31件中 21 - 30件表示
  • 海藻

    海藻から見たモズクモズク

    日本では海藻は食材として重要で、特にだし取りや煮物の素材としてのコンブ、漉いて紙状に乾燥させたり佃煮や汁物の具材に用いる海苔、汁物や煮物の具材としてのワカメ、寒天や心太(ところてん)にして供されるテングサ、主に煮付けとして供されるヒジキ、酢の物として供されるモズク、あるいは褐藻・紅藻・緑藻の種を問わず鮮魚の刺身の盛り合わせのツマとして大根の千切りや大葉などとともに彩りとして用いられるなど、日本料理の体系で中心的な位置を占める。多種の人間に必要な栄養素を含んでいる。海藻 フレッシュアイペディアより)

  • 天ぷら

    天ぷらから見たモズクモズク

    モズクの天ぷら:モズクの主産地である沖縄県で売られている。天ぷら フレッシュアイペディアより)

  • 市川美織

    市川美織から見たモズクモズク

    好きな食べ物は、サラミ・カシューナッツ・もずくなどいわゆる「おつまみ系」とメロンパン・レモン。島田晴香は「絶対将来酒豪になるだろう」と語っている。市川美織 フレッシュアイペディアより)

  • 金武町

    金武町から見たモズクモズク

    刺し網・一本釣り・はえ縄・定置網・海面養殖などの漁法により、マグロ類・ブダイ類・ハタ類・イカ類・タコ類・海藻類などが水揚げされる。金武漁港内にはモズクの種苗供給施設もある。金武町 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄料理

    沖縄料理から見たモズクモズク

    海草を用いた料理も盛んで、スヌイ(モズク)は酢の物にし、アーサ(ヒトエグサ)は汁に入れるほか、いずれも天ぷらの具にしたりする。ヒジキも栽培されており、モーイ(イバラノリ)も地域によっては利用される。海ぶどうも独特のものとして、土産物などとして珍重されている。また、クーブ(コンブ)を利用した料理が盛んで、だしに使うほか、締め昆布を煮物や炒め物に用いたり、千切りにしてクーブイリチーと呼ばれるイリチーになどにする。沖縄県のコンブの消費量は全国でも富山県と一、二を争う多さである。沖縄県で昆布が生産されないのに消費量が多いのは、江戸時代、日本から清への輸出品として沖縄に運ばれた北海道産のコンブが用いられるようになったからだとも、北前船によって大阪に運ばれた昆布を薩摩の商人が沖縄の砂糖と取引したからだともされている。沖縄料理 フレッシュアイペディアより)

  • 髪菜

    髪菜から見たモズクモズク

    モズク(中国で「海髮菜」とも称する)髪菜 フレッシュアイペディアより)

  • 雑草

    雑草から見たモズクモズク

    なお、このうちの2だけを雑草と見なす考えもある。水田の場合、イネの成長の間は雑草は駆除の対象となるが、稲刈りから次の春までは、雑草は比較的放置される。ここには水田雑草とよばれる特殊な植物群が存在する。日本ではワカメ・コンブ・モズクなどの海藻については食用とするため雑草と呼ぶことはないが、海藻を食べる文化の少ない欧米では、これらの海藻も海の雑草(Seaweeds)と一括りにして呼び習わしている。雑草 フレッシュアイペディアより)

  • リトルバスターズ!

    リトルバスターズ!から見たモズクモズク

    成績はどの科目も優秀で、中でも数学が大の得意科目だが、なぜか数学の授業時間はいつも裏庭でサボっている。放送委員会の委員長であり、昼の放送は委員会の仕事ではないが、趣味で行っている。好きな食べ物は、お茶・コーヒー・キムチ・もずくリトルバスターズ! フレッシュアイペディアより)

  • コザック前田

    コザック前田から見たモズクモズク

    好きな食べ物は、冷やしそば・冷やし中華・寿司・モズク。得意料理は、ホットケーキ。コザック前田 フレッシュアイペディアより)

  • 海蘊

    海蘊から見たモズクモズク

    海蘊 フレッシュアイペディアより)

31件中 21 - 30件表示

「もずく」のニューストピックワード