83件中 21 - 30件表示
  • イスラーム世界の性文化

    イスラーム世界の性文化から見た鞭打ち鞭打ち

    ハディースには、ムハンマドが婚外セックスを行った男女に対して、未婚のものは鞭打ち、既婚者は石打ちによる死刑を行ったことが記されているとされる。イスラーム世界の性文化 フレッシュアイペディアより)

  • ジャマイカ事件

    ジャマイカ事件から見た鞭打ち刑鞭打ち

    総督エドワード・エアは武装に乏しい反乱軍を追い詰め、ポール・ボーグルをモラント・ベイで裁判にかけるために政府軍を派遣した。軍隊は組織的な抵抗に遭遇しなかったが無差別に黒人を虐殺し、そのうちの多くはこうした暴動や反乱に関与していなかった。ある兵士の証言によると、「我々は我々の前にいるすべてを殺戮していった…男であれ女であれ、子供であれ」とのことである。最終的に、439人の黒人ジャマイカ人が直接兵士達に殺害され、ボーグルを含む354人が逮捕され、その後処刑された。その中には公正な裁判によらないものも含まれている。その他の懲罰処置には600人の(妊婦を含む)黒人男女への鞭打ち刑と、長期にわたる収監が含まれていた。ジャマイカ事件 フレッシュアイペディアより)

  • カミザールの乱

    カミザールの乱から見た鞭打ち鞭打ち

    セヴェンヌを含むラングドック総督を1685年から務めていたニコラ・ド・ラモワニョン・ド・バヴィルはこうした事態に対処すべくプロテスタント弾圧を遂行し続け、ガレー船に収容したり火刑、鞭打ちなど容赦無く任務を遂行していった。1698年に説教者で民衆から慕われていたクロード・ブルソンが逮捕・処刑され、1700年にはプロテスタントの詩篇をカトリック聖堂前で唱えた子供達が逮捕され、投獄されたりガレー船に送られると民衆の不満は高まり、予言者が増加して説教を続け、総督側による弾圧が繰り返される悪循環に陥った。カミザールの乱 フレッシュアイペディアより)

  • カンディード

    カンディードから見た鞭打ち鞭打ち

    騙されてブルガリア連隊に編入させられたカンディードは、脱走を試みて捕まり、連隊中の兵士から鞭打ちの刑罰を喰らう。ブルガリア(プロイセンのアレゴリー)とアバリア(フランスのアレゴリー)との合戦の際、戦闘の混乱に紛れて再び逃げ出したカンディードは、戦場の至る所で、両軍の兵士により虐殺された市民の死体を目にする。血まみれの乳房を子どもにふくませたまま死んでいく女性や、陵辱後に腹を裂かれて死んでいく娘たちを見る。カンディード フレッシュアイペディアより)

  • カウボーイ

    カウボーイから見た鞭打ち鞭打ち

    ウィッピング(鞭打ちカウボーイ フレッシュアイペディアより)

  • イギリスの死体盗掘人

    イギリスの死体盗掘人から見た鞭打ち鞭打ち

    18世紀のイギリスでどれほどの解剖が行われていたのか確かな数字は分からないが、死体泥棒がどれほどの規模で横行していたかは推測することができる。リチャードソンは、国中で毎年数千体の遺体が盗み出されていたと示唆している。1828年の特別調査委員会は、1826年に701人の学生によって592体が解剖されたことを報告している。ところが5年後の1831年では、死刑1,601件の内52件のみが解剖されたと報告されており、この数字はどう考えても需要に全く見合っていない。遺体は財産とは見なされず、誰かに所有されたり、「盗まれたり」するものではなかったため、死体泥棒はほとんど合法のような扱いをされ、立件の際も、遺体より墓石荒らしの方を理由とするほどだった。死体盗掘人が捕まることはなかなか無く、そういった時には、公開鞭打ち刑を受けたり、風俗を乱した罪で有罪とされたりしたが、多くの場合当局は「公然の秘密」として野放しにしていた。1827年にグレート・ヤーマスで起きた死体盗掘人逮捕は、数少ない例外のひとつとして有名である。当時盗人は流罪にされるのが常であったが、2人の死体盗掘人は船から降ろされ、3人目はロンドンでの審理へ送られた後、6ヶ月収監されただけで終わった。死体盗掘人たちには遺体解剖で助けられている面もあったが、これは解剖の過程で証拠が隠滅され、確実な刑事訴追を難しくするという側面があったためである。イギリスの死体盗掘人 フレッシュアイペディアより)

  • イスラム教における飲酒

    イスラム教における飲酒から見た鞭打ち鞭打ち

    ただし、シャリーアに基づく自治を認められているアチェ州は例外であり、酒の販売は禁じられている。シャリーアは元来ムスリムのみが対象であったため、ムスリム以外が酒を販売することは許されていたが、2015年以降はシャリーアがムスリム以外にも適用されるようになったため、キリスト教徒が酒を販売したとして、鞭打ちに処される事例もある。イスラム教における飲酒 フレッシュアイペディアより)

  • トウ

    トウから見た鞭打ち刑鞭打ち

    thumb|left|籐の椅子籐は曲げに強く、丈夫な素材であるため、様々な用途に利用されている。細く切ったものを編んで家具や籠とするほか、樽板や輻、ステッキ、鞭などにも使用される。籐製の鞭はシンガポールやマレーシアなどで行われている鞭打ち刑や武術などで使用されている。熱気球のゴンドラ(バスケット)は現在においても籐をベースとしたものが主流である。トウ フレッシュアイペディアより)

  • 海軍特別警察隊

    海軍特別警察隊から見た鞭打ち鞭打ち

    現地人による日本軍に関する言動の弾圧など、様々な治安情報の収集を行い、現地人社会にスパイを潜入させて内偵するなどの手段も用いた。逮捕したスパイ容疑者に対して、鞭打ちなどの拷問を加えた例もある。民政部指揮下の現地警察が、特警隊に協力して軍律違反事件の捜査を行うこともあった。特警隊の捜査の結果を基に、軍法会議・軍律会議での訴追が行われた。起訴の有無は、事実上は特警隊の捜査調書によって決まっていた。海軍特別警察隊 フレッシュアイペディアより)

  • スタディオン走

    スタディオン走から見た鞭打ち鞭打ち

    競技では当初は褌のようなものを着用していたが、のちに全裸で行うようになった。出場できるのは男子選手のみだった。抽選でスタート位置を決めたのち、ラッパや掛け声などを合図にスタートした。多くの場合、選手たちはスタートラインに敷かれた石のスターティングブロックの2つの溝に両足のつま先をかけ、腕を前に伸ばした形のスタンディングスタートで位置についた。 フライングをした選手には鞭打ちのペナルティが与えられた。スタディオン走 フレッシュアイペディアより)

83件中 21 - 30件表示

「むち打ち刑」のニューストピックワード