142件中 71 - 80件表示
  • リベルダージ

    リベルダージから見た年中行事年中行事

    またサンパウロ地下鉄のリベルダージ駅前の広場では一年の節々に、サンパウロ仙台七夕祭りや茅の輪くぐり、甘茶の振る舞いなど日本の年中行事が再現され、また秋田犬の品評会など日本に関わる行事が開催される。リベルダージ フレッシュアイペディアより)

  • 朱印 (神社仏閣)

    朱印 (神社仏閣)から見た年中行事年中行事

    寺院によってはご詠歌を、神社によっては摂末社や兼務神社の朱印をもらえることもある。また、年中行事や秘仏の御開帳、特別公開期間などに合わせて特別な朱印にすることもある。朱印 (神社仏閣) フレッシュアイペディアより)

  • 藤村紫朗

    藤村紫朗から見た伝統行事年中行事

    殖産興業と平行して文明開化のための施策も行い、荒廃していた甲府市街の整備に着手し、「藤村式建築」と呼ばれる擬洋風建築を推進。1872年(明治5年)に政府が学制を公布されると、区戸長に学区取締を兼任させて就学を推進し、「陋習」打破と称して道祖神風習など伝統行事や祭事などへの抑圧を行っている。藤村紫朗 フレッシュアイペディアより)

  • 講書始

    講書始から見た年中行事年中行事

    講書始(こうしょはじめ)とは宮中行事の一環で、毎年1月に天皇の学問始(読書始)として学者による進講を行う。講書始 フレッシュアイペディアより)

  • 掃除

    掃除から見た年中行事年中行事

    煤払い(すすはらい)とは古くから続く日本の年中行事のことを指し、いわゆる大掃除のことである。現在でも、寺社仏閣においては煤払いと称して歳末の恒例行事となっている。掃除 フレッシュアイペディアより)

  • どんと祭

    どんと祭から見た年中行事年中行事

    仙台市都心部北側の北山丘陵西部にある大崎八幡宮で行われる年中行事で、300年の歴史があるとされ、2005年(平成17年)に仙台市の無形民俗文化財に指定された。市内各地から当社を目指して歩く、裸参りが特に有名である。どんと祭 フレッシュアイペディアより)

  • 満済准后日記

    満済准后日記から見た年中行事年中行事

    満済は将軍足利義持・義教の護持僧として近侍したので、初期には禳災祈祷の記事が多いが、やがて「黒衣の宰相」と称されるごとく幕政の枢密にも携わるようになると、幕府内外の政治・外交の機微に関わる記述が豊富となる。また、満済は将軍と管領以下の諸大名との意思疎通の役割を果たしていたため、守護大名の複雑な動向を窺う上で格好の史料である。当時の記録として貞成親王の『看聞日記』と双璧を成すが、彼が好奇心から噂話までも書き留めたのに対し、満済は情報を客観的に捉えようとし、直接関与・見聞したことにのみ記述を限定しようとする自制的な態度すら認められる。したがって、史料としての信憑性は極めて高いと言えよう。当代きっての学僧・文化人であるゆえに、将軍・朝廷から民衆に至るまでその見識は広く、室町前期の年中行事や世相・文化・思想を知る上でも欠かせない根本史料である。満済准后日記 フレッシュアイペディアより)

  • 賑給

    賑給から見た年中行事年中行事

    律令制の形骸化が進んだ10世紀に入ると、賑給そのものが年中行事化され、毎年5月の京中賑給のみが実施されるようになり、内容も再び「天皇の恩徳」を強調して徳治主義や家族国家を前面に押し出した旧来の発想に回帰することになる(もっとも、従来の災害・困窮対策として行われる賑給も稀に実施されている)。『江家次第』(第7「賑給使事」)によれば、平安京の左京・右京をそれぞれ5つの地区に分けられ、一条(および北辺)と七・八・九条は衛門府、二条と三・四条は兵衛府、五・六条は馬寮が管轄(左京は左の官司、右京は右の官司が担当)し、四等官のうち次官(すけ)から主典(さかん)までのうちより各3名(左衛門府・右衛門府・左兵衛府・右兵衛府からはそれぞれ3名×2=各6名、左馬寮・右馬寮からは各3名、合わせて30名)が賑給使として派遣された。更に賑給時のトラブルを防止するために検非違使が合わせて派遣される場合があった(『西宮記』巻3など、東西の市がある七条が検非違使との兼帯が多い衛門府の管轄となっている背景の1つとみられている)。また、年中行事らしい現象として、支給される人数と米銭の総額があらかじめ決められていたことがあげられている。こうした年中行事としての賑給も、時代とともに形骸化していき、鎌倉時代には廃絶状態となった。賑給 フレッシュアイペディアより)

  • 水祝儀

    水祝儀から見た伝統行事年中行事

    水祝儀(みずしゅうぎ)は、日本の伝統行事の一つ。同じ「水祝儀」の呼び名でも、形態はさまざまである。今日では多くの地区で廃絶したが、一部の地区で残されている。水祝儀 フレッシュアイペディアより)

  • 酉の市

    酉の市から見た年中行事年中行事

    酉の市(とりのいち)・酉の祭(とりのまち)・大酉祭(おおとりまつり)・お酉様(おとりさま)は、例年11月の酉の日に行われる「祭礼」。関東地方だけではなく大阪府堺市の大鳥大社・名古屋市大須の稲園山七寺(長福寺)など日本各地の鷲神社(おおとりじんじゃ)で行われている年中行事である。多くの露店が出店し賑やかなお祭りとなっている年末の風物詩。えびす講(えびす祭・えべっさん)は、由来が異なり酉の市とは全く関係が無い。酉の市 フレッシュアイペディアより)

142件中 71 - 80件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード