226件中 91 - 100件表示
  • ふりこん!

    ふりこん!から見たみうらじゅんみうらじゅん

    第一回2012年1月11日放送 「みうらじゅん&安齋肇の新・勝手に観光協会 滋賀県編」ふりこん! フレッシュアイペディアより)

  • 午後のロードショー

    午後のロードショーから見たみうらじゅんみうらじゅん

    2003年8月に亡くなったチャールズ・ブロンソンの追悼企画として放送し、ブロンソンズ(田口トモロヲ、みうらじゅん)がコマーシャルに登場した。現在は毎年恒例の企画として組まれている。2004年には「レッド・サン」の吹き替えを新たに制作し、ブロンソンを大塚周夫が、三船敏郎を大塚明夫が担当し、声優親子共演をしている。また、この吹き替え版がDVDに完全版で収録されている。午後のロードショー フレッシュアイペディアより)

  • 優子がゼッタイ!

    優子がゼッタイ!から見たみうらじゅんみうらじゅん

    2005年12月まで主軸にしていた企画は「流行発信」で、「流行発信研究所の所長」である小倉が「秘書」の宇恵さやかと「本部長」の柳沢慎吾とともに、世間で流行しそうな面白い遊びを研究するという体で進行していた。具体的には、視聴者に仲間内で流行っている遊びや自分の中だけで流行っているマイブームの物、世間に広めたいと思っている物について投稿募集を掛け、それらを「営業」担当のお笑いコンビと「ゼッタイガール」と呼ばれるアイドルの卵たちがスタジオで小倉にプレゼンテーションするというものだった。小倉は、その遊びが実際に世間で流行しそうかどうかを判定する役割を担っていた。またこれとは別に、ゼッタイガールたちが毎回パチンコで勝負するコーナーも設けていた。このコーナーで最初に当たりを出した者には、視聴者プレゼントの告知を担当できる(すなわち、その間テレビカメラの映像を独占できる)という特典が用意されていた。番組のラストでは、レギュラー陣全員で小倉の猫の手招きポーズ「ばいにゃ〜ん」を真似して締めるのが恒例になっていた。優子がゼッタイ! フレッシュアイペディアより)

  • 小川 範子

    小川範子から見たみうらじゅんみうらじゅん

    キュート特捜隊(1992年-1993年、WOWOW)みうらじゅんと共に司会をつとめる。小川範子 フレッシュアイペディアより)

  • 怪 (ムック)

    怪 (ムック)から見たみうらじゅんみうらじゅん

    みうらじゅんのテングーを捜せ!(みうらじゅん怪 (ムック) フレッシュアイペディアより)

  • 水谷加奈

    水谷加奈から見たみうらじゅんみうらじゅん

    まだメジャーでなかった頃のみうらじゅんに対し、その長髪姿を怖がったため、本番中まったく会話に入らなかった(現在は平気である)。水谷加奈 フレッシュアイペディアより)

  • 食と旅のフーディーズTV

    食と旅のフーディーズTVから見たみうらじゅんみうらじゅん

    みうらじゅんのマイブームクッキング食と旅のフーディーズTV フレッシュアイペディアより)

  • ジャンプ・バック〜ザ・ベスト・オブ・ザ・ローリング・ストーンズ

    ジャンプ・バック〜ザ・ベスト・オブ・ザ・ローリング・ストーンズから見たみうらじゅんみうらじゅん

    発売当初の日本盤ライナーノーツには、ストーンズファンを自認する18人のミュージシャン(仲井戸麗市、鮎川誠、世良公則、甲本ヒロトら)、タレント(松金よね子、竹内都子ら)、著名人(みうらじゅんら)、評論家らが一人につき1曲、コメントを寄せていた。ジャンプ・バック〜ザ・ベスト・オブ・ザ・ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • かきこみTV

    かきこみTVから見たみうらじゅんみうらじゅん

    アート作品を書き込む掲示板。管理人はみうらじゅん。現在は岡田圭右の”らくがお”と自由な発想で「虫」を描く”ブレイク虫”を募集している。かきこみTV フレッシュアイペディアより)

  • ドーデカス

    ドーデカスから見たみうらじゅんみうらじゅん

    勝手に観光協会(みうらじゅん、安斎肇)(#20・2005年3月25日)ドーデカス フレッシュアイペディアより)

226件中 91 - 100件表示

「みうらじゅん」のニューストピックワード