語家となる人々も参加した。寛政4年(1792年)以降は「咄初め」と称して正月21日を定例開催日とし、会は年中行事の一部となった。また、焉馬宅で月例会も開かれるようになり、いっそう活況を呈した。焉馬の会は30年以上つづき、烏亭焉馬はこれにより江戸落語中興の祖と称される。江戸落語 フレッシュアイペディアより)

  • 旧坂東家住宅見沼くらしっく館

    旧坂東家住宅見沼くらしっく館から見た年中行事年中行事

    解体調査の際に発見された一分銀、郷土玩具などの民俗資料、軒菖蒲や正月飾りなど年中行事に関する展示や、工芸教室や落語会などの催し物が行われる。入場は無料であるが、工芸教室は材料費が必要となる場合がある。原則、月曜休館。旧坂東家住宅見沼くらしっく館 フレッシュアイペディアより)

  • 白馬節会

    白馬節会から見た年中行事年中行事

    白馬節会(あおうまのせちえ)は、古来の年中行事のひとつ。白馬節会 フレッシュアイペディアより)

  • 節句

    節句から見た年中行事年中行事

    節句(せっく)は、中国の陰陽五行説に由来して定着した日本の暦(「暦」も参照)における、伝統的な年中行事を行う季節の節目(ふしめ)となる日。日本の文化・風習。節供(せっく)、古くは節日(せちにち)とも。節句 フレッシュアイペディアより)

  • 文化財

    文化財から見た年中行事年中行事

    民俗文化財は、衣食住、生業、信仰、年中行事等に関する風俗慣習、民俗芸能、民俗技術及びこれらに用いられる衣服、器具、家屋その他の物件であると定義されている。文化財 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢貞運

    伊勢貞運から見た年中行事年中行事

    貞運は北条氏の一門衆で有職故実や年中行事に精通していた。北条幻庵が吉良氏朝に嫁ぐ娘に持たせた『幻庵おほへ書』には、武家の仕来として伊勢備中守の教えが記されている。伊勢貞運 フレッシュアイペディアより)

  • 民俗文化財

    民俗文化財から見た年中行事年中行事

    日本の文化財保護法においては、「無形文化財」は「高度に洗練された技術」「プロの技術」を指し、その技術をもつ特定の個人や団体が「保持者」として認定される。これに対し、「無形民俗文化財」の指定対象は風俗慣習、民俗芸能、年中行事などの一般庶民の生活、慣習、行事そのものであって、特定の個人や団体を「保持者」として認定することはない。民俗文化財 フレッシュアイペディアより)

  • 聖衆来迎練供養会式

    聖衆来迎練供養会式から見た年中行事年中行事

    聖衆来迎練供養会式(しょうじゅう らいごう ねりくようえしき)は、奈良県葛城市の當麻寺で、毎年5月14日に挙行される法会である。奈良の年中行事として、単に「練供養会式」や「練供養」と呼ばれることが多いが、正式には、「聖衆来迎練供養会式」という名称の仏教行事、法会である。聖衆来迎練供養会式 フレッシュアイペディアより)

  • 古都 (小説)

    古都 (小説)から見た年中行事年中行事

    『古都』(こと)は、川端康成の長編小説。古都・京都を舞台に、生き別れになった双子の姉妹の数奇な運命を描いた川端の代表作の一つ。京都各地の名所や史蹟、年中行事が盛り込まれた人気作品であるが、国内より海外での評価の方が高くノーベル文学賞の授賞対象作にもなった。老舗呉服商の一人娘として育った捨て子の娘が、北山杉の村で見かけた自分の分身のような村娘と祇園祭の夜に偶然出逢う物語。互いに心を通わせながらも同じ屋根の下で暮らせない双子の娘の健気な姿が、四季折々の美しい風景や京都の伝統を背景に、切なく可憐に描かれている。古都 (小説) フレッシュアイペディアより)

191件中 61 - 70件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード