61件中 51 - 60件表示
  • シャリーア

    シャリーアから見た鞭打ち鞭打ち

    マレーシアではムスリムのみ飲酒を罰する法律があり、飲酒を行うとカーディー裁判により罰金と鞭打ち刑が科される。非ムスリムは処罰されない。しかし、起訴される事例は極めて少なく死文法に近くなっている。シャリーア フレッシュアイペディアより)

  • カンディード

    カンディードから見た鞭打ち鞭打ち

    騙されてブルガリア連隊に編入させられたカンディードは、脱走を試みて捕まり、連隊中の兵士から鞭打ちの刑罰を喰らう。アバリアとの合戦の際、戦闘の混乱に紛れて再び逃げ出したカンディードは、戦場の至る所で、両軍の兵士により虐殺された市民の死体を目にする。カンディード フレッシュアイペディアより)

  • 近江天保一揆

    近江天保一揆から見た鞭打ち鞭打ち

    関源之進・戸田嘉十郎他3名が大津代官所に着任後の12月16日(1943年1月16日)、捕縛者は大津代官所に移送された。幕府は関等の派遣にあたり農民が騒いだ時は鉄砲で撃ち殺せとまで申し渡していた。大津においても鞭打ち・海老責・算盤責・木馬責・釣責などあらゆる拷問が加えられた。天保14年1月(1943年2月)には野洲郡・栗太郡・甲賀郡・仁保川筋の500余村に対して宗門人別帳を提出させ、各村より庄屋1名・年寄り1名・百姓3名を召還し、数万人を超える農民が尋問を受け、千余人の一揆参加者が捕縛された。千余人の入牢者を抱えた大津代官所では牢獄が足りず急遽牢を増築したが、獄中で絶命した者が続出し、記録されているだけで40余名が獄死した。近江天保一揆 フレッシュアイペディアより)

  • ウィンストン・チャーチル

    ウィンストン・チャーチルから見た鞭打ち鞭打ち

    この学校でのチャーチルは落ちこぼれだった。成績は全教科で最下位、体力もなく、遊びも得意なわけではなく、クラスメイトからも嫌われているという問題児だった。校長からもよく鞭打ちに処された。ウィンストン・チャーチル フレッシュアイペディアより)

  • カトリーヌ・ド・メディシス

    カトリーヌ・ド・メディシスから見た鞭打ち鞭打ち

    アンリ3世はカトリーヌのお気に入りの息子だった。彼の兄たちと異なり、アンリ3世は成人男性として即位している。肝臓が弱く、慢性疲労に悩んではいたものの彼は比較的健康でもあった。しかしながら、政務に対する彼の関心は気まぐれなものであった。彼はその人生の最後の数週間前まで、カトリーヌや彼女の顧問官たちに依存している。彼はしばしば国事から隠れて巡礼や鞭打ち苦行といった敬神行為に熱中したカトリーヌ・ド・メディシス フレッシュアイペディアより)

  • 鞭

    から見た鞭打ち鞭打ち

    唐以降の中国などで用いられた、竹、木、金属など材質や長さが様々な警棒状の武器及び捕具。硬鞭(こうべん)といいしなりはまったく無い。鉄の場合は鉄鞭という。日本の十手も同種。柄となる部分以外には、威力を増すために竹のような節などが付けられている。中国の刑罰で鞭打ちとあった場合ひも状のムチではなく棒状のムチを指す。成人男性が全力で殴りつけるので刑の途中で死亡するものもいるほどであった。(※→関連項目捕具、捕具、ケイン (鞭)、笞刑、鞭打ち フレッシュアイペディアより)

  • 第二次スーダン内戦

    第二次スーダン内戦から見た鞭打ち鞭打ち

    4月23日、ヌメイリは非常事態を宣言し、シャリーアの適用を拡大した。憲法上で最も保障された権利が停止され、「明白な治安裁判所」と分かる、刑事事件に対する大まかな司法権を持つ非常時法廷が、後に北部で設置された。窃盗に対する切断やアルコール所持に対する公開鞭打ちは、非常事態の間、一般的であった。北に住んでいる南部人と他の非イスラム教徒も、これらの罰を受けさせられた。これらの出来事と、他の長年の不満も、内戦再開の元になった。第二次スーダン内戦 フレッシュアイペディアより)

  • 笞罪

    笞罪から見た鞭打ち鞭打ち

    笞罪(ちざい)、笞刑(ちけい)とは、体刑の一つで、笞(むち)を打つことによるもの。鞭打ち刑。笞罪 フレッシュアイペディアより)

  • シャルル=ジャン・バチスト・サンソン

    シャルル=ジャン・バチスト・サンソンから見た鞭打ち鞭打ち

    実際に死刑執行の仕事を行っていたのは助手たちであったが、フランスの制度上は死刑執行人が立ち会わなければ死刑が執行できないため、わずか7歳にして全ての処刑に立ち会ったという。母であるマルトが徹底した教育を行い、鞭打ち、焼き鏝刑、切断刑、車裂きの刑など全てに立ち合せて厳しく教えた。そして、18歳の時に初めて自分の手で処刑人の剣で罪人の首を刎ねた。シャルル=ジャン・バチスト・サンソン フレッシュアイペディアより)

  • 陪審制

    陪審制から見た鞭打ち鞭打ち

    こうして、17世紀ころには、陪審は被告人にとって、苛酷な刑罰からの防護壁という重要な位置付けを与えられるようになった。古くからのイングランドの刑罰は、重罪事件で有罪になればほとんどが死刑に処せられていたが、中世から18世紀にかけての裁判記録には、陪審員が多くの重罪事件の被告人を無罪としたり、烙印や鞭打ち程度で済む、より軽い罪としたりしたことが記されている。陪審制 フレッシュアイペディアより)

61件中 51 - 60件表示