130件中 31 - 40件表示
  • 青森貯蓄銀行

    青森貯蓄銀行から見たみちのく銀行みちのく銀行

    青森貯蓄銀行 フレッシュアイペディアより)

  • イオン十和田ショッピングセンター

    イオン十和田ショッピングセンターから見たみちのく銀行みちのく銀行

    みちのく銀行穂並支店イオンスーパーセンター十和田店出張所イオン十和田ショッピングセンター フレッシュアイペディアより)

  • 貯蓄銀行

    貯蓄銀行から見たみちのく銀行みちのく銀行

    1943年に普通銀行の貯蓄銀行業務兼業が認められると普通銀行への吸収合併が進んだ。第二次世界大戦の戦時体制下では大手貯蓄銀行9行が日本貯蓄銀行として合併したが、これも戦後に普通銀行へ転換して協和銀行(現在のりそな銀行)となった。1949年1月に青森貯蓄銀行が普通銀行「青和銀行」へ転換(現在のみちのく銀行)したのを最後に貯蓄銀行はなくなった。この結果、日本の貯蓄金融機関は郵便貯金のみとなった。郵便貯金は世界貯蓄銀行協会(WSBI)にも加盟する世界最大の貯蓄銀行であったが、2007年に行われた郵政民営化によるゆうちょ銀行の発足により消滅した。貯蓄銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 樋口喜輔

    樋口喜輔から見たみちのく銀行みちのく銀行

    大正10年青森貯蓄銀行(のち,みちのく銀行)を設立,頭取となる。他に、第五十九銀行監査役,青森電灯取締役などもつとめた。樋口喜輔 フレッシュアイペディアより)

  • 津軽百年食堂

    津軽百年食堂から見たみちのく銀行みちのく銀行

    協賛:弘前市、八戸市、黒石市、青森銀行、みちのく銀行、アサヒビール、日立国際電気、ユニー津軽百年食堂 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田記念庭園

    藤田記念庭園から見たみちのく銀行みちのく銀行

    当園は藤田の私邸として整備されたものであるが、藤田の死後、弘前相互銀行(現:みちのく銀行)頭取だった唐牛敏世に譲渡され「弘前相互銀行倶楽部」(のちに「みちのく銀行倶楽部」)として開放されてきた。しかし、1979年(昭和54年)に唐牛が亡くなり、その後はほぼ放置状態となっていたものを、1987年(昭和62年)に市制施行百周年記念事業の一環として弘前市が買収して復元整備し、1991年(平成3年)に開園した。建築物も見学可能で、うち洋館は喫茶室のほか50人収容のホールや小会議室の貸しスペースとして利用されており、倉庫(考古館)は砂沢遺跡出土品(国の重要文化財)をはじめ、弘前市内の遺跡出土品を中心とした考古資料を展示している。藤田記念庭園 フレッシュアイペディアより)

  • セントラルファイナンス青森

    セントラルファイナンス青森から見たみちのく銀行みちのく銀行

    1978年11月にみちのく銀行からの要請を受け、株式会社セントラルファイナンス(CF)青森営業所から営業譲受をすることによって設立された。以後、青森県においてクレジットカードやショッピングクレジットなどの主要商品の基幹システムを提供するなど親密且つ有効な関係にあった(サービスの内容はCFに準ずる)。セントラルファイナンス青森 フレッシュアイペディアより)

  • 日本原燃

    日本原燃から見たみちのく銀行みちのく銀行

    当初は青森市に本社を置いたが、現本社は工場に隣接した青森県上北郡六ヶ所村にある。青森県に本社を置く最大の企業であり、資本金で比較すれば、資本金4000億円は2位のみちのく銀行の11.7倍である。2011年度末の総資産は2兆8311億円で、主な負債は再処理料金前受金6539億円、長期借入金8023億円と報告されている。日本原燃 フレッシュアイペディアより)

  • みちのくカード

    みちのくカードから見たみちのく銀行みちのく銀行

    みちのくカード株式会社は、株式会社みちのく銀行の持分法適用関連会社で、クレジットカード会社である。みちのくカード フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2014年11月

    訃報 2014年11月から見たみちのく銀行みちのく銀行

    11月11日 - 増田孝介、日本の銀行家、元みちのく銀行頭取(* 1935年)訃報 2014年11月 フレッシュアイペディアより)

130件中 31 - 40件表示

「みちのく銀行」のニューストピックワード