86件中 21 - 30件表示
  • 大宮南銀座

    大宮南銀座から見た暴対法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    また、平成に入ると行政や警察による同エリアに対する風営法及び暴対法に係る取り締まりが強化されていき、特に平成13年9月1日発生の新宿歌舞伎町ビル火災をうけて翌年消防法が改正されたことにより、歌舞伎町同様の重要防火エリアの繁華街として、消防による南銀座通り一帯店舗への立入検査及び不適合店舗の検挙、改善命令等が集中的に行なわれた結果、あからさまな違法風俗店舗等は減少傾向にあり、商店街の健全化は継続して計られつつある。しかし、他方、当該エリアでの一部店舗による強引な客引きや一部店舗に対するいわゆる「みかじめ料」等不法請求の問題も依然、少なからず指摘されている。大宮南銀座 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤誠

    遠藤誠から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団対策法の違憲を主張する行政訴訟の弁護に際しては、12億円余りの主任弁護費用を出すとの申し出を断り、無償で山口組の代理人を務めた。組側はお礼に遠藤作品の録音テープを大量に購入したという。同組から講演を頼まれた際には、「任侠とは、強きをくじき、弱きを助けるものだ」と組員らを前に熱弁をふるったが、阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)の際に、同組がいち早く被災者への炊き出し等をおこなったのはその影響が多分にあったといわれる。遠藤誠 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島県暴力追放県民センター

    徳島県暴力追放県民センターから見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    公益財団法人 徳島県暴力追放県民センター(こうえきざいだんほうじんとくしまけんぼうりょくついほうけんみんセンター)は、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の第32条に基づき、徳島県公安委員会から暴力追放運動推進センターとして指定を受けた公益財団法人である。徳島県暴力追放県民センター フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県暴力団追放県民会議

    千葉県暴力団追放県民会議から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    公益財団法人 千葉県暴力団追放県民会議(ちばけんぼうりょくだんついほうけんみんかいぎ)とは、 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の第32条に基づき、千葉県公安委員会から暴力追放運動推進センターとして指定を受けた公益法人である。千葉県暴力追放運動推進センターとも。千葉県暴力団追放県民会議 フレッシュアイペディアより)

  • 四社会

    四社会から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    熊本会を除く三団体は全てが暴力団対策法の定めるところの指定暴力団にあたる。主な活動として、加盟四団体の最高幹部らが集い開催する毎月一度の定例会合が挙げられる。そうした活動を通しての交流関係に有意な深度が見受けられることから、『親睦団体』の域を超えたところの『攻守同盟』であるとする見方も示されている。四社会 フレッシュアイペディアより)

  • 入江禎

    入江禎から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    高山清司の逮捕からわずか2週間後の2010年12月1日、暴力団対策法違反容疑で大阪府警に逮捕された。入江禎 フレッシュアイペディアより)

  • 第6次沖縄抗争

    第6次沖縄抗争から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    2組織の間では分裂直後から過激な抗争が繰り広げられ、無関係の高校生や覆面パトカーで警戒中の私服警察官2名がそれぞれ対立組織の組員と間違われて射殺される、ほかにもカーチェイスや火炎瓶連続投擲などがあり、組員・関係者だけでなく一般市民や警察官にも被害が及んだものも含め、事件が相次いだ。そのため一般世論をも巻き込む暴力団排除の風潮が強まり、暴力団対策法の制定や沖縄県警の取り締まり強化に繋がった。第6次沖縄抗争 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県の暴力団

    沖縄県の暴力団から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    1990年に沖縄旭琉会が分裂。これを機に第6次沖縄抗争(1990年?1992年)に発展し、暴力団員のみならず警察官や一般人までも巻き添えで殺害される事件が発生した。これをきっかけに暴力団対策法が制定された。沖縄県の暴力団 フレッシュアイペディアより)

  • 山一抗争

    山一抗争から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    この様に社会的に多方面の影響を及ぼしたことから、警察による暴対法制定の切っ掛けにもなり、1986年5月24日には全国の警察庁暴力団取締担当課長69人を集めた「全国暴力団取締り主管課長会議」の席上、警察庁長官・金沢昭雄が山口組壊滅のために徹底的な集中取締りをするように指示するまでに至った。その一方で、一連の抗争を敢えて長期化させることによって山口組と一和会の弱体化を狙った思惑があったという見方もある。兵庫県警の試算によれば、山口組と一和会が抗争に費やした金は20億円に達し、ある関係者は双方合わせて500億円の減収になったと見ている。山一抗争 フレッシュアイペディアより)

  • 土崎神明社祭の曳山行事

    土崎神明社祭の曳山行事から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    1991年(平成3年)、「暴対法」が成立。以降、従来200 - 300もあった露店が大きく減らされる。土崎神明社祭の曳山行事 フレッシュアイペディアより)

86件中 21 - 30件表示

「みかじめ料」のニューストピックワード