前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見た遠藤誠

    本法は、日本国憲法21条1項が保障する「結社の自由」を不当に制限し違憲であるとの主張がある。制定時、暴力団員や支援者らが、抗議のデモ行進や座り込みをし、各地で本法の違憲を主張した訴訟を提起した。弁護士の遠藤誠は、本法の違憲を主張する行政訴訟の弁護に際して、山口組からの12億円余の資金提供の申出を受けたが断り、無償で弁護した。暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見た山口組

    1992年(平成4年)3月1日に施行された。山口組、稲川会、住吉会など22の暴力団が、本法による指定暴力団とされている。暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見た成田頼明

    暴力団対策法研究会編 成田頼明監修『暴力団対策法の解説-新法による民暴対策 市民と企業を守る!』民事法研究会、1992年、ISBN 978-4944027217暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見た指定暴力団

    本法では、まず、規制の対象を明確にするため、暴力団を「その団体の構成員(その団体の構成団体の構成員を含む)が集団的に又は常習的に暴力的不法行為等を行うことを助長するおそれがある団体をいう。」と定義する(2条2号)。そして、都道府県公安委員会が、暴力団のうち、暴力団員が生計の維持、財産の形成又は事業の遂行のための資金を得るために暴力団の威力を利用することを容認することを実質上の目的とする団体であって、犯罪経歴を保有する暴力団員が一定割合を占め、首領の統制の下に階層的に構成された団体を「指定暴力団」に指定する(3条)。さらに、暴力団(指定暴力団を除く。)の全部又は大部分が指定暴力団である場合、当該暴力団は指定暴力団の連合体(いわゆる「指定広域暴力団」)として指定される(4条)。2012年(平成24年)10月より、対立抗争に係る指定暴力団等を特定抗争指定暴力団等として指定し(15条の2)、また、指定暴力団の構成員等が凶器を使用して人の生命又は身体に重大な危害を加える方法による暴力行為を反復継続するおそれがある場合、当該指定暴力団等を特定危険指定暴力団等として指定する(30条の8)。暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見た稲川会

    1992年(平成4年)3月1日に施行された。山口組、稲川会、住吉会など22の暴力団が、本法による指定暴力団とされている。暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見た広域暴力団

    本法では、まず、規制の対象を明確にするため、暴力団を「その団体の構成員(その団体の構成団体の構成員を含む)が集団的に又は常習的に暴力的不法行為等を行うことを助長するおそれがある団体をいう。」と定義する(2条2号)。そして、都道府県公安委員会が、暴力団のうち、暴力団員が生計の維持、財産の形成又は事業の遂行のための資金を得るために暴力団の威力を利用することを容認することを実質上の目的とする団体であって、犯罪経歴を保有する暴力団員が一定割合を占め、首領の統制の下に階層的に構成された団体を「指定暴力団」に指定する(3条)。さらに、暴力団(指定暴力団を除く。)の全部又は大部分が指定暴力団である場合、当該暴力団は指定暴力団の連合体(いわゆる「指定広域暴力団」)として指定される(4条)。2012年(平成24年)10月より、対立抗争に係る指定暴力団等を特定抗争指定暴力団等として指定し(15条の2)、また、指定暴力団の構成員等が凶器を使用して人の生命又は身体に重大な危害を加える方法による暴力行為を反復継続するおそれがある場合、当該指定暴力団等を特定危険指定暴力団等として指定する(30条の8)。暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見た暴力団

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(ぼうりょくだんいんによるふとうなこういのぼうしとうにかんするほうりつ、平成3年法律第77号)は、暴力団員の行う暴力的要求行為について必要な規制を行い、及び暴力団の対立抗争等による市民生活に対する危険を防止するために必要な措置を講ずるとともに、暴力団員の活動による被害の予防等に資するための民間の公益的団体の活動を促進する措置等を講ずることにより、市民生活の安全と平穏の確保を図り、もって国民の自由と権利を保護することを目的とする日本の法律である。略称は暴対法、暴力団対策法、暴力団新法など。暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見た住吉会

    1992年(平成4年)3月1日に施行された。山口組、稲川会、住吉会など22の暴力団が、本法による指定暴力団とされている。暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見たマフィア

    しかし、本法の施行の結果、暴力団の活動が法律に触れぬように巧妙になり、一般企業社会への進出(企業舎弟の増加)や組織擬装が増加するなど、組織の不透明化・マフィア化が進んだ。また、組織犯罪の国際化や、暴力団の寡占化や政治的殺害も進むことが懸念される。暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見た組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律

    組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(組織的犯罪処罰法)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「みかじめ料」のニューストピックワード