137件中 41 - 50件表示
  • 桜川 (青森市)

    桜川 (青森市)から見たみちのく銀行みちのく銀行

    桜川団地は1960年代前半に造成された団地である。移住者は青森市中心部に住んでいた人が中心であり、かつては高級住宅街であった。当時は商店も多く人で賑わっていたが、今は寂れていて静かな住宅街となっている。少子化も影響し、当時は子供達の多かった公園の様子も変化してしまった。最近は2001年に亀屋食彩館桜川店も閉鎖し、特に北部では商店が少なくなった感がある。地区の賑わいこそ薄れたが、地区の中を走る桜川通りの桜の街路樹の素晴らしさは今なお色あせることはない。駒込川を挟んで対岸の隣の松森地区には青森テレビと青森放送があるため、青森テレビや青森放送の屋上カメラから映されることもしばしばである。なお、リバーサイド桜川やみちのく銀行桜川支店は桜川地区になく、近くの松原、奥野地区にあるにもかかわらず、言葉がいいためか桜川の名称を用いている。桜川の語源は現在伝えられる話では「殿様を出迎えるため、川岸に桜を植えたから」という風に言われている。だが、現在の桜は団地形成の時に植えられたものである。桜川 (青森市) フレッシュアイペディアより)

  • ジャスコシティ黒石

    ジャスコシティ黒石から見たみちのく銀行みちのく銀行

    みちのく銀行黒石支店ジャスコ黒石店出張所ジャスコシティ黒石 フレッシュアイペディアより)

  • ショッピングタウンアクロス能代

    ショッピングタウンアクロス能代から見たみちのく銀行みちのく銀行

    みちのく銀行能代支店アクロス能代出張所 【営業時間 平日10:00 - 20:00、土・日・祝祭日10:00 - 17:00】ショッピングタウンアクロス能代 フレッシュアイペディアより)

  • アプリーズ

    アプリーズから見たみちのく銀行みちのく銀行

    みちのく銀行弘前営業部/青い森信用金庫弘前駅前支店 アプリーズ共同出張所(みち銀幹事)アプリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 弘南バス弘前営業所

    弘南バス弘前営業所から見たみちのく銀行みちのく銀行

    下土手町では、ミニバス時代からの名残で、バス停2(旧・一番町ハイローザ前)に停車していたが、2008年12月1日より他の宮園方面の路線(「宮園団地線」「岩賀線」)と同様に、バス停1(みちのく銀行前)への停車に変更し、運行本数を5.5往復から2.5往復に減便する。弘南バス弘前営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県民駅伝競走大会

    青森県民駅伝競走大会から見たみちのく銀行みちのく銀行

    番組タイトルには「みちのく銀行スペシャル」の冠が付く(2006年は「みちのく銀行30周年スペシャル」として放送)。みちのく銀行は第1回から大会や中継に全面協力している(ナンバーカードのスポンサーでもある)。 なお、以前はみちのく銀行の単独提供だったが、その後は同社の関連会社などが加わった複数社提供に変わっている。番組内で流れるみちのく銀行の企業イメージCM(東日本縦断駅伝などのスポーツを取り上げたもの)は、1993年の放送開始以来流れている。青森県民駅伝競走大会 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀谷武夫

    加賀谷武夫から見たみちのく銀行みちのく銀行

    頭取在任時は、ビジネス商談会を軌道に乗せ、エリアサポートチームを新設したほか、みちのく銀行、荘内銀行、東北銀行と債権流動化で提携をむすんだ。さらに、勘定系システムを自営からPROBANKシステムに切り替える施策も講じた。 加賀谷武夫 フレッシュアイペディアより)

  • 北日本財務

    北日本財務から見たみちのく銀行みちのく銀行

    北日本財務 フレッシュアイペディアより)

  • 増田孝介

    増田孝介から見たみちのく銀行みちのく銀行

    増田孝介(ますだ こうすけ、1935年(昭和10年)3月11日 - )は、日本の銀行家。元みちのく銀行頭取。増田孝介 フレッシュアイペディアより)

  • 原田和夫

    原田和夫から見たみちのく銀行みちのく銀行

    原田和夫(はらだ かずお、1937年(昭和12年)11月15日 - )は、日本の銀行家。元みちのく銀行頭取。原田和夫 フレッシュアイペディアより)

137件中 41 - 50件表示

「みちのく銀行」のニューストピックワード