42件中 11 - 20件表示
  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見た右翼団体

    法案は、警察権限立法に対する一部政治勢力の根強い反対風土からすれば、異例といえる衆参全会一致で可決された。しかし、日本国憲法21条1項が保障する「結社の自由」を不当に制限し違憲であるとの主張がある。制定時、暴力団員や支援者らが、抗議のデモ行進や座り込みをし、各地で本法の違憲を主張した訴訟を提起した。弁護士の遠藤誠は、本法の違憲を主張する行政訴訟の弁護に際して、山口組からの12億円余の資金提供の申出を受けたが断り、無償で弁護した。また、遠藤と野村秋介の音頭により、暴力団有志による「任侠市民連合」、右翼団体・一水会の青年組織「統一戦線義勇軍」、新左翼の日本共産党(行動派)が合同で、デモ行進などによる反対運動を展開した。暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見たデモ活動

    法案は、警察権限立法に対する一部政治勢力の根強い反対風土からすれば、異例といえる衆参全会一致で可決された。しかし、日本国憲法21条1項が保障する「結社の自由」を不当に制限し違憲であるとの主張がある。制定時、暴力団員や支援者らが、抗議のデモ行進や座り込みをし、各地で本法の違憲を主張した訴訟を提起した。弁護士の遠藤誠は、本法の違憲を主張する行政訴訟の弁護に際して、山口組からの12億円余の資金提供の申出を受けたが断り、無償で弁護した。また、遠藤と野村秋介の音頭により、暴力団有志による「任侠市民連合」、右翼団体・一水会の青年組織「統一戦線義勇軍」、新左翼の日本共産党(行動派)が合同で、デモ行進などによる反対運動を展開した。暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見た企業舎弟

    本法の施行の結果、暴力団の活動が法律に触れぬように巧妙になり、一般企業社会への進出(企業舎弟の増加)や組織擬装が増加するなど、組織の不透明化・地下組織化・マフィア化が進んだ。また、組織犯罪の国際化や、暴力団の寡占化や政治的殺害も進むことが懸念される。暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見た暴力追放運動推進センター

    暴力団員の活動による被害の予防等に資するための民間の公益的団体の活動を促進するため、暴力追放運動推進センターの指定なども定められている(第6章)。暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見た神戸山口組

    2013年施行の法改正により、代理訴訟制度の仕組みが整理され、都道府県単位で設立されている暴力追放運動推進センターなどが、地域住民の代理として暴力団事務所の使用差し止めなどを求める裁判を起こすことが可能になった。発足当初は、制度を活用する動きは低調であったが、2017年10月2日には、指定暴力団神戸山口組の本部事務所に対し、暴力団追放兵庫県民センターが使用差し止めを求める仮処分を神戸地方裁判所に申し立てるなどの動きがみられるようになった。暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見た不法行為

    上記に加えて、指定暴力団の代表者等に対する民法の不法行為責任についても特則が設けられ、凶器を使用して指定暴力団同士の抗争または指定暴力団内における抗争により他人の生命、身体又は財産を侵害したときは指定暴力団の代表者等は無過失責任を負うことになる(31条)。さらに、指定暴力団員が威力利用資金獲得行為(当該指定暴力団の威力を利用して生計の維持、財産の形成若しくは事業の遂行のための資金を得、又は当該資金を得るために必要な地位を得る行為をいう。)を行うについて他人の生命、身体又は財産を侵害したときについても、代表者等が直接または間接に利益を受ける立場に無いとき、指定暴力団員による威力利用資金獲得行為が指定暴力団員以外の者による強要によってなされかつ代表者等が無過失の場合を除いて、損害賠償責任を負う(31条の2)。なお、これらの規定は民法に基づく不法行為責任を別に負うことを排除するものではない(31条の3)。暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見た暴力団追放兵庫県民センター

    2013年施行の法改正により、代理訴訟制度の仕組みが整理され、都道府県単位で設立されている暴力追放運動推進センターなどが、地域住民の代理として暴力団事務所の使用差し止めなどを求める裁判を起こすことが可能になった。発足当初は、制度を活用する動きは低調であったが、2017年10月2日には、指定暴力団神戸山口組の本部事務所に対し、暴力団追放兵庫県民センターが使用差し止めを求める仮処分を神戸地方裁判所に申し立てるなどの動きがみられるようになった。暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見た結社の自由

    法案は、警察権限立法に対する一部政治勢力の根強い反対風土からすれば、異例といえる衆参全会一致で可決された。しかし、日本国憲法21条1項が保障する「結社の自由」を不当に制限し違憲であるとの主張がある。制定時、暴力団員や支援者らが、抗議のデモ行進や座り込みをし、各地で本法の違憲を主張した訴訟を提起した。弁護士の遠藤誠は、本法の違憲を主張する行政訴訟の弁護に際して、山口組からの12億円余の資金提供の申出を受けたが断り、無償で弁護した。また、遠藤と野村秋介の音頭により、暴力団有志による「任侠市民連合」、右翼団体・一水会の青年組織「統一戦線義勇軍」、新左翼の日本共産党(行動派)が合同で、デモ行進などによる反対運動を展開した。暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見た警察庁

    暴力団対策法制研究会編 警察庁刑事局暴力団対策部監修『逐条暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律』立花書房、1995年、ISBN 978-4803723663暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

    暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律から見た訴訟

    2013年施行の法改正により、代理訴訟制度の仕組みが整理され、都道府県単位で設立されている暴力追放運動推進センターなどが、地域住民の代理として暴力団事務所の使用差し止めなどを求める裁判を起こすことが可能になった。発足当初は、制度を活用する動きは低調であったが、2017年10月2日には、指定暴力団神戸山口組の本部事務所に対し、暴力団追放兵庫県民センターが使用差し止めを求める仮処分を神戸地方裁判所に申し立てるなどの動きがみられるようになった。暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

42件中 11 - 20件表示