86件中 51 - 60件表示
  • 日本共産党(行動派)

    日本共産党(行動派)から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団対策法制定に際しては、右翼団体一水会と共闘関係の軍事組織「統一戦線義勇軍」や、山口組メンバーにより設立された大衆団体「仁侠市民連合」と協力して反対運動を展開した。日本共産党(行動派) フレッシュアイペディアより)

  • 警戒区域

    警戒区域から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    2012年7月26日に改正され、同年10月30日に施行された、暴力団対策法では、「特定危険指定暴力団」もしくは「特定抗争指定暴力団」の指定を受けた一部の暴力団について、都道府県警察は特定の地域に「警戒区域」を設定することができるようになった。仮に、当該団体の構成員が、警戒区域内において対立する別の暴力団の構成員に嫌がらせをしたり、警戒区域内の企業等に対して「みかじめ料」等の不当要求を行った場合は、従来行われてきた中止命令等の行政処分による警告なしに、処罰の対象となる。警戒区域 フレッシュアイペディアより)

  • 片桐裕

    片桐裕から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    東京都出身。東京大学法学部卒業。1975年警察庁入庁。2011年10月17日警察庁長官に就任し、「正しく、強く、国民の立場に立った警察を目指す」と述べた。また暴力団対策法改正について「なるべく早く成就するよう全力を尽くす」と決意を語った。片桐裕 フレッシュアイペディアより)

  • 三すくみ

    三すくみから見た暴対法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    警察はヤクザに対しては暴対法等の法令を駆使して強制捜査や逮捕を行うことが出来るが、言論を利用して警察の不祥事等を街宣する右翼には弱い。一方、右翼はヤクザの実力を背景に威圧感を保って初めて街宣活動の実効性を確保できることから、ヤクザには弱い。武富士創業者の武井保雄はこの3すくみを利用してサラ金の帝王となった。三すくみ フレッシュアイペディアより)

  • 怒羅権

    怒羅権から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    関東連合と並んで、暴力団対策法の適用外にあたる不良集団、いわゆる“半グレ”の顕著な例と言われる。怒羅権 フレッシュアイペディアより)

  • 極右

    極右から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    日本においては、一水会系の統一戦線義勇軍と山口組系の「任侠市民連合」が毛沢東主義の「日本共産党(行動派)」と合同で暴力団対策法反対運動を展開したり、新右翼活動家の野村秋介と新左翼活動家の藤本敏夫が合同で選挙報道の公正化を訴えた例がある。極右 フレッシュアイペディアより)

  • クレーム

    クレームから見た暴対法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    こういった不当要求は何も今に始まったことではなく、暴力団が組織的に企業を狙い撃ちして商品に因縁をつけて金品を脅し取るということは昔から存在していた。また、食堂において、意図的に自分の髪の毛をラーメンや蕎麦に入れて、「髪の毛が入っている、タダにしろ」というような、食事代をタダにするような不当要求も以前から存在していた。しかし、クレーマーが一般化し、悪質化している現状はここ最近とみによく見られる。中には暴力団の名前を出して不当要求を行ったり、たとえ業者側に落ち度や瑕疵が無くても、お詫びの品やサービス目当てにクレームをつける所謂「プロクレーマー」もいる(尚、指定暴力団の不当要求は暴対法により禁止、処罰の対象になる)クレーム フレッシュアイペディアより)

  • 関東連合

    関東連合から見た暴力団対策法暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    東京都内の渋谷、六本木、西麻布、および新宿のいわゆる“闇社会”にて「一定の勢力を誇って」おり、「既存の暴力団ではないが暴力的な犯罪を行う集団」を意味する“半グレ”の象徴的な存在と言われる。その点では「怒羅権」との類似性も指摘される。“愚連隊”と称されることもある。改正暴力団対策法や暴力団排除条例の影響で表立っての活動を失速させた暴力団に代わる形で台頭してきたとの見方もあるものの、そのメンバー、すなわちOBには現役の暴力団員も少なくない。東京都内のいわゆる“アンダーグラウンド”界隈では1990年代初頭期頃からその名が広く通っていたものの、歌舞伎役者を巻き込んだいわゆる“海老蔵事件”(2010年)をきっかけとして全国的に知られる存在となったと見られている。関東連合 フレッシュアイペディアより)

  • デモ活動

    デモ活動から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    こういったデモ活動において掲げるテーマが選ばれたケースとしては、1991年には日本で暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(暴力団対策法)の制定に絡んで暴力団員を含む支持者団体がデモ活動したケースもあるが、この際には「憲法で保障された結社の自由を侵害する」や「暴力団構成員にも家庭があるが行動を禁止されると子供を養えない」など、別の視点・理由によるものや同情を呼ぼうとした主張が掲げられた。結局、同法は「暴力団が集団として存在すること」ではなく「違法な行為で市民生活を妨害したり金品を得ること」を規制する性格の法律であったため、違憲問題に関しては合憲との判断が成されている。デモ活動 フレッシュアイペディアより)

  • 地下経済

    地下経済から見た暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    1996年に施行された宗教法人法の改正によって、宗教法人の会計の提出が義務化された。1999年に成立した犯罪捜査のための通信傍受に関する法律によって、警察による電話傍受が行われている。2003年の民法改正によって、占有屋の問題は解決された。2005年に全面改正された不動産登記法が施行され、登記簿がオンライン化されたため地面師の問題は減少した。また、携帯電話不正利用防止法の施行によって、携帯電話の本人確認が強化された。2008年には、戸籍法の一部を改正する法律と住民基本台帳法の一部を改正する法律が施行され、戸籍届出や住民異動届に身分証明書が必須となり、詐欺に繋がるなりすましは減少した。また、同年、暴力団の資金源を断つために暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律が完全施行されており、暴力団による資金稼ぎを防いでいる。また、犯罪による収益の移転防止に関する法律も2008年から全面施行されており、10万円を越える現金での振込や200万円を越える大口現金取引に身分証明書が必要となった。地下経済 フレッシュアイペディアより)

86件中 51 - 60件表示

「みかじめ料」のニューストピックワード