前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
253件中 1 - 10件表示
  • オール阪神・巨人

    オール阪神・巨人から見たやしきたかじんやしき たかじん

    ゴルフ歴は約30年で、その腕前はプロゴルファー達からも誉められるほどである。やしきたかじんや、元芸能人の上岡龍太郎などとゴルフを打ちに行くという。巨人のブログでは、巨人の参加したゴルフ大会では、優勝した上岡の他にも、村上ショージ、明石家さんまなども参加。お笑い芸人以外でも所ジョージ、板東英二などが参加している。ココリコの遠藤章造も参加予定だったが、同日遠藤が同じゴルフコースでプレーしている姿を目撃し、結果、遠藤は罰金を食らったという。オール阪神・巨人 フレッシュアイペディアより)

  • MBSヤングタウン

    MBSヤングタウンから見たやしきたかじんやしき たかじん

    『歌え!ヤングタウン』時代から当番組への出演を続けてきた三枝は、1979年12月1日(土曜日)の放送を最後に勇退。同年4月からレギュラーで共演していた明石家さんまを、後任のパーソナリティに起用した。この時期から、鶴光・谷村・ばんばに加えて、さんま・島田紳助・笑福亭鶴瓶・原田伸郎・やしきたかじん・嘉門達夫・西川のりお・チャゲ&飛鳥・ダウンタウン・渡辺美里など多彩なパーソナリティが台頭。ある曜日のパーソナリティが別の曜日の放送にもゲストで登場するなど、曜日の枠を越えながら番組を盛り上げるようになった。MBSヤングタウン フレッシュアイペディアより)

  • 編曲家

    編曲家から見たやしきたかじんやしき たかじん

    川村栄二(かわむら・えいじ)〔南沙織・中村雅俊・堀内孝雄・森川美穂・宮内タカユキ・倉田てつを・坂井紀雄・INFIX・やしきたかじん編曲家 フレッシュアイペディアより)

  • 日本列島ズバリリクエスト

    日本列島ズバリリクエストから見たやしきたかじんやしき たかじん

    1974年4月から1978年3月の間が、第一次の隆盛期。当時、関西の深夜放送は大阪の朝日放送「ABCヤングリクエストおよび毎日放送の「MBSヤングタウン」が人気を二分する中、一人のパーソナリティが週に2日×4時間担当(番組創世記のDJである尾崎千秋、諸口あきらに加え高石ともやとザ・ナターシャー・セブンが加入。1976年秋からは完全に曜日別のパーソナリティー制に移行し、当時売り出し中であった桂文珍やオール阪神・巨人、やしきたかじんらが新たに参加した)するという独自の「濃い密着度」で固定ファンをつかんだ。「宵々山コンサート」が最盛であったのもこの頃。番組が盛り上がると五時までしばしば延長された。年末にはオールナイト企画もあった。日本列島ズバリリクエスト フレッシュアイペディアより)

  • 上岡龍太郎

    上岡龍太郎から見たやしきたかじんやしき たかじん

    上岡もずっと「やしきたかじん同様、東京嫌い。東京では仕事をしません」「全国ネットでやってる笑いは程度が低い。僕がアホに合わせる必要はない」と公言していた。1987年に朝の連続ドラマ「見上げればいつも青空」に出演、甲斐智枝美扮する主人公が若いころに勤めていた美容室の店長の役柄で、おかま口調の大阪弁を使って演じたことをきっかけに、東京だけではなく全国での知名度が徐々に上がっていく。大阪で人気深夜番組だった「鶴瓶上岡パペポTV」が1988年10月10日から東京で放送されるようになると「鶴瓶の横にいるあの芸人はだれだ」と関心を集めるようになり、一気にブレイクした。上岡龍太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 勝谷誠彦

    勝谷誠彦から見たやしきたかじんやしき たかじん

    音楽に関しては軍隊や軍歌に詳しく、『たかじんのそこまで言って委員会』ではやしきたかじんから「めちゃめちゃ右翼やん」と揶揄され、基本的に右寄りな発言で知られるが、時として政府や警察に対して厳しい批判をすることで、宮崎哲弥からは「この人、オレずっと左翼だって言ってるんだよ」と言われている。また自身の著書『バカが国家をやっている』では小泉・安倍政権やブッシュ政権など国内外の国家のリーダーに対し、痛烈に批判している。勝谷誠彦 フレッシュアイペディアより)

  • P.I.S

    P.I.Sから見たやしきたかじんやしき たかじん

    P.I.S(パブリック・インフォメーション・スタイル)は、やしきたかじんが1982年に設立した個人事務所。登記上の商号に「・」は付かない。P.I.S フレッシュアイペディアより)

  • 北野 誠

    北野誠から見たやしきたかじんやしき たかじん

    1985年暮れ、北野がフグを食べに行こうと誘ったその日に、父親が焼身自殺。葬式を執り行った後、遺産と借金の整理に追われ自宅を残し土地の殆どを売却する。会社の借金を個人が弁済する義務を回避することもできたが、TVで仕事をする上で後々債権者らに難癖をつけられる事を嫌い、返済期間を1年と区切り、弁護士と母を説得して抵当に入っていた土地を手放し債権者に割り当てる。父親の会社は経営的な破綻を起こしていたが、遺書も残さず死に至った直接な原因が不明だった事に加え、煩雑な債権処理に忙殺され北野の芸風も雑なものとなり、改編で出演番組が終了した後は新規レギュラーが入ってこず、ジリ貧状態に陥る。表情も乏しく陰鬱な雰囲気の北野に周囲も近寄らなくなり、あまりの憔悴振りに見かねたやしきたかじんと嘉門達夫が、北野の起用を渋る局側を説得し自身の番組に度々ゲスト出演させる。この時期にABCの新入社員であった板井昭浩が新しいラジオ番組の立ち上げを考えている事を北野に打ち明ける。「探偵!ナイトスクープ」では嘉門達夫の推薦もあり新探偵として番組初期から中途加入。周囲が機転を利かし局長秘書が抜けた代役に北野の実母を充てたりと、同番組が高視聴率番組に成長した事がきっかけで認知度も上がり、塞ぎがちだった気分も落ち着き、平常通り振舞えるようになる。1988年4月からは、自身のアイデンティティともいえる「誠のサイキック青年団」がスタートする。なお父親の自殺は当時ほとんど公にしていなかったが、後に「いつみても波瀾万丈」(日本テレビ、2003年)にゲスト出演した際この件に触れている。北野誠 フレッシュアイペディアより)

  • たかじんNOマネー〜人生は金時なり〜

    たかじんNOマネー〜人生は金時なり〜から見たやしきたかじんやしき たかじん

    『たかじんNOマネー〜人生は金時なり〜』(たかじん・ノー・マネー じんせいはきんときなり、英称:TAKAJIN NO MONEY)とは、テレビ大阪とBOY'S TV DIRECTION COMPANYで共同制作で、2011年1月9日から毎週土曜日の13:00 - 14:00(JST)に放送されている経済情報・トークバラエティ番組。やしきたかじんが司会を務める冠番組。通称は『たかじんNOマネー』『NOマネー』。ステレオ放送、2010年12月12日・2011年1月9日放送分のみ字幕放送を実施している。たかじんNOマネー〜人生は金時なり〜 フレッシュアイペディアより)

  • たかじんのそこまで言って委員会

    たかじんのそこまで言って委員会から見たやしきたかじんやしき たかじん

    『たかじんのそこまで言って委員会』(たかじんのそこまでいっていいんかい)は、読売テレビとBOY'Sが共同制作で、日本テレビ他一部地域を除く、系列局で放送されているやしきたかじんの冠番組。政治・経済等をテーマにして扱う討論形式のバラエティ番組である。通称は「そこまで言って委員会」「委員会」「たかじん委員会」。キャッチフレーズは「オレが黙っとってどうすんねん。」。リアルタイム字幕放送(2006年11月 - )、ハイビジョン制作( - )、ステレオ放送(2011年10月9日 - )を実施している。たかじんのそこまで言って委員会 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
253件中 1 - 10件表示

「やしきたかじん」のニューストピックワード