83件中 31 - 40件表示
  • ハッド刑

    ハッド刑から見た鞭打ち鞭打ち

    クルアーン第24章2節を根拠として婚外セックス(ズィナー)を行った男女に対する鞭打ちハッド刑 フレッシュアイペディアより)

  • 死六臣

    死六臣から見た鞭打ち鞭打ち

    この頃、明で起きた奪門の変の影響で、端宗の上王が廃位され、魯山君に封じられたのちに庶人へ落とされた。これにより、錦城大君や世宗によって集賢殿に抜擢された学者・政治家であり、文宗から幼い端宗を補佐するよう遺命を受けていた成三問らは、端宗の復位を図って同志を募った。しかし世祖を殺害して復位を実現しようとする計画は成三問らと共に行動するはずであった金礩の裏切りと密告によって発覚し、関与した者たちは世祖に捕らえられた。死六臣を含め、捕らえられた者は鞭打ちの拷問の後、凌遅刑(牛を用いた八つ裂きの刑)などで処刑された。このとき処刑された者は成三問の父である成勝なども含め70余名に上る。死六臣 フレッシュアイペディアより)

  • 琉球競馬

    琉球競馬から見た鞭打ち鞭打ち

    明治になると馬が農作業に用いられ、沖縄本島では農民も士族同様に乗馬が行えるようになっていた。しかし宮古は他の地方とは違って、1873年(明治6年)の富川親方規模帳(琉球王府高官の布告)により、依然として農民は乗馬や競馬を禁じられ、禁を犯すとムチ打ち刑となるため、農民による琉球競馬は行われていなかった。琉球競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 会議は踊る

    会議は踊るから見た鞭打ち刑鞭打ち

    ヨーロッパ各国の首脳がウィーンに集ってくる。手袋屋の娘クリステルは彼らが着くたびに、観覧席から「ウィーンで最高の手袋は羊飼いの娘のマークの当店で!」という広告付きの薔薇の花束を投げる。会議の主催者メッテルニヒ宰相は盗聴し、手紙を盗み読みして様子を探っている。宰相が禁じたにもかかわらず、ロシア皇帝アレクサンドル1世の馬車にも投げ、皇帝に命中し、爆弾騒ぎとなり、捕えられ鞭打ち刑を執行されることに。寸前、事情を知ったアレクサンドルが仕置場に現われ、クリステルの恩赦を求める。2人は気持ちが通じ、その夜は郊外の居酒屋で、店の歌手が歌う「新しい酒の歌」にグラスをあげる。チップに出した金貨に同じ顔が刻印されていたので相手が皇帝と分かり、畏れ多いといいながらも楽隊が「軍隊行進曲」を演奏する中、楽しく帰る。皇帝が出席するはずのオペラ劇場には瓜二つの替玉ウラルスキーが行って「ダッタン人の踊り」を観賞しながら、隣席の伯爵夫人に色目を使う。会議は踊る フレッシュアイペディアより)

  • 死刑執行人

    死刑執行人から見た鞭打ち刑鞭打ち

    死刑執行人は裁判所の死刑判決などを受けて死刑執行を行う者(通常は公務員の一種)である。執行する刑罰は死刑だけでなく鞭打ち刑などの身体刑が行われている国では身体刑の執行も行う。死刑執行人 フレッシュアイペディアより)

  • ソロモン・ノーサップ

    ソロモン・ノーサップから見た鞭打ち鞭打ち

    ティビッツの管理下で、ノーサップは残酷で衝動的な扱われ方に苦しんだ。彼はフォードの農園でノーサップを使い、完璧な建築が出来るよう自分の仕事を手伝わせた。ある時には、ノーサップが使う釘が気に入らないという理由で、彼を鞭打ったこともあったが、この時ノーサップは彼の背後に回り込み、逆にティビッツをひどく殴りつけた。激怒したティビッツは、2人の友人を誘ってノーサップにリンチを仕掛け、彼を吊したが、この行為は奴隷の主人へ法律的に許可されていたものだった。フォードの農園の監督者であるチェイピンが現れ、ティビッツにフォードへの借金を思い出させ、銃で脅して追い払ったことから、ノーサップは殺されずに住んだが、彼はフォードが帰宅し縄を切るまで、首つり縄で吊されたまま放置された。ノーサップは、ティビッツの借金が彼の命を救ったのだと考えていた。歴史学者のは、ノーサップは恐らくティビッツが購入した初めての奴隷で、これが移動労働者から地所持ちの主人になる過渡期を決定づけたのだろうと示唆している。ソロモン・ノーサップ フレッシュアイペディアより)

  • 鞭

    から見た鞭打ち鞭打ち

    唐以降の中国などで用いられた、竹、木、金属など材質や長さがさまざまな警棒状の武器及び捕具。鉄で出来た物は鉄鞭、それ以外は硬鞭(こうべん)という。日本の十手も同種。柄となる部分以外には、威力を増すために竹のような節などが付けられている。中国の刑罰で鞭打ちとあった場合、ひも状のムチではなく、棒状のムチを指す。成人男性が全力で殴りつけるので、刑の途中で死亡するものもいるほどであった(※→関連項目捕具、捕具、ケイン (鞭)、笞刑、鞭打ちなど)。 フレッシュアイペディアより)

  • LGBTの人々に対する暴力

    LGBTの人々に対する暴力から見た鞭打ち鞭打ち

    サウジアラビア - 同性愛者への極刑は執行されているが、同性愛者がLGBTの社会運動に従事して国家の権威に異議を唱えていない限り、政府は他の罰(罰金、懲役刑および鞭打ち)を使用する傾向がある。LGBTの人々に対する暴力 フレッシュアイペディアより)

  • ズィナー

    ズィナーから見た鞭打ち鞭打ち

    サウジアラビアでは石打ちが行われていると言われることがあるが、ワッハーブ派の解釈ではハディースの記述を採用していないため、石打ちは法定刑罰としては存在していない。このため、ズィナーの罪に対しては銃殺刑・斬首刑・絞首刑のどれかが科されることになっているが、男性の場合は「女性に誘惑された」などの言い逃れの手段があるので、実際にこれらのやりかたで処刑されるのは女性のほうが多く、男性は鞭打ち100回で済まされることも多い。レイプの場合でも、男性が言い逃れしたため女性のみ死刑という事例が存在する。ただしこれも、相手の女性を支配する男性親族と女性とセックスした相手の男性の地位の差や、男性がムスリムなのか否かにより違いがある。ズィナー フレッシュアイペディアより)

  • アチェ州

    アチェ州から見た鞭打ち鞭打ち

    2015年以降は、シャリーアの対象がムスリム以外にも適用されるようになっており、キリスト教徒が酒を販売したとして、鞭打ちに処されたこともある。アチェ州 フレッシュアイペディアより)

83件中 31 - 40件表示

「むち打ち刑」のニューストピックワード