226件中 21 - 30件表示
  • 大友良英

    大友良英から見たみうらじゅんみうらじゅん

    アイデン&ティティ 2003年 田口トモロヲ監督 みうらじゅん原作 宮藤官九郎脚本大友良英 フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院光 深夜の馬鹿力のコーナー

    伊集院光 深夜の馬鹿力のコーナーから見たみうらじゅんみうらじゅん

    「脳内商店街」で5週生き残った「三人ぐらいで流行ったブーム」が2005年5月16日(第500回)に独立したコーナー。リスナーから自分の身近な友達間でしか流行らなかった本当にあったマイブームを募集し。それをスタジオでスタッフやアルバイトと実施して検証してみたりしたが、小学生の頃考えた、意味のわからぬ流行りそうも無いものが多かった。2005年6月13日(第504回)で自然消滅。スペシャルウィークに、海などに行ってスタジオではできないものを実際にやってみるという案もあったようだが実行はされなかった。伊集院光 深夜の馬鹿力のコーナー フレッシュアイペディアより)

  • タモリ倶楽部

    タモリ倶楽部から見たみうらじゅんみうらじゅん

    みうらじゅん - 企画を問わず参加。自身のコレクション(仏像・エロスクラップ)が単独持ち込み企画になることもある。タモリ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たみうらじゅんみうらじゅん

    中学の時、「吉田拓郎になろう」と決めたという浦沢直樹やみうらじゅんは、拓郎を通してボブ・ディランを知ったと話している。なおソニーは1973年に拓郎の選曲でボブ・ディランのベスト盤『BOB DYLAN; Gift Pack Series10』を発売している。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • シベリア超特急

    シベリア超特急から見たみうらじゅんみうらじゅん

    略称の『シベ超』(シベちょう)は、みうらじゅんによるもの。シベリア超特急 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤賢司

    遠藤賢司から見たみうらじゅんみうらじゅん

    1996年、みうらじゅんプロデュースによるトリビュート盤『プログレマン』が発表される。フラワーカンパニーズ、曽我部恵一、小島麻由美、友部正人、ブロンソンズ(みうらじゅんと田口トモロヲによるユニット)、ホフディラン、ハイポジ、佐野史郎、遠藤ミチロウ、大槻ケンヂらが参加。遠藤賢司 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ブロンソン

    チャールズ・ブロンソンから見たみうらじゅんみうらじゅん

    映画界、マスコミ界に隠れたファンが存在する。1994年にはブロンソンの持つ男気に憧れた漫画家のみうらじゅんと俳優の田口トモロヲがユニット「ブロンソンズ」を結成、雑誌「STUDIO VOICE」で「ブロンソンに聞け」という連載を持ち、その後、連載をまとめた『ブロンソンならこう言うね~マニア・カルト一生相談~』を上梓した。チャールズ・ブロンソン フレッシュアイペディアより)

  • 蛭子能収

    蛭子能収から見たみうらじゅんみうらじゅん

    かなり独特な倫理観を持つためか、人間性を疑われるエピソードは枚挙にいとまがなく、根本敬やみうらじゅんから恐れられている。特に根本は、蛭子に会ってから人の顔が覚えられなくなったというほどである。腰が低いようでいて厳しい批評をし、「ビートたけしの前で「大橋巨泉さんのほうが面白い」と臆することなく発言したこともある。蛭子能収 フレッシュアイペディアより)

  • 糸井重里

    糸井重里から見たみうらじゅんみうらじゅん

    1979年、沢田研二の「TOKIO」の作詞を担当。また、スナック等でちり紙やマッチなどで行う、気の効いた「芸」をまとめた著作『スナック芸大全』を刊行。自身の名義での処女出版となると共に、この年「東京糸井重里事務所」を設立。この事務所に、当時美大生でスタッフの友人であったみうらじゅんが盛んに出入りするようになり、糸井がみうらを『ガロ』編集部に紹介。みうらの漫画家デビューの切っ掛けを作った。糸井重里 フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院 光

    伊集院光から見たみうらじゅんみうらじゅん

    尊敬、またはそれに類する人物は、立川談志、毒蝮三太夫、小沢昭一、イッセー尾形、みうらじゅん、ビートたけし、太田光、浅草キッド、いっこく堂、松本人志など。伊集院光 フレッシュアイペディアより)

226件中 21 - 30件表示

「みうらじゅん」のニューストピックワード