83件中 41 - 50件表示
  • 近江天保一揆

    近江天保一揆から見た鞭打ち鞭打ち

    関源之進・戸田嘉十郎他3名が大津代官所に着任後の12月16日(1943年1月16日)、捕縛者は大津代官所に移送された。幕府は関等の派遣にあたり農民が騒いだ時は鉄砲で撃ち殺せとまで申し渡していた。大津においても鞭打ち・海老責・算盤責・木馬責・釣責などあらゆる拷問が加えられた。天保14年1月(1943年2月)には野洲郡・栗太郡・甲賀郡・仁保川筋の500余村に対して宗門人別帳を提出させ、各村より庄屋1名・年寄り1名・百姓3名を召還し、数万人を超える農民が尋問を受け、千余人の一揆参加者が捕縛された。千余人の入牢者を抱えた大津代官所では牢獄が足りず急遽牢を増築したが、獄中で絶命した者が続出し、記録されているだけで40余名が獄死した。近江天保一揆 フレッシュアイペディアより)

  • シークレット・ドクトリン

    シークレット・ドクトリンから見た鞭打ち鞭打ち

    タネ本である『ジャーンの書』はKiu-te(rGyud-sde、チベット語で「タントラ部」)というチベット仏教タントラであるという意見もあり、また当時の西欧で流布していたさまざまな仏教の知識や文献の寄せ集めにすぎないとも言われている。当時鎖国していたチベットでスパイ活動をしたチャンドラ・ダースがチベットの経典類を大量に持ち出しており、ヘンリー・スティール・オルコットはダースに面会してこれを見ていた。人類学者の杉本良男は『ジャーンの書』が実在するにしてもしないにしても、『シークレット・ドクトリン』の背景に間諜ダースの働きがあったのは間違いないようであると述べている。ダースに経典類を渡したとしてチベットの高官センチェン・トゥルクは公開鞭打ちの上流刑になり、チベットの鎖国は一層強化された。シークレット・ドクトリン フレッシュアイペディアより)

  • 落書き

    落書きから見た鞭打ち鞭打ち

    観光産業に力を入れるシンガポールでは、落書きは都市の景観を汚損する重大な犯罪と見なされている。鉛筆やクレヨン等による消す事が比較的簡単な物は初犯に限り注意に留められるが、ペンキや油性ペン等による落とし難い物で落書きした場合は鞭打ち刑が科せられる。1993年にアメリカ人の18歳男性が他人の自動車にスプレーペンキで落書きをして逮捕された。シンガポール政府は当時の合衆国大統領ビル・クリントンによる嘆願書を退け、「鞭打ち4回」の刑罰を執行して国際的にも大きく取り上げられた。落書き フレッシュアイペディアより)

  • 身体刑

    身体刑から見た鞭打ち鞭打ち

    具体的な内容はそれぞれの場所で異なるが、「四肢の切断」「去勢(宮刑)」などの身体機能を損なうもの、「鼻そぎ」「入れ墨」など犯罪者であることがわかるような目印を残すもの、「鞭打ち」「杖刑」など肉体的な苦痛を与えるもの、などの系統に分かれる。また、前述のとおり重い身体刑はしばしば受刑者の死亡につながるものであり、「身体刑」と「死刑」は対となっていたわけではなく、重なりつつ全体として「刑罰」を構成するものでもあった。身体刑 フレッシュアイペディアより)

  • 身体刑

    身体刑から見た鞭打ち刑鞭打ち

    マレーシアでは刑務所が満員状態であるため、窃盗などの犯罪については刑務所へ入れずに鞭打ち刑を課す様に法改正が行われ、鞭打ちの執行件数は増加している。身体刑 フレッシュアイペディアより)

  • クランプス

    クランプスから見た鞭打ち鞭打ち

    という単語は、鉤爪を意味する古高ドイツ語の単語「」(クランペン)に由来する。アルペン地方では、クランプスは夢魔に似た生物として表現される。伝統にのっとり、12月の最初の2週間、特に12月5日の晩になると、若者はクランプスの扮装をして、錆びた鎖と鐘を持ち、子供と女性を怯えさせながら通りを練り歩く。また農村地域の中には、特に若い少女へのクランプスによる鞭打ち(樺の笞による体罰)を伴う伝統がある。クランプスは通常、悪い子供を連れ去り、地獄の穴に投げ入れるための籠を背負ったイメージで表される。そして、鞭を振るいながら、子供を捕まえて、親の言うことを聞くように、勉強するのだぞと厳しくさとす。クランプス フレッシュアイペディアより)

  • 福田克彦

    福田克彦から見た鞭打ち鞭打ち

    1992年、小川紳介が死去。小川への哀悼の意と、これまでの制作のありようへの異議を述べた福田の追悼文が、死者に鞭打つ行為と『映画新聞』に批判される。福田克彦 フレッシュアイペディアより)

  • 陪審制

    陪審制から見た鞭打ち鞭打ち

    こうして、17世紀ころには、陪審は被告人にとって、苛酷な刑罰からの防護壁という重要な位置付けを与えられるようになった。古くからのイングランドの刑罰は、重罪事件で有罪になればほとんどが死刑に処せられていたが、中世から18世紀にかけての裁判記録には、陪審員が多くの重罪事件の被告人を無罪としたり、烙印や鞭打ち程度で済む、より軽い罪としたりしたことが記されている。陪審制 フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ハーディ (イギリス海軍)

    トマス・ハーディ (イギリス海軍)から見た鞭打ち鞭打ち

    1798年、「ヴァンガード」はナポリ王国の国王フェルディナンド4世、イギリス大使ウィリアム・ハミルトンと夫人のエマを乗せて、ナポリから安全なシチリアへ航行していた。ハーディはハミルトン夫人のことを少しもよく思っていなかった。夫人は「ヴァンガード」の乗員の代理人として、1度ハーディに口を差し挟もうとしたことがあり、ハーディはその乗員を2度鞭打ちにした。1度が乗員本人による規則破りのため、もう1度は夫人に代理人を嘆願したかどでの処罰だった。ネルソンは1799年6月8日に、3等艦に転属となり、その時ハーディも「フードロイヤント」に異動した。1799年6月、フードロイヤントに率いられた主力艦隊は、フェルディナンド国王のナポリ王国再建のため、ナポリにできたパルテノペア共和国への襲撃の援軍をさせるべく、海兵隊をナポリに上陸させた。ハーディは1799年10月13日に指揮官をエドワード・ベリーに譲り、5等艦の指揮官となり、イギリスへ戻った。トマス・ハーディ (イギリス海軍) フレッシュアイペディアより)

  • 失われた時を求めて

    失われた時を求めてから見た鞭打ち鞭打ち

    その後、語り手は病を治療するために数年の療養所生活を送る。それから、語り手は一時、第一次世界大戦下のパリに戻り、そこで人と社会のさまざまな変化を目にする。コンブレーはドイツ軍に占領されており、敵国のドイツ贔屓になっていたシャルリュス男爵は社交界での輝かしい地位を失っていた。語り手は、空襲爆撃に晒されたパリの灯火管制下の町のホテル(ジュピヤンが管理人の男娼窟)で、自分を若い男に鞭打たせて快楽に浸っている血だらけのシャルリュスを見かけ、またサン=ルーもこの宿に出入りしていたらしいことを知る。その後、まもなくサン=ルーは戦線で死を遂げ、語り手は再び療養所生活に戻る。失われた時を求めて フレッシュアイペディアより)

83件中 41 - 50件表示

「むち打ち刑」のニューストピックワード