104件中 21 - 30件表示
  • 山野会

    山野会から見た暴対法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴対法施行後の1993年までに同法に基づく指定暴力団となる。のち1998年にも再度の指定を受けたものの、やがて団体自体が消滅。2001年の11月をもって指定取り消しとなった。山野会 フレッシュアイペディアより)

  • 縄張り

    縄張りから見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団対策法では「縄張」を「正当な権限がないにもかかわらず自己の権益の対象範囲として設定していると認められる区域」と定義している。縄張り フレッシュアイペディアより)

  • 片桐裕

    片桐裕から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    東京都出身。東京大学法学部卒業。1975年警察庁入庁。2011年10月17日警察庁長官に就任し、「正しく、強く、国民の立場に立った警察を目指す」と述べた。また暴力団対策法改正について「なるべく早く成就するよう全力を尽くす」と決意を語った。片桐裕 フレッシュアイペディアより)

  • 行政対象暴力

    行政対象暴力から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    一般には暴力団などが実体のない政治団体(右翼標榜暴力団)などの肩書きを隠れ蓑に要求を通そうとするケースや、同和団体など市民運動や社会運動を標榜する者からの不当要求が多く、暴力団などについては基本的には暴力団対策法により対処が行われることになる。行政対象暴力 フレッシュアイペディアより)

  • 入江禎

    入江禎から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    高山清司の逮捕からわずか2週間後の2010年12月1日、暴力団対策法違反容疑で大阪府警に逮捕された。入江禎 フレッシュアイペディアより)

  • 山口一家

    山口一家から見た暴対法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    初代・山口敬太郎が設立。1980年頃、松山眞一との話し合いにより神奈川の的屋7家名を集め親睦団体神奈川神農同志会を設立し、会長に就いた。その後神奈川同志会に改称、神奈川の8割以上の的屋団体が加盟していた。1992年、暴対法施行により同志会は解散し、県警の指導により神奈川イベント共同組合を設立した。山口一家 フレッシュアイペディアより)

  • 京都ヤクザホームページ削除事件

    京都ヤクザホームページ削除事件から見た暴対法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    問題のウェブページは京都市などの第三セクターとして京都高度技術研究所などにより運営されていたインターネットプロバイダであるインターネットワーク京都(京都アイネット)のウェブスペース上に掲載されていた。暴力団員とされる男性は1996年4月に会社員を名乗って同プロバイダに登録し、1997年1月に「任侠道」と題するウェブページを開設した。サイトの内容は、「筆者はヤクザである」「ヤクザは偏見に満ちた暴対法によって暴力団とのレッテルを張られている」というものであった。京都ヤクザホームページ削除事件 フレッシュアイペディアより)

  • 債権回収会社

    債権回収会社から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員(以下この号において「暴力団員」という。)又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者(以下「暴力団員等」という。)がその事業活動を支配する株式会社債権回収会社 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    組織犯罪対策として地方自治体による暴力団排除条例の制定や、1992年(平成4年)施行の暴力団対策法の制定と1999年(平成11年)施行の通信傍受法が制定された。交通安全として携帯電話を使用しながらの運転やシートベルトの着用義務の強化やチャイルドシートの着用の義務が強化された。高齢ドライバーの急増で事故防止とために、もみじマーク・シルバーマーク・高齢者マーク・枯れ葉マークのニックネームで呼ばれていた高齢運転者標識の創設や居眠り運転や飲酒運転の取り締まり強化を目的とする「危険運転致死傷罪」の制定が行われた。国民総背番号制など国家の情報管理が行われて、正反対の考え方としてプライバシー権から「個人情報保護法」の制定がされて、情報公開の思想から「情報公開法」が制定された。18歳以上の投票権を認めた日本国憲法の改正を是非を問う国民投票法が制定された。2015年(平成27年)に公職選挙法が改正されて選挙権年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられた。民法(成年年齢)と少年法(成人年齢)を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げることが検討された。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島県暴力追放県民センター

    徳島県暴力追放県民センターから見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    公益財団法人徳島県暴力追放県民センター(こうえきざいだんほうじんとくしまけんぼうりょくついほうけんみんセンター)は、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の第32条に基づき、徳島県公安委員会から暴力追放運動推進センターとして指定を受けた公益財団法人である。徳島県暴力追放県民センター フレッシュアイペディアより)

104件中 21 - 30件表示

「みかじめ料」のニューストピックワード