130件中 51 - 60件表示
  • 杉本康雄

    杉本康雄から見た弘前相互銀行みちのく銀行

    1969年(昭和44年) - 高崎経済大学経済学部卒業後、弘前相互銀行(現・みちのく銀行)入行杉本康雄 フレッシュアイペディアより)

  • 青森中央短期大学

    青森中央短期大学から見たみちのく銀行みちのく銀行

    経営情報学科:青森銀行・みちのく銀行・日本生命保険・日本興亜損害保険・角弘・三菱ふそうトラック・バス・積水ハウスなど一般企業への就職が多かった。青森中央短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 青森市立浦町中学校

    青森市立浦町中学校から見たみちのく銀行みちのく銀行

    学区内は青森市中心市街地の東を占める(西は青森市立南中学校の学区)。青森銀行・みちのく銀行の本店が所在する。寺山修司の青森市時代の居住地も学区内である。青森市立浦町中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 十和田北線

    十和田北線から見たみちのく銀行みちのく銀行

    青森駅 - 新町二丁目 - NTT青森支店前(国道103号沿い) - みちのく銀行本店前 - サンロード青森前 - 妙見 - 津軽横内 - 浄水場入口 - 青森公立大学 - 雲谷 - モヤ高原 - モヤヒルズ十和田北線 フレッシュアイペディアより)

  • 青森短期大学

    青森短期大学から見たみちのく銀行みちのく銀行

    ビジネス専攻:みずほ銀行・青森銀行・みちのく銀行・すかいらーく・セコム・セノン・カネボウ化粧品ほか一般企業への就職者が多いものとなっていた。青森短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県民駅伝競走大会

    青森県民駅伝競走大会から見たみちのく銀行みちのく銀行

    番組タイトルには「みちのく銀行スペシャル」の冠が付く(2006年は「みちのく銀行30周年スペシャル」として、2016年は「みちのく銀行40周年スペシャル」として放送)。みちのく銀行は第1回から大会や中継に全面協力している(ナンバーカードのスポンサーでもある)。 なお、以前はみちのく銀行の単独提供だったが、その後は同社の関連会社などが加わった複数社提供に変わっている。かつては番組内で流れるみちのく銀行の企業イメージCM(東日本縦断駅伝などのスポーツを取り上げたもの)が、1993年の放送開始以来流れていた。青森県民駅伝競走大会 フレッシュアイペディアより)

  • セントラルファイナンス

    セントラルファイナンスから見たみちのく銀行みちのく銀行

    2007年には青森県での営業拠点であった持分法適用関連会社の「セントラルファイナンス青森」(みちのく銀行の親密企業)から信販事業部門を譲り受けて事業統合。また同年には、MUFGを離脱し第三者割当増資により三井住友フィナンシャルグループ (SMFG)および三井物産資本下の総合信販として再出発する方針を公表。株式移転等を経て、2009年4月1日に株式会社クオークと共に株式会社オーエムシーカード(同時に株式会社セディナに社名変更)へ吸収合併され解散した。セントラルファイナンス フレッシュアイペディアより)

  • 増田孝介

    増田孝介から見たみちのく銀行みちのく銀行

    増田 孝介(ますだ こうすけ、1935年(昭和10年)3月11日 - 2014年(平成26年)11月11日)は、日本の銀行家。元みちのく銀行頭取。増田孝介 フレッシュアイペディアより)

  • マルエス主婦の店

    マルエス主婦の店から見たみちのく銀行みちのく銀行

    アップルツー(Apple two) - 亀ノ甲町(亀甲町)に所在していたショッピングセンター。2階建てで、1階にはスーパー「マルエス」のほか鮮魚店、精肉店、神戸屋、ナチュラルハウス、ラグノオ、菊池薬店、生花店などの専門店も入っており、2階には文具・雑貨の「MILK PAN」(ミルクパン)やゲームコーナーがあった。かつては1階に軽食店、2階に喫茶店もあった。2009年7月、みちのく銀行亀甲町支店を除く、店舗部分のみ解体された。マルエス主婦の店 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸銀行

    北陸銀行から見たみちのく銀行みちのく銀行

    4月 - 函館地区において北海道銀行との共同業務(メール便、現金業務)にみちのく銀行が参加。北陸銀行 フレッシュアイペディアより)

130件中 51 - 60件表示

「みちのく銀行」のニューストピックワード