83件中 51 - 60件表示
  • 残酷の4段階

    残酷の4段階から見た鞭打ち鞭打ち

    犬をいたぶる子ども時代を描いた『残酷の第1段階』 "First stage of cruelty" に始まり、ネロは自分の馬を人間のように鞭打つようになり(『残酷の第2段階』 "Second stage of cruelty")、3枚目の『残酷の完成』 "Cruelty in perfection"では、辻強盗、教唆、そして殺人にまで手を染める。最後の1枚である『残酷の報酬』 "The reward of cruelty"では、ネロのような道を歩む者の避けられない運命として、ホガースが警告する通りの運命を辿る。この絵でネロは、殺人者として絞首台に掛けられた後、解剖劇場で外科医たちによって解剖される。残酷の4段階 フレッシュアイペディアより)

  • シャリーア

    シャリーアから見た鞭打ち鞭打ち

    マレーシアではムスリムのみ飲酒を罰する法律があり、飲酒を行うとカーディー裁判により罰金と鞭打ち刑が科される。非ムスリムは処罰されない。しかし、起訴される事例は極めて少なく死文法に近くなっている。シャリーア フレッシュアイペディアより)

  • ダッハウ強制収容所

    ダッハウ強制収容所から見た鞭打ち鞭打ち

    アイケは収容者への罰則を体系化するために1933年10月1日に収容所規則を制定した。後にあらゆる強制収容所の罰則として導入された25回鞭打ちの刑、段階別の禁固刑、減食刑、死刑などの罰則が定められた。政治的扇動やデマ、破壊活動、反逆的行為、脱走、看守への暴行の際に死刑が執行されると定めた。ダッハウ強制収容所 フレッシュアイペディアより)

  • バウンティ号の反乱

    バウンティ号の反乱から見た鞭打ち鞭打ち

    1789年4月までパンノキやその他の植物を搭載するためにタヒチ島に滞在し、その期間中、クリスチャンはタヒチの女性と結婚し、多くの船員も現地生活を楽しんだ。3人の船員が脱走の罪で逮捕され、鞭打ち刑を受けた。バウンティ号の反乱 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次スーダン内戦

    第二次スーダン内戦から見た鞭打ち鞭打ち

    1983年に、ヌメイリ政権のイスラーム化運動の一環としてスーダンをムスリム・アラブ国家にする意向が示された。南部は3つの地域に分割され、シャリーアが導入された。これにはムスリム集団の間でも議論となった。ヌメイリ政権のスーダン社会のイスラーム化の信頼性に疑問を示した、マフディー派指導者のは、自宅軟禁下に置かれた。4月23日、ヌメイリは非常事態を宣言し、シャリーアの適用を拡大した。憲法上で最も保障された権利が停止され、「明白な治安裁判所」と分かる、刑事事件に対する大まかな司法権を持つ非常時法廷が、後に北部で設置された。窃盗に対する切断やアルコール所持に対する公開鞭打ちは、非常事態の間、一般的であった。北に住んでいる南部人と他の非イスラム教徒も、これらの罰を受けさせられた。これらの出来事と、他の長年の不満も、内戦再開の元になった。第二次スーダン内戦 フレッシュアイペディアより)

  • 学校制服

    学校制服から見た鞭打ち刑鞭打ち

    学生の髪型についても学校と教育省は関心を寄せている。学校は生徒に髪染めを許可していない。例えば、男子の髪の長さは最長で襟の上の数センチで、もみあげは許可されない。男子の髪の規制の違反は、ときおり鞭打ち刑で罰せられ、別の学校では代わりに学校側で強制的に散髪する。学校制服 フレッシュアイペディアより)

  • 名誉の殺人

    名誉の殺人から見た鞭打ち鞭打ち

    未婚者の場合:鞭打ちの上、追放。名誉の殺人 フレッシュアイペディアより)

  • 星室庁

    星室庁から見た鞭打ち鞭打ち

    死刑以外のあらゆる刑(鞭打ち、手足切断、投獄、罰金など)を課することができた。星室庁 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・グラッドストン

    ウィリアム・グラッドストンから見た鞭打ち鞭打ち

    グラッドストンはイートン校になじみ、この時代を「私の人生の中で最も幸福だった時代」と述懐している。友人とのトラブルもなく、厳格だった校長John Keate(在任、1809-1834)からの鞭打ちも一回受けただけだった。ウィリアム・グラッドストン フレッシュアイペディアより)

  • 9

    9から見た鞭打ち鞭打ち

    九尾の猫笞 (cat-o'-nine-tails):先に幾つか結び目の付いた、笞刑用の笞。9 フレッシュアイペディアより)

83件中 51 - 60件表示

「むち打ち刑」のニューストピックワード