142件中 81 - 90件表示
  • 西本昌弘

    西本昌弘から見た年中行事年中行事

    『日本古代の年中行事書と新史料』吉川弘文館 2012西本昌弘 フレッシュアイペディアより)

  • 旅行業務取扱管理者

    旅行業務取扱管理者から見た年中行事年中行事

    両試験を通じ、国内旅行実務の観光地理の分野はこの試験で最も難易度が高いといわれ、多くの受験生が苦しめられる。観光地、各地の年中行事など範囲が広く、配点で大きな割合を占めるからである。一方で全国の観光地理にある程度詳しいと有利に働く分野でもある。旅行業務取扱管理者 フレッシュアイペディアより)

  • 大祓

    大祓から見た年中行事年中行事

    701年の大宝律令によって正式な宮中の年中行事に定められた。この日には、朱雀門前の広場に親王、大臣(おおおみ)ほか京(みやこ)にいる官僚が集って大祓詞を読み上げ、国民の罪や穢れを祓った。衣服を毎日洗濯する習慣や水などのない時代、半年に一度、雑菌の繁殖し易い夏を前に新しい物に替える事で疫病を予防する意味があった。その後、百年ほどは盛大に行われた。そして応仁の乱の頃から行われなくなったが、江戸時代(1691年)に再開され、次第に広まった。大祓 フレッシュアイペディアより)

  • 御田植祭

    御田植祭から見た年中行事年中行事

    苦しい田植えの作業を楽しくする方法として田植歌を歌いながら田植えをするという風習が、田の神を祀って豊穣を願う農耕儀礼と結びついて祭礼となったのが起源とされるが、歴史的には権門による勧農があり、その模倣や展開の結果として多くの地域で行われるようになったともいわれる。このため、地域を代表する古くからの寺社の年中行事として伝えられる場合が多く、いずれも農作業の行程を模擬的に演ずることが中心だが、地域ごとに種々の芸能の要素が伝えられ、特徴ある行事が伝承されている。御田植祭 フレッシュアイペディアより)

  • ハレとケ

    ハレとケから見た年中行事年中行事

    民俗学や文化人類学において「ハレとケ」という場合、ハレ(晴れ、霽れ)は儀礼や祭、年中行事などの「非日常」、ケ(褻)はふだんの生活である「日常」を表している。ハレとケ フレッシュアイペディアより)

  • 南相馬市

    南相馬市から見た年中行事年中行事

    承応元年(1652年)- 延宝元年(1673年):相馬忠胤治世下のこの頃、忠胤によって年中行事「相馬野馬追」に講武的色彩が加えられ、現在まで続く形式が確立される。南相馬市 フレッシュアイペディアより)

  • 柳営秘鑑

    柳営秘鑑から見た年中行事年中行事

    『柳営秘鑑』(りゅうえいひかん)は、江戸幕府の年中行事、諸士勤務の執務内規、格式、故事、旧例などを記した書物。幕臣の菊池弥門著。寛保3年(1743年)に成立した。10巻。柳営秘鑑 フレッシュアイペディアより)

  • かまくら

    かまくらから見た年中行事年中行事

    かまくらとは秋田県、新潟県など日本の降雪地域に伝わる小正月の伝統行事かまくら フレッシュアイペディアより)

  • 車内放送

    車内放送から見た年中行事年中行事

    その他、観光地を走行する路線では沿線の観光案内・年中行事の挨拶など(「あけましておめでとうございます」など)が放送される場合もある。車内放送 フレッシュアイペディアより)

  • 瀧井孝作

    瀧井孝作から見た年中行事年中行事

    1925年(大正14年)31歳、志賀を追って、奈良へ移った。京都、奈良では、寺社・博物館・古式の年中行事などから、古典文学を学んだ。1927年、芥川の葬儀に上京した。『無限抱擁』を出版した。瀧井孝作 フレッシュアイペディアより)

142件中 81 - 90件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード