前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示
  • シンガポール法

    シンガポール法から見た鞭打ち鞭打ち

    イギリスの統治下でのシンガポールにおいて制定された国内治安法(Internal Security Act)(Cap. 143)(一定の状況においては裁判所の審理なしでの拘禁を授権するもの)や結社法(Societies Act)(Cap. 311)(団体の設立について規制するもの)などがある。)などの法律は、今でも法令集に掲載されており、身体刑も死刑も依然として用いられている。シンガポール法 フレッシュアイペディアより)

  • 拷問

    拷問から見た鞭打ち鞭打ち

    暴行 - 鞭打ち、水責め、指締め、火責め、焼きゴテ、など肉体の一部・全体・内外を破壊損傷させる。拷問 フレッシュアイペディアより)

  • 逃亡奴隷

    逃亡奴隷から見た鞭打ち鞭打ち

    奴隷は主人の私有財産とみなされていたため、奴隷が逃亡することは本人から見れば「自力による奴隷解放」行為であり、主人側から見れば奴隷の従順義務に反し、なおかつ自己の財産権の侵奪に当たることとされた。また、プランテーションに代表される大勢の人間の労働力を必要とされる生産経営には、奴隷は不可欠な存在であると考えられ、その逃亡はその経営基盤の破壊につながるとともに、反乱などの発生も危惧された。このため、奴隷法の基本は、逃亡をいかにして防止するかに重点が置かれ、鞭打ちや烙印のみならず、劓のような残虐な刑罰を科される例もあった。逃亡奴隷 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・スリフト

    ジョン・スリフトから見た鞭打ち刑鞭打ち

    1744年に浮浪者取締法が施行されるとロンドンにいた多数の浮浪者へ鞭打ち刑を執行ジョン・スリフト フレッシュアイペディアより)

  • イスラーム世界の性文化

    イスラーム世界の性文化から見た鞭打ち鞭打ち

    ハディースには、ムハンマドが婚外セックスを行った男女に対して、未婚のものは鞭打ち、既婚者は石打ちによる死刑を行ったことが記されているとされる。イスラーム世界の性文化 フレッシュアイペディアより)

  • 月狂条例

    月狂条例から見た鞭打ち鞭打ち

    しかし、収監された人間に対しては、法律が制定された当時は精神医学が未発達だったこともあり、狂気が治るまで鞭打ちを続けたり、頭に電流を流したり、満月の日には狂気が酷くなると言う迷信によって満月の日に患者全員を柱に縛りつけたりするなど、現代の基準から見て虐待にしか見えない行為も行われてきた。月狂条例 フレッシュアイペディアより)

  • グスタフ3世 (スウェーデン王)

    グスタフ3世 (スウェーデン王)から見た鞭打ち鞭打ち

    暗殺の裏には貴族らからの反発があった。グスタフ3世は国の大きな柱にした軍隊にかかる費用をまかなうために貴族らに増税を強制していた。暗殺の黒幕として、フレデリック・アクセル・フォン・フェルセン侯爵(ハンス・アクセル・フォン・フェルセンの父)が噂されたが定かではない。実行犯ヤコブ・ヨハン・アンカーストレム伯爵は地所と特権剥奪の上、3日間鞭打ちを受け、右手を切断された上で4月27日に斬首刑に処せられた。グスタフ3世 (スウェーデン王) フレッシュアイペディアより)

  • マルティアリス

    マルティアリスから見た鞭打ち鞭打ち

    マルティアリスは、ローマ社会の奴隷への虐待についても触れている。彼は些細な間違いでコックを鞭打つルーファスという男をたしなめる。マルティアリス フレッシュアイペディアより)

  • 木馬責め

    木馬責めから見た鞭打ち鞭打ち

    武家の家では馬具を載せておく木製の台を備えていた。鞍を載せておくので馬の胴の恰好をしたもので木材を組合わせて作ってある。その背の部分に人を跨らせて股間に苦痛を与え、折檻や尋問に使った。戦国時代の頃から拷問の一種として使われていたのは確実だが、背をわざわざ尖らせたものが用いられたわけではない。角材を組み合わせた荒い造りの結果として尖った部分が背になったとも考えられる。三角形の背だけではなく、5ミリから5センチ程度の幅のある背や丸みをつけた背もあったと考えられる。もともと木馬で責苦を与えると同時に、身体を打ちやすいように固定する目的もあった。両腕を緊縛したうえ木馬に載せられると余り身体を動かせなくなる姿勢となるからである。また江戸時代の公事方御定書には笞打ち、石抱き、海老責、吊り責めが公認の拷問となっており木馬責は私刑や諸藩に於ける拷問などに用いられたと考えられる。木馬責め フレッシュアイペディアより)

  • ジャマイカ事件

    ジャマイカ事件から見た鞭打ち刑鞭打ち

    総督エドワード・エア(Edward Eyre)は武装に乏しい反乱軍を追い詰め、ポール・ボーグルをモラント・ベイで裁判にかけるために政府軍を派遣した。軍隊は組織的な抵抗に遭遇しなかったが無差別に黒人を虐殺し、そのうちの多くはこうした暴動や反乱に関与していなかった。ある兵士の証言によると、「我々は我々の前にいるすべてを殺戮していった…男であれ女であれ、子供であれ」とのことである。最終的に、439人の黒人ジャマイカ人が直接兵士達に殺害され、ポール・ボーグルを含む354人が逮捕され、その後処刑された。その中には公正な裁判によらないものも含まれている。その他の懲罰処置には600人の(妊婦を含む)黒人男女への鞭打ち刑と、長期にわたる収監が含まれていた。ジャマイカ事件 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示