61件中 11 - 20件表示
  • スタディオン走

    スタディオン走から見た鞭打ち鞭打ち

    競技では当初は褌のようなものを着用していたが、のちに全裸で行うようになった。出場できるのは男子選手のみだった。抽選でスタート位置を決めたのち、ラッパや掛け声などを合図にスタートした。多くの場合、選手たちはスタートラインに敷かれた石のスターティングブロックの2つの溝に両足のつま先をかけ、腕を前に伸ばした形のスタンディングスタートで位置についた。 フライングをした選手には鞭打ちのペナルティが与えられた。スタディオン走 フレッシュアイペディアより)

  • 乳房縛り

    乳房縛りから見た鞭打ち鞭打ち

    鞭打ち、定規のような平板での打ち据え、クリップや洗濯バサミによる挟み責め、洗濯ばさみ責め、竹や棒で突く、筆で撫でる(乳房筆責め図)などが一般的である。乳房縛り フレッシュアイペディアより)

  • 海賊法

    海賊法から見た鞭打ち刑鞭打ち

    海賊の中でも比較的罪の軽い物は鞭打ち刑が執行され処刑ドックから少し離れた場所にある鞭打桟橋(Wapping New Stairs)で執行されていた。海賊法 フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・ビジェ

    モハメド・ビジェから見た鞭打ち鞭打ち

    モハメド・ビジェ( 、、1975年2月7日 ? 2005年3月16日)は、イランの連続殺人犯。裁判において彼は2004年3月から9月にかけて16人の少年をレイプした上で殺害したと述べており、鞭打ち100回の刑の後に死刑に処せられる判決が下された。その後の調査で少年たちは8歳から15歳の間の年齢であり、大人も2人含まれていることが判明した。モハメド・ビジェ フレッシュアイペディアより)

  • カミザールの乱

    カミザールの乱から見た鞭打ち鞭打ち

    セヴェンヌを含むラングドック総督を1685年から務めていたニコラ・ド・ラモワニョン・ド・バヴィルはこうした事態に対処すべくプロテスタント弾圧を遂行し続け、ガレー船に収容したり火刑、鞭打ちなど容赦無く任務を遂行していった。1698年に説教者で民衆から慕われていたクロード・ブルソンが逮捕・処刑され、1700年にはプロテスタントの詩篇をカトリック聖堂前で唱えた子供達が逮捕され、投獄されたりガレー船に送られると民衆の不満は高まり、予言者が増加して説教を続け、総督側による弾圧が繰り返される悪循環に陥った。カミザールの乱 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・サウジー

    ロバート・サウジーから見た鞭打ち鞭打ち

    ロバート・サウジーは、イングランドのブリストル、Wine Streetに生まれた。父親はトーマス・サウジー、母親はマーガレット・ヒル。ロンドンのウェストミンスター・スクールで学ぶが、鞭打ちを非難する『The Flagellant(鞭打ち)』という記事を雑誌に書いたため退学させられた。それからオックスフォード大学ベリオール・カレッジに進んだ。在学中のことについて、サウジーは後に「私がそこで学んだことといえば、泳ぎをちょっと……あとボート漕ぎもちょっと」と後になって語っている。コールリッジをパートナーに試作をした後、1794年にサウジーは最初の詩集を出版した。ロバート・サウジー フレッシュアイペディアより)

  • 近世イギリス海軍の食生活

    近世イギリス海軍の食生活から見た鞭打ち鞭打ち

    結果、乗員はしばしば泥酔し、鞭打ちの刑を受ける羽目になった。近世イギリス海軍の食生活 フレッシュアイペディアより)

  • ワマン・ポマ

    ワマン・ポマから見た鞭打ち鞭打ち

    1590年後半、ワマン・ポマの父親、ワマン・マルキがこの程死去するが、マルキが所有していた土地が財産継承者であるポマの不在を理由にスペイン人ドミンゴ・ヤウレスに明け渡されるという事件が発生した。これに対しポマは1597年に土地の所有権と受益権の返還を求める訴訟を起こしたが、これに敗訴。1600年12月、虚言を弄し、土地を搾取しようとしたとしてポマに対し鞭打ち200回、2年間のワマンガ市追放及び罰金200ペソの支払いが言い渡された。この時の事をポマは作品上で「本来、インディオの権益を守るべき立場にあるはずの地方官吏はその役割を果たそうとしていない」として激しく非難している。この事件をきっかけとしてポマはスペイン人支配下でインディオがどれほどもがき苦しんでいるかを後世に伝える為、これらの出来事を体験し、記録する為に放浪の旅に出ることを決意した。ワマン・ポマ フレッシュアイペディアより)

  • ダッハウ強制収容所

    ダッハウ強制収容所から見た鞭打ち鞭打ち

    アイケは収容者への罰則を体系化するために1933年10月1日に収容所規則を制定した。後にあらゆる強制収容所の罰則として導入された25回鞭打ちの刑、段階別の禁固刑、減食刑、死刑などの罰則が定められた。政治的扇動やデマ、破壊活動、反逆的行為、脱走、看守への暴行の際に死刑が執行されると定めた。ダッハウ強制収容所 フレッシュアイペディアより)

  • カスバート・コリングウッド

    カスバート・コリングウッドから見た鞭打ち鞭打ち

    コリングウッドの軍人としての評価はさまざまである。一般的にはネルソンのような天才的ひらめきと英雄的熱狂は持っていないが、操船技術や戦略的思考ではひけをとらない人物と評されることが多い。また政治、外交、さらには商業に関する見識は高く評価されている。彼には強制徴募や鞭打ちに反対する寛容な面もあり、水兵たちには「ファザー」と呼ばれていた。ネルソンとコリングウッドには出会ってからトラファルガーまで常に親交があり、セント・ポール大聖堂では隣り合った棺に納められている。なおコリングウッドは嫡男を残さなかったため、コリングウッド男爵位は1代で消滅した。カスバート・コリングウッド フレッシュアイペディアより)

61件中 11 - 20件表示