1 2 次へ
12件中 11 - 12件表示
  • 鞭打ち

    鞭打ちから見た拷問

    鞭打ち(むちうち)は、刑罰の1種で、鞭で打って苦痛を与え、これにより悔悟や自白を強要する罰。東洋では笞刑(ちけい)とも称する。世界中で刑罰、拷問として広く行われ、現在でもシンガポール、マレーシア、イスラム諸国などで行われている。鞭打ち刑の対象になるのは国によって様々であるが、主として窃盗、秤のごまかしなどの軽罪の犯人である。病人には鞭打ちを科さない(治癒後に科する)と決めている国、東南アジアのシャムポックやイギリスの九尾の猫鞭など、連打して死に至らしめる威力のある鞭を使う国などその執行方法も国によってさまざまである。鞭打ち フレッシュアイペディアより)

  • 鞭打ち

    鞭打ちから見た私刑

    バングラデシュの裁判所では、2010年7月にファトワーによる刑罰を違憲とする判断を示しているが徹底されておらず、しばしば姦通罪などを理由とした私刑で女性が鞭打ちを受け、死亡する例が見られる。鞭打ち フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
12件中 11 - 12件表示