288件中 41 - 50件表示
  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たみうらじゅんみうらじゅん

    "フォークロックの神様"、"『風に吹かれて』のプロテストソングのヒーロー"、"ビートルズにドラッグを教えた反逆者"といったボブ・ディランのイメージは、拓郎が深夜放送のラジオでやたらボブ・ディランの凄さを語り、曲を流したことで日本人に植えつけられたもの、と中森明夫は述べている。拓郎が「ディラン、ディラン」と叫びまわったため、CBSソニーから出ていたボブ・ディランのレコードが、以前の5倍以上売れたという。日本に於けるボブ・ディランの最大の普及者でもある。中学の時、「吉田拓郎になろう」と決めたという浦沢直樹やみうらじゅんは、拓郎を通してボブ・ディランを知ったと話している。なおソニーは1973年に拓郎の選曲でボブ・ディランのベスト盤『BOB DYLAN; Gift Pack Series10』を発売している。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 関根 勤

    関根勤から見たみうらじゅんみうらじゅん

    千葉真一・大滝秀治・長嶋茂雄・ジャイアント馬場からは公認されており、千葉・長嶋・馬場の熱狂的なファンでもあり、みうらじゅんからも「関根さんのモノマネは対象となる人への敬愛が満ち溢れている」と評している。不文律として「亡くなった人をネタにしない」というものがあり、ラジオ番組においても、故人を元にしたネタは採用されない。馬場が亡くなった時、「馬場さんのモノマネは封印する」と宣言したが、近年は軟化されている。モノマネする人物を自ら名乗って“保険”を掛けることが多いが、大滝秀治の場合、台詞の冒頭で「ひでじ」を連呼したことにより、正しい名前の読みが浸透した(それまでは「しゅうじ」と読み間違えられることが多かった)。長年「モノマネする側」であったが、近年ではコージー冨田にモノマネされるようにもなった。関根勤 フレッシュアイペディアより)

  • シコウヒンTV

    シコウヒンTVから見たみうらじゅんみうらじゅん

    みうらじゅん / BOSE(スチャダラパー) / 野宮真貴 / 渡辺祐 / Char / bird / 斉藤和義 / 升野英知(バカリズム) / ぴゅ?ピル / 蛭子能収 /シコウヒンTV フレッシュアイペディアより)

  • ゆるキャラ

    ゆるキャラから見たみうらじゅんみうらじゅん

    「ゆるキャラ」という名称は漫画家、エッセイストであるみうらじゅんが考案したとされ、みうらも自分が命名者だと自認している。ゆるキャラ フレッシュアイペディアより)

  • 糸井重里

    糸井重里から見たみうらじゅんみうらじゅん

    1979年、沢田研二の「TOKIO」の作詞を担当。また、スナック等でちり紙やマッチなどで行う、気の効いた「芸」をまとめた著作『スナック芸大全』を刊行。自身の名義での処女出版となると共に、この年「東京糸井重里事務所」(現:「株式会社ほぼ日」)を設立。この事務所に、当時美大生でスタッフの友人であったみうらじゅんが盛んに出入りするようになり、糸井がみうらを『ガロ』編集部に紹介。みうらの漫画家デビューのきっかけを作った。糸井重里 フレッシュアイペディアより)

  • マイブーム

    マイブームから見たみうらじゅんみうらじゅん

    マイブーム フレッシュアイペディアより)

  • 週刊本

    週刊本から見たみうらじゅんみうらじゅん

    無共闘世代 ウルトラマンと骨肉腫 - 泉麻人+みうらじゅん(ISBN 9784255850122)週刊本 フレッシュアイペディアより)

  • 勝手広告

    勝手広告から見たみうらじゅんみうらじゅん

    「勝手に観光協会」みうらじゅん、安齋肇勝手広告 フレッシュアイペディアより)

  • カスハガの世界

    カスハガの世界から見たみうらじゅんみうらじゅん

    『カスハガの世界』(カスハガのせかい)は、みうらじゅんによる日本の漫画作品。『モーニング』にて連載された。単行本は全1巻、文庫版全1巻。カスハガの世界 フレッシュアイペディアより)

  • サザンハリケーン

    サザンハリケーンから見たみうらじゅんみうらじゅん

    14マグナム(2006年2月22日)ジャケットはみうらじゅんサザンハリケーン フレッシュアイペディアより)

288件中 41 - 50件表示