前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
137件中 1 - 10件表示
  • 荘内銀行

    荘内銀行から見たみちのく銀行みちのく銀行

    2005年(平成17年)5月、みちのく銀行、東北銀行、北都銀行と連携し債権流動化ビジネスを開始。これに伴い、SPC会社として、株式会社シンフォニー・アセット・カンパニーが設立された。また、同年8月には、4行連携によるシンジケートローンも組成された。荘内銀行 フレッシュアイペディアより)

  • イーネット

    イーネットから見たみちのく銀行みちのく銀行

    ※これまでみちのく銀行も同社に出資していたが、すでに出資分を引き揚げている。イーネット フレッシュアイペディアより)

  • 北都銀行

    北都銀行から見たみちのく銀行みちのく銀行

    4月11日 - みちのく銀行(本店:青森市)とATM相互無料開放開始北都銀行 フレッシュアイペディアより)

  • ガーラタウン

    ガーラタウンから見たみちのく銀行みちのく銀行

    2003年(平成15年)に店舗を地元企業の宝来商事(みちのく銀行の実質関連会社)が買収、現在のキーテナント「マエダ」になったのと同時に、「ガーラタウン」に改名した。テナント構成にまとまりがなく、あまり魅力的ではなかったジョイシティ時代に比べて、来客のニーズに応えたバランスの良いテナント構成により、安定した客数を維持している。ガーラタウン フレッシュアイペディアより)

  • 北海道銀行

    北海道銀行から見たみちのく銀行みちのく銀行

    4月5日 - みちのく銀行とATM共同利用を開始。北海道銀行 フレッシュアイペディアより)

  • タケダスポーツ

    タケダスポーツから見たみちのく銀行みちのく銀行

    自主再建を検討したものの、再建には資金が必要と判断されたことから、事業再建計画を策定し、整理回収機構の枠組みを活用することによって、再生支援に8つの金融機関の同意を得た。メインバンクであるみちのく銀行が設置した「ふるさと再生ファンド」に合計97億円の債権を売却。同ファンドは債権の回収すると共にタケダスポーツへの出資や経営指導などの支援を行い、経営再建を目指す。タケダスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 上杉純雄

    上杉純雄から見たみちのく銀行みちのく銀行

    2005年(平成17年)、みちのく銀行における相次ぐ不祥事と、3度の業務改善命令の発動により経営体制の刷新をはかるため極めて異例な事態ではあるが、富士銀時代から親密な関係にあったみずほFG出身であることから請われて同行代表取締役会長に就任。ガバナンスとコンプライアンス強化に取り組んだ。上杉純雄 フレッシュアイペディアより)

  • みちのく北方漁船博物館

    みちのく北方漁船博物館から見たみちのく銀行みちのく銀行

    博物館は1999年、みちのく北方漁船博物館財団によって設置された。この財団は、地元地銀のみちのく銀行の大道寺小三郎元会長が設立し、同人は博物館運営にも深くかかわっていた(後にはみちのく銀行頭取杉本康雄が財団理事長を務めた)。大道寺小三郎は銀行内で呼びかけて、青森県沿岸および函館市、秋田市、能代市、久慈市など支店付近の海岸で、滅亡しかけていた木造漁船(ムダマハギ型)を収集した。そのコレクションが国の重要有形民俗文化財の指定を受けたことが、博物館設立の大きなきっかけとなっている。こうして貴重な保存漁船の展示施設が計画され、あわせて海洋全般についての文化体験型学習施設が組み込まれた。青森駅から離れていることもあり観光客は当てにできないのが現状だが、地域の学校の体験学習に活用されたり、地元住民を対象にした休日のイベントも行われる。みちのく北方漁船博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 青い森信用金庫

    青い森信用金庫から見たみちのく銀行みちのく銀行

    2010年4月5日 - みちのく銀行とのATM出金手数料無料提携を開始。青い森信用金庫 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田市駅

    十和田市駅から見たみちのく銀行みちのく銀行

    みちのく銀行十鉄駅ビル支店十和田市駅 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
137件中 1 - 10件表示

「みちのく銀行」のニューストピックワード