前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示
  • 北関東抗争

    北関東抗争から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    4月23日、栃木県警が栃木県内の大栗組事務所と田野七代目事務所に、宮城県警が仙台市内の東海興業事務所に、暴対法に基づく「組事務所の使用制限」の仮命令を出す。北関東抗争 フレッシュアイペディアより)

  • 道仁会

    道仁会から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    道仁会(どうじんかい)は、日本の福岡県久留米市に本部を置く暴力団。指定暴力団。2012年より改正暴対法に基づく“特定抗争指定暴力団”。構成員の総数は2008年時点でおよそ1,000。2011年の福岡県警の報告で準構成員を含めておよそ1,150。福岡県のほかにも佐賀県や熊本県などに系列組織を置いている。道仁会 フレッシュアイペディアより)

  • 工藤會

    工藤會から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    工藤會(工藤会、くどうかい)は、日本の福岡県に本部を置く暴力団。指定暴力団。2012年より改正暴対法に基づく“特定危険指定暴力団”。北九州市に本部を置き、2012年の2月時点で650名超の構成員を擁する。工藤會 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県の暴力団

    沖縄県の暴力団から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    20年来の分裂状態にあった旭琉会と沖縄旭琉会とが2011年に合併し『旭琉會』へ改組。この『旭琉會』が翌2012年に暴力団対策法の定めるところの指定暴力団とされ、以来、県内唯一の指定暴力団となっている。沖縄県の暴力団 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄旭琉会

    沖縄旭琉会から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    もともと旭琉会からの分裂を経て生まれた組織で、その分裂に際しての旭琉会との抗争は無辜の市民を巻き込み、暴力団対策法施行の一因ともなった。それから20年余の時を独立指定暴力団としてあり続けたものの、2011年に至って旭琉会と再統一。旭琉会を吸収合併のうえで発足させた『旭琉會』として新たに始動している。沖縄旭琉会 フレッシュアイペディアより)

  • 九州誠道会

    九州誠道会から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    2000年代中盤頃に勃興したその武力紛争の過程において、九州誠道会は非武装の民間人を含む数多の死傷者を生み出す事件の当事者となってきた。そうしたことから九州誠道会は、暴力団対策法に基づく指定暴力団への登録を、2008年、その設立からわずか2年目にあたる年に受けることとなる。九州誠道会 フレッシュアイペディアより)

  • 民事介入暴力

    民事介入暴力から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    食堂やスナックなどの飲食店に対し、自身が経営に関与する関連会社(企業舎弟)とおしぼりや花・植木等のリース契約、あるいは小物アクセサリーやお守り等の販売契約を要求する。拒否した場合は、入り口付近で大声を出し威圧したり、店舗の中に客として入りこみ他の客が来にくくするなどのいやがらせ行為をすることを暗に示唆する。暴力団対策法の施行前はみかじめ料(用心棒代)と称し直接金品を要求していたが、現在では正当な商取引契約の形をとるため、契約の事実だけでは刑事的処罰の対象にはなりにくい。民事介入暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 右翼団体

    右翼団体から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    1960年(昭和35年)にはドワイト・D・アイゼンハワー米国大統領来日を歓迎・支援するために、自民党安保委員会が、全国のテキ屋、暴力団、右翼を組織して「アイク歓迎実行委員会」を立ち上げ、左翼の集会に殴り込みをかけさせた。これらの動きに伴い、黒塗りの街宣車で大音量の軍歌を流す、典型的な「街宣右翼」が登場した。1992年(平成3年)の暴力団対策法施行以降は、暴力団組織が右翼団体に資金を提供、もしくは政治団体に衣替えする事例が続発し、右翼が国家に対抗し反権力を主張する状態になっている。街宣右翼は、相手を“反日”と断じたならば街宣をかけるというその性質から、様々な批評がされている。右翼団体 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団

    暴力団から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    「暴力団」との呼称は、警察やマスコミが戦後に命名したものであるが、平成3年に通称暴力団対策法が施行されて、公安委員会がを特定するようになり、法的にも意味を持つ言葉と成り、平成4年3月1日施行の暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴対法)第2条第1項第2号では暴力団を、「その団体の構成員(その団体の構成団体の構成員を含む)が集団的に又は常習的に暴力的不法行為等を行うことを助長するおそれがある団体」と定義している。暴力団 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団

    暴力団から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    このような暴力団の不法行為に対し「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」(平成3年法律第77号、暴対法)が1992年3月に施行された。暴力団 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
86件中 1 - 10件表示

「みかじめ料」のニューストピックワード