前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示
  • 新光証券

    新光証券から見たみずほ証券

    )は、日本の証券会社であるみずほ証券株式会社の旧商号。新光証券 フレッシュアイペディアより)

  • 新光証券

    新光証券から見たビリー・ジョエル

    ビリー・ジョエル - 2006年に来日公演を行った時のスポンサー(ウドー音楽事務所)新光証券 フレッシュアイペディアより)

  • 新光証券

    新光証券から見たみずほ信託銀行

    合併に時間を要したことから、合併の1年以上前から一部の店舗ではみずほフィナンシャルグループ他社(みずほ銀行、みずほ信託銀行など)同様にコズミックブルーを基調とした店舗外観に変更されていた。ただし、再三の合併延期により、元の色をかぶせる形で一時戻している拠点もあった。新光証券 フレッシュアイペディアより)

  • 新光証券

    新光証券から見た興銀証券

    2000年5月 - 株式会社日本興業銀行と興銀証券株式会社を割当先とした第三者割当増資を実施する。新光証券 フレッシュアイペディアより)

  • 新光証券

    新光証券から見たみずほインベスターズ証券

    みずほインベスターズ証券(個人投資家向け)新光証券 フレッシュアイペディアより)

  • 新光証券

    新光証券から見たみずほフィナンシャルグループ

    みずほフィナンシャルグループ系列(元は日本興業銀行系列)のフルライン型の証券会社で、新日本証券株式会社(1917年設立の大商證券が、1967年に玉塚證券、山叶證券と合併して発足)と和光証券株式会社(1947年に大井證券として設立、1968年に商号変更)が、2000年4月に対等合併して発足した(存続会社は新日本証券)。社名の“新光”は合併した両社の社名から1文字ずつとったものである。新光証券 フレッシュアイペディアより)

  • 新光証券

    新光証券から見た日本興業銀行

    みずほフィナンシャルグループ系列(元は日本興業銀行系列)のフルライン型の証券会社で、新日本証券株式会社(1917年設立の大商證券が、1967年に玉塚證券、山叶證券と合併して発足)と和光証券株式会社(1947年に大井證券として設立、1968年に商号変更)が、2000年4月に対等合併して発足した(存続会社は新日本証券)。社名の“新光”は合併した両社の社名から1文字ずつとったものである。新光証券 フレッシュアイペディアより)

  • 新光証券

    新光証券から見た個人投資家

    本社は、東京都中央区八重洲2-4-1の常和八重洲ビル。倒産前の山一證券が、新川にある現在の茅場町タワーに移転する前まで本社として使用していた建物である。東京駅の八重洲口に面しており、壁面には大型ビジョン(アストロビジョン、同社では“新光ハローボード”と呼んでいる)があり東海道新幹線のホームから眺めることができる。また、同ビル前の株価等の情報表示板前では株価の大きな変化があったとき、テレビ局などの報道機関が個人投資家へインタビューを行うことが近年多い。新光証券 フレッシュアイペディアより)

  • 新光証券

    新光証券から見たサブプライムローン

    当初は、2008年1月1日に合併する予定であったがしかし、みずほ証券がサブプライムローンの影響を受け損失(2007年9月中間期で270億円の赤字)を出したことにより、合併比率を見直すために合併を延期している。2007年11月14日に、合併期日を2008年5月7日(予定)に一旦延期することを発表したものの、市場の混乱が収束せず損失が確定しないため、2008年3月21日には再度延期し、2008年4月28日に改めて合併基本合意書を締結し、2009年5月7日を合併期日に合併するとした。2009年3月4日には合併契約を再度締結し、4月3日に両社で開催される臨時株主総会での承認決議を経て、2009年5月7日に合併し、(新)みずほ証券株式会社となった。これに伴い、従前の八重洲の本店はみずほ証券のリテール部門における本部機能となり、店名はみずほ証券本店営業部(2013年以降は、八重洲本店営業部と呼称)となった。新光証券 フレッシュアイペディアより)

  • 新光証券

    新光証券から見た東京駅

    本社は、東京都中央区八重洲2-4-1の常和八重洲ビル。倒産前の山一證券が、新川にある現在の茅場町タワーに移転する前まで本社として使用していた建物である。東京駅の八重洲口に面しており、壁面には大型ビジョン(アストロビジョン、同社では“新光ハローボード”と呼んでいる)があり東海道新幹線のホームから眺めることができる。また、同ビル前の株価等の情報表示板前では株価の大きな変化があったとき、テレビ局などの報道機関が個人投資家へインタビューを行うことが近年多い。新光証券 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示