191件中 71 - 80件表示
  • 納涼床

    納涼床から見た年中行事年中行事

    江戸時代前期の文献(『案内者』〈寛文2年、1662年〉、『日次紀事』〈貞享2年、1685年〉)によれば、鴨川での床が年中行事化したのは17世紀の初頭とみられ、18世紀末頃までは祇園会の前祭から後祭までの期間に限定して設営していたようである。当初は茶屋が鴨川の中州や浅瀬に床几程度のものを臨時に設置していたが、その後、茶屋本体に付随したある種の固定化された床が出現する。文政2年(1819年)刊行の『扁額軌範』の記述からみて、固定化された床は少なくとも19世紀の初頭には確実にあったとみられ、17世紀後半の作品ともいわれる「四条河原風俗図巻」に見られる床が夕涼みを描写したものであれば、その歴史はさらに1世紀以上遡ることができる。納涼床 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良まほろばソムリエ検定

    奈良まほろばソムリエ検定から見た年中行事年中行事

    県内全域の神社仏閣や史跡、歴史、年中行事、伝統工芸、自然景勝地、のほか、万葉集にまつわる土地などに関する知識を問う。90分のマークシート形式の選択問題に加え、1級以上は体験学習の実施も検討している。奈良まほろばソムリエ検定 フレッシュアイペディアより)

  • しろんご祭り

    しろんご祭りから見た伝統行事年中行事

    しろんご祭り(しろんごまつり)は、三重県鳥羽市の菅島で受け継がれている海女の伝統行事。毎年7月11日直近の土曜日にアワビのつがいを神前に奉納して海上の安全と大漁を祈願する。しろんご祭り フレッシュアイペディアより)

  • 民俗資料

    民俗資料から見た年中行事年中行事

    風習をあらわすもの(家族制度、社会制度、通過儀礼、社会集団、生業・産業、年中行事、まつり、遊技・競技・娯楽、場の限定された語彙や言葉遣い(方言・俗語・隠語)、禁忌、農事暦)民俗資料 フレッシュアイペディアより)

  • 迎え火

    迎え火から見た年中行事年中行事

    迎え火(むかえび)とは、客人や神霊をむかえるためにたく火のことである。神迎えや婚礼、葬式にも使われるが、一般的にはお盆の時の先祖の霊を迎え入れるためにたく野火のことを指す。1日から7日にやる地方もあるが、一般的には7月13日または8月13日の夕刻に行う。地域によっては御招霊など大掛かりなものもある。以前からあったが、年中行事として定着したのは江戸時代と言われている。迎え火 フレッシュアイペディアより)

  • 座敷

    座敷から見た年中行事年中行事

    近現代の一般住宅で、一番よい和室に対して当てられる語。日当たりや風通しが良く、床の間が設けられていることもある。冠婚葬祭などの儀礼や改まった年中行事の場として用いられるほか、客を接待したり、宿泊させることも多い。座敷 フレッシュアイペディアより)

  • 駒場野鶉狩

    駒場野鶉狩から見た年中行事年中行事

    駒場野鶉狩(こまばのうずらがり)は、江戸時代、将軍によって秋に行なわれた鷹狩である。年中行事の一つ。「小鷹狩」とも称した。駒場野鶉狩 フレッシュアイペディアより)

  • 地下家

    地下家から見た年中行事年中行事

    地下家も堂上家と同様、世職世業であった。江戸時代には地下の世職は局務(大外記上首:押小路家が世襲)・官務(左大史上首:壬生家が世襲)・蔵人所出納(平田家が世襲)が、それぞれ外記方・官方・蔵人方の世襲の諸役人を管掌し、朝廷の各種行事の運営を司った(催官人)。特に、局務と官務を並べて両局と称され、幕末には出納を加えた三催という言葉も現れた。地下家 フレッシュアイペディアより)

  • オコナイ

    オコナイから見た伝統行事年中行事

    オコナイとは、西日本の各地で1月から3月に行われる五穀豊穣を祈る伝統行事である。オコナイ フレッシュアイペディアより)

  • 河野眞

    河野眞から見た年中行事年中行事

    南西ドイツ シュヴァーベンの民俗?年中行事と人生儀礼 (原書 1986)ヘルベルト・シュヴェート&エルケ・シュヴェート 文楫堂 2009 河野眞 フレッシュアイペディアより)

191件中 71 - 80件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード