288件中 61 - 70件表示
  • 昆虫大戦争

    昆虫大戦争から見たみうらじゅんみうらじゅん

    2003年4月25日に松竹からニューテレシネ・デジタルリマスター修復版DVDが発売。同日に『吸血鬼ゴケミドロ』『宇宙大怪獣ギララ』『吸血髑髏船』とセットになったDVD-BOX『S-F CUBE』も発売された。映像特典として川津祐介インタビューを、音声特典には樋口真嗣とみうらじゅんによるカウチコメンタリーを収録している。『S-F CUBE』にはヴィネットタイプフィギュアも付属する。昆虫大戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 1993年の文学

    1993年の文学から見たみうらじゅんみうらじゅん

    いとうせいこう、みうらじゅん 『見仏記』(中央公論社)1993年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 小岐須雅之

    小岐須雅之から見たみうらじゅんみうらじゅん

    愛にこんがらがって (みうらじゅん 著) 角川文庫 角川書店 2003年 ISBN 4-04-343403-0小岐須雅之 フレッシュアイペディアより)

  • エアセックス

    エアセックスから見たみうらじゅんみうらじゅん

    エア・セックスは、『タモリ倶楽部』(テレビ朝日)でタモリが「エア・ギターが流行ってるけど、エア・セックスもいいよね。」と発言したことで発足されたと言われていたが、杉作J太郎が「とある友人が、自らをプレイボーイだと公言しているが、その友人の話す女があまりに薄っぺらいため、嘘だと判断した杉作とその友人が、エアセックス大会を行い、その友人の童貞である、という事を暴くためにはじめた。」と話した。現在は、EXエンタテイメント『みうらじゅん&安齋肇のなまはげ兄弟』でコーナーが設けられたり、杉作も世界大会を開催させ、イギリスの公共放送BBCや様々なメディアが取材に来ている。しかし、内容が内容なだけに、関係者全員はマニアックな層となっている。エアセックス フレッシュアイペディアより)

  • WARK

    WARKから見たみうらじゅんみうらじゅん

    ビバ!バギナーズ バギナーズ(いとうせいこう、みうらじゅん、安斎肇 1994年)WARK フレッシュアイペディアより)

  • 大崎一番太郎

    大崎一番太郎から見たみうらじゅんみうらじゅん

    『ゆるキャラ』を商標登録しているみうらじゅんから「大崎一番太郎はゆるくないからゆるキャラじゃない」と直接言われていることもあり、一般名詞の『ご当地キャラ』を使っていただけると嬉しいと言っている。大崎一番太郎 フレッシュアイペディアより)

  • Hi Hi PUFFY部

    Hi Hi PUFFY部から見たみうらじゅんみうらじゅん

    第7回 とんま部(ゲスト顧問:みうらじゅんHi Hi PUFFY部 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンプ・バック〜ザ・ベスト・オブ・ザ・ローリング・ストーンズ

    ジャンプ・バック〜ザ・ベスト・オブ・ザ・ローリング・ストーンズから見たみうらじゅんみうらじゅん

    発売当初の日本盤ライナーノーツには、ストーンズファンを自認する18人のミュージシャン(仲井戸麗市、鮎川誠、世良公則、甲本ヒロトら)、タレント(松金よね子、竹内都子ら)、著名人(みうらじゅんら)、評論家らが一人につき1曲、コメントを寄せていた。ジャンプ・バック〜ザ・ベスト・オブ・ザ・ローリング・ストーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 綱島理友

    綱島理友から見たみうらじゅんみうらじゅん

    女の子エスニック図鑑(勁文社、みうらじゅんとの共著)綱島理友 フレッシュアイペディアより)

  • 泉晴紀

    泉晴紀から見たみうらじゅんみうらじゅん

    泉 晴紀(いずみ はるき、1955年2月11日 - )は、日本の漫画家。石川県金沢市出身。和泉晴紀名義でも活動。本名は泉靖紀、ペンネームはアルバイトの現場で間違えて「晴樹」と呼ばれたことからみうらじゅん対談集『正論』コアマガジン。一時期頭髪を赤く染めていたことから、「レッドマン」とも。妻は同じく漫画家の山崎紗也夏。泉晴紀 フレッシュアイペディアより)

288件中 61 - 70件表示

「みうらじゅん」のニューストピックワード