前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
104件中 1 - 10件表示
  • 暴力団

    暴力団から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    「暴力団」は暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴力団対策法)により法的な定義を与えられている。すなわち、「その団体の構成員(その団体の構成団体の構成員を含む)が集団的に又は常習的に暴力的不法行為等を行うことを助長するおそれがある団体」。通常は「ヤクザ」と同義である。が、テレビや新聞などのメディアでも「ヤクザ」という語の使用は避けられ、もっぱら「暴力団」の語が用いられている。一方で、暴力団員は自らのことを任侠道に邁進する者として、「極道」「任侠の徒」といった美称を好んで使う。暴力団 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団

    暴力団から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    「暴力団」との呼称は警察が命名しマスコミが広めたものであるが、平成3年に通称暴力団対策法が施行され、公安委員会が指定暴力団を特定するようになり、法的にも意味を持つ言葉と成り、平成4年3月1日施行の暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴対法)第2条第1項第2号では暴力団を、「その団体の構成員(その団体の構成団体の構成員を含む)が集団的に又は常習的に暴力的不法行為等を行うことを助長するおそれがある団体」と定義している。税制などの暴対法以外の法律では任意団体として扱われる。暴力団自身は自らの組織を「任侠団体」と呼称している。暴力団 フレッシュアイペディアより)

  • 北関東抗争

    北関東抗争から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    4月23日、栃木県警が栃木県内の大栗組事務所と田野七代目事務所に、宮城県警が仙台市内の東海興業事務所に、暴対法に基づく「組事務所の使用制限」の仮命令を出す。北関東抗争 フレッシュアイペディアより)

  • 道仁会

    道仁会から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    道仁会(どうじんかい)は、日本の福岡県久留米市に本部を置く指定暴力団。2012年より改正暴対法に基づく“特定抗争指定暴力団”(‐2014年)。構成員の総数は2016年末の時点で約540人。福岡県のほかにも佐賀県や熊本県などに系列組織を置いている。道仁会 フレッシュアイペディアより)

  • 怒羅権

    怒羅権から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    怒羅権(ドラゴン)は、日本の首都圏を拠点とする中国残留孤児の2世3世や中国人からなる準暴力団である。暴力団対策法の適用外にあたる集団だが、刃傷暴行・拳銃所持・殺人・強盗・覚醒剤密輸・危険ドラッグ密売・みかじめ料徴集などの凶悪犯罪が多い。90年代は暴走族から発祥したが、逮捕者には30代以上が多く、50代で逮捕されている者もいる。構成員らは蛇頭や東北系チャイニーズマフィア(東北幇)などと連携し国際犯罪とも関係している。怒羅権 フレッシュアイペディアより)

  • 右翼団体

    右翼団体から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    安保闘争中の1960年(昭和35年)にはドワイト・D・アイゼンハワー米国大統領来日を歓迎・支援するために、自民党安全保障委員会が、全国のテキ屋、暴力団、右翼を組織して「アイク歓迎実行委員会」を立ち上げ、左翼の集会に殴り込みをかけさせた。これらの動きに伴い、黒塗りの街宣車で大音量の軍歌を流す、典型的な「街宣右翼」が登場した。1992年(平成3年)の暴力団対策法施行以降は、暴力団組織が右翼団体に資金を提供、もしくは政治団体に衣替えする事例が続発し、右翼が国家に対抗し反権力を主張する状態になっている。街宣右翼は、相手を“反日”と断じたならば街宣をかけるというその性質から、様々な批評がされている。右翼団体 フレッシュアイペディアより)

  • 工藤會

    工藤會から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    工藤會(工藤会、くどうかい)は、日本の暴力団。指定暴力団。2012年より改正暴対法に基づく「特定危険指定暴力団」。福岡県の北九州市に本部を置き、2016年末時点の構成員は約420名。。主たる活動地域(2014年時点)は福岡県、大分県、山口県、および長崎県の4県、ならびに首都圏。工藤會 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県の暴力団

    沖縄県の暴力団から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    20年来の分裂状態にあった旭琉会と沖縄旭琉会とが2011年に合併し『旭琉會』へ改組。この『旭琉會』が翌2012年に暴力団対策法の定めるところの指定暴力団とされ、以来、県内唯一の指定暴力団となっている。さらにちょうど同時期に東亜会系誼興業が解散。これにて県内の組織暴力団は旭琉會のみとなった。この新生『旭琉會』の構成員数は2012年上半期頃の報告によればおよそ510名となる。沖縄県の暴力団 フレッシュアイペディアより)

  • 九州誠道会

    九州誠道会から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    2000年代中盤に起きた武装抗争において、九州誠道会は民間人を含む数多の死傷者を生み出す事件の当事者となった。そうしたことから九州誠道会は、設立から2年目の2008年に、暴力団対策法における指定暴力団となった。九州誠道会 フレッシュアイペディアより)

  • 半グレ

    半グレから見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    ノンフィクションライターの小野登志郎は、1991年の暴力団対策法施行ならびにその後の暴力団排除条例施行が“半グレ集団”勃興の誘因であったものと推測する。日本の各地にその例が見られ、様々な局面において暴力団と対峙する勢力となり、時に暴力団を圧倒してきた。東京の「関東連合」がそうした“半グレ集団”の典型とされている。ほか、中国残留孤児の2世ならびに3世を中核構成員とする「怒羅権」や、大阪の繁華街・ミナミで傷害事件などを繰り返しているアマチュア格闘技団体(「強者 つわもの」)などが“半グレ集団”の例に挙げられてきた。半グレ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
104件中 1 - 10件表示

「みかじめ料」のニューストピックワード