226件中 71 - 80件表示
  • 茶さん

    茶さんから見たみうらじゅんみうらじゅん

    日本では、茶さんはいわゆる「ゆるキャラ」に分類されることもあり、例えば『ゆるキャラ大図鑑』(みうらじゅん著、扶桑社、2004年)では、茶さんが、キャラクターの使用団体が意図するキャンペーンのイメージ定着という点で最も成功した事例の一つとして紹介されており、日本で最も知名度かつ人気の高い「ゆるキャラ」の一つに数えられている。茶さん フレッシュアイペディアより)

  • へしこちゃん

    へしこちゃんから見たみうらじゅんみうらじゅん

    2009年、週刊誌「SPA!」(扶桑社)が誌上で行なった「ゆるキャラアワード2009」でへしこちゃんが全国から選ばれた約300体のキャラの中から見事グランプリに選ばれた。選考に携わったみうらじゅんによれば「近年のかわいいだけのゆるキャラにあってこのキャラには衝撃を受けた。ツッコミどころ満載だが、これこそゆるキャラの真髄」と絶賛している。なおこの受賞をきっかけに美浜町から「特別住民票」の発行を受けている。へしこちゃん フレッシュアイペディアより)

  • カボたん

    カボたんから見たみうらじゅんみうらじゅん

    2002年11月23日、東京ドームシティアトラクションズにて開催されたみうらじゅん主催の「ゆるキャラショー」において、25体中5位の人気を獲得した。また、2007年4月20日放送のTVチャンピオン「ゆるキャラ日本一決定戦」に大分県代表として出場したが予選落ちした。カボたん フレッシュアイペディアより)

  • ニャンまげ

    ニャンまげから見たみうらじゅんみうらじゅん

    みうらじゅん「ニャンまげはキャラクター界の革命児です。」ほぼ日刊イトイ新聞 - じゅんの恩返しニャンまげ フレッシュアイペディアより)

  • 見仏記

    見仏記から見たみうらじゅんみうらじゅん

    『見仏記』(けんぶつき)は、いとうせいこうとみうらじゅんの共著による紀行文のシリーズ。いとうが本文、みうらが文中の絵を担当している。見仏記 フレッシュアイペディアより)

  • おはようスタジオ

    おはようスタジオから見たみうらじゅんみうらじゅん

    みうらじゅん曰くテレビ番組で初めてレギュラー出演した番組である。当時みうらはファミコンを中心としたテレビゲームにハマっており、この番組内で初めて「クソゲー」という言葉を提唱したとされる。また、当時入手困難だった『スターソルジャー』を同じくレギュラー出演していた高橋名人(本職は「スターソルジャー」を発売していたハドソンの社員)から『名人価格』と称した特別価格で売ってもらい、その際に「ゲームが上手くなる」という高橋名人のサインを一緒に入れてもらったと後に語っている。おはようスタジオ フレッシュアイペディアより)

  • みうらじゅんの「サブカルジェッター」〜2番目がいいんじゃない

    みうらじゅんの「サブカルジェッター」〜2番目がいいんじゃないから見たみうらじゅんみうらじゅん

    みうらじゅんの「サブカルジェッター」〜2番目がいいんじゃない(みうらじゅんのサブカルジェッター にばんめがいいんじゃない)は、2007年10月6日から2008年3月29日までTBSラジオで毎週土曜19:00-20:25に放送されていたラジオ番組。パーソナリティはみうらじゅんみうらじゅんの「サブカルジェッター」〜2番目がいいんじゃない フレッシュアイペディアより)

  • 銀杏BOYZ

    銀杏BOYZから見たみうらじゅんみうらじゅん

    2003年12月公開、みうらじゅん原作映画『アイデン&ティティ』に中島役で出演。宮藤官九郎監督作品『少年メリケンサック』に若き日のジミー役で出演。 2010年1月公開、花沢健吾原作映画『ボーイズ・オン・ザ・ラン』に田西役で出演。銀杏BOYZ フレッシュアイペディアより)

  • おっぱい検定

    おっぱい検定から見たみうらじゅんみうらじゅん

    みうらじゅん-「みうらじゅんです!この後はおっぱい検定です!」など、コーナー前後のCMを担当。おっぱい検定 フレッシュアイペディアより)

  • 石井英夫

    石井英夫から見たマイブームみうらじゅん

    産経抄において、「息子から母へ」を「母から息子へ」と誤って引用するなど、明確に事実と異なる記述もあった。「FOXをCNN」、「マイブームをマイホーム」、「29年を40年ほど」など多数の例があり、「名古屋の女子高生はナナちゃん人形を携帯ストラップにしている」というものもあった。石井英夫 フレッシュアイペディアより)

226件中 71 - 80件表示

「みうらじゅん」のニューストピックワード