104件中 31 - 40件表示
  • 暴力追放青森県民会議

    暴力追放青森県民会議から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    公益財団法人暴力追放青森県民会議(ぼうりょくついほうあおもりけんみんかいぎ)とは、 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(以下、暴力団対策法)の第32条に基づき、青森県公安委員会から暴力追放運動推進センターとして指定を受けた公益法人である。青森県暴力追放運動推進センターとも。暴力追放青森県民会議 フレッシュアイペディアより)

  • 中野会

    中野会から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    中野会(なかのかい)は、大阪市天王寺区に本拠を置いて2005年まで活動した暴力団。かつては神戸市に本部を置き、四代目山口組の三次団体から五代目山口組の二次団体となったが、1997年に絶縁処分を受け独立。やがて暴力団対策法に基づく指定暴力団となるも、2005年に解散。中野会 フレッシュアイペディアより)

  • 街宣右翼

    街宣右翼から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    警察庁は、平成16年(2004年)の広報誌「焦点 警備警察50年」で、1970年代以降に取り締まりを逃れるため、暴力団が政治結社を結成したとの見方を示している。そして、バブル崩壊や暴力団対策法によってシノギが減った者が新たに右翼活動へ接近したとしている。つまり、偽装右翼は、えせ同和行為と同様に、その形態を恐喝や脅迫といった経済的な利益に利用する人々の集団との考えである。街宣右翼 フレッシュアイペディアより)

  • 東組

    東組から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    創立者の東清はもとは“浪花の侠客”として名のあった池田大次郎率いる池田組の系列組織の幹部で、同組の解散に伴い1960年頃に西成を本拠地としてこの東組を結成、当初の人員総数はわずか30足らずであったものの、1973年頃には120名を数えるまでになっていた。1993年の8月をもって暴力団対策法に基づく指定暴力団へ移行した。やがて長年にわたり首領の座にあった東清が2010年の初め頃に引退。時の若頭であった滝本博司が跡目を継承した。東組 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県暴力団追放推進センター

    宮城県暴力団追放推進センターから見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    公益財団法人宮城県暴力団追放推進センター(ざいだんほうじんみやぎけんぼうりょくだんついほうすいしんせんたー)とは、 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の第32条に基づき、宮城県公安委員会から暴力追放運動推進センターとして指定を受けた公益法人である。宮城県暴力団追放推進センター フレッシュアイペディアより)

  • 山本鎮彦

    山本鎮彦から見た暴対法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    警察庁OBのトップとして長年君臨し続け、警察庁を陰で牛耳るドンとして恐れられていた。旧内務省・特高警察の流れをくむ警察庁OBによる秘密グループにも参加しており、暴対法の素案を練ったり、警察庁人事に影響力を行使するなど、絶大な権力を握っていた。このグループには、後の国民新党代表の亀井静香も参加している。山本鎮彦 フレッシュアイペディアより)

  • えせ同和行為

    えせ同和行為から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    現実には、えせ同和行為は刑法における「強要」「恐喝」のほか、態様によっては「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴力団対策法)」違反や、「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(組織犯罪処罰法)」違反に問われ、処罰の対象となる。えせ同和行為 フレッシュアイペディアより)

  • 加茂田重政

    加茂田重政から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    山一抗争の最中の1984年には、テレビ番組のインタビューで、のちの暴対法施行を見越した「私の怖がっとんのはね、私の一番恐れとんのはですよ、これなにかヤクザの法律ができると思うんです私は。法律をこしらえてそれを適用されたらヤクザは食ていけんぞと。まヤクザみたいなんはおらんでもいいんですわホンマはね」という発言を残している。加茂田重政 フレッシュアイペディアより)

  • 双愛会

    双愛会から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    1992年に暴力団対策法に基づく指定暴力団となった。同年末に副会長であった高村明が五代目を襲名。双愛会 フレッシュアイペディアより)

  • 雑民党

    雑民党から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    PKO法は自衛隊の海外派兵を目的としたものであり、暴力団新法は全ての新左翼、反権力、市民に適用される恐れのある違憲立法であり、いずれも反対。雑民党 フレッシュアイペディアより)

104件中 31 - 40件表示

「みかじめ料」のニューストピックワード