26件中 11 - 20件表示
  • モズク

    モズクから見た吸い物

    食材としては、食酢で和えた「もずく酢」が食べ方として主流。土佐酢、三杯酢などと合わせてプラスチック容器に入れ、そのまま食べられるように加工した食品が主に流通する。他にも生のモズク(あるいは塩漬けを十分塩抜きしたもの)に衣をつけて天ぷらにしたり、吸い物、雑炊などにも利用される。沖縄県では衣が厚い独特のてんぷらにソースをつけて食べる。モズク フレッシュアイペディアより)

  • モズク

    モズクから見たワカメ

    海中に自生している時は褐色だが、他の褐藻類と同様熱湯に通すと緑色が出てくる。噛むとワカメのような歯ざわりがあるが、表面の多糖類のため、ぬるぬるとした食感が先に立つ。モズク フレッシュアイペディアより)

  • モズク

    モズクから見た

    モズク(水雲、海蘊?、藻付、海雲、学名:)は、褐藻綱ナガマツモ目モズク科の海藻。別名はイトモズク。枝分かれのある状藻類であり、漢字表記では「藻付」と書かれる。モズク フレッシュアイペディアより)

  • モズク

    モズクから見たホンダワラ

    おもに熱帯から温帯の浅い海に分布する。日本沿岸では冬から春にかけて、光が届く潮下帯の岩礁に生えるが、夏には他の海藻類と同様に枯れてしまう。ホンダワラなど他の褐藻類に付着することから「藻付く」という名がついたといわれる。モズク フレッシュアイペディアより)

  • モズク

    モズクから見た温帯

    おもに熱帯から温帯の浅い海に分布する。日本沿岸では冬から春にかけて、光が届く潮下帯の岩礁に生えるが、夏には他の海藻類と同様に枯れてしまう。ホンダワラなど他の褐藻類に付着することから「藻付く」という名がついたといわれる。モズク フレッシュアイペディアより)

  • モズク

    モズクから見た熱帯

    おもに熱帯から温帯の浅い海に分布する。日本沿岸では冬から春にかけて、光が届く潮下帯の岩礁に生えるが、夏には他の海藻類と同様に枯れてしまう。ホンダワラなど他の褐藻類に付着することから「藻付く」という名がついたといわれる。モズク フレッシュアイペディアより)

  • モズク

    モズクから見たソース (調味料)

    食材としては、食酢で和えた「もずく酢」が食べ方として主流。土佐酢、三杯酢などと合わせてプラスチック容器に入れ、そのまま食べられるように加工した食品が主に流通する。他にも生のモズク(あるいは塩漬けを十分塩抜きしたもの)に衣をつけて天ぷらにしたり、吸い物、雑炊などにも利用される。沖縄県では衣が厚い独特のてんぷらにソースをつけて食べる。モズク フレッシュアイペディアより)

  • モズク

    モズクから見た三杯酢

    食材としては、食酢で和えた「もずく酢」が食べ方として主流。土佐酢、三杯酢などと合わせてプラスチック容器に入れ、そのまま食べられるように加工した食品が主に流通する。他にも生のモズク(あるいは塩漬けを十分塩抜きしたもの)に衣をつけて天ぷらにしたり、吸い物、雑炊などにも利用される。沖縄県では衣が厚い独特のてんぷらにソースをつけて食べる。モズク フレッシュアイペディアより)

  • モズク

    モズクから見た

    海中に自生している時は褐色だが、他の褐藻類と同様熱湯に通すと色が出てくる。噛むとワカメのような歯ざわりがあるが、表面の多糖類のため、ぬるぬるとした食感が先に立つ。モズク フレッシュアイペディアより)

  • モズク

    モズクから見た分泌

    長さは数十cmほどもあるが、幅は1-数mmほどしかなく、各所で枝分かれする。表面には多糖類が分泌されており、手で触れるとぬめりがある。モズク フレッシュアイペディアより)

26件中 11 - 20件表示

「もずく」のニューストピックワード