253件中 11 - 20件表示
  • 円 広志

    円広志から見たやしきたかじんやしき たかじん

    「夢の瞬間」やしきたかじん(1986年)円広志 フレッシュアイペディアより)

  • 大平サブロー

    大平サブローから見たやしきたかじんやしき たかじん

    大阪府守口市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪本部所属。旧芸名は太平 サブロー(読み同じ)。血液型はO型。若手芸人からはサブロー師匠、トミーズやハイヒールからはサブロー兄さん(略してサブ兄)、やしきたかじんや明石家さんまからはサブやんと呼ばれている。大阪市立此花工業高等学校(後に大阪市立此花総合高等学校、閉校済)卒業。大平サブロー フレッシュアイペディアより)

  • ハイヤングKYOTO (第一期)

    ハイヤングKYOTO (第一期)から見たやしきたかじんやしき たかじん

    1985年(昭和60年)10月からは金曜・土曜については22:00 - 24:00までを「パート1」、24:00 - 25:00までを「パート2」と題して2部制を採用。土曜日の「パート2」にはかつて「日本列島ズバリリクエスト」でパーソナリティーを担当していたやしきたかじんを抜擢。ハイヤングKYOTO (第一期) フレッシュアイペディアより)

  • それゆけ!

    それゆけ!から見たやしきたかじんやしき たかじん

    当初は板東英二をパーソナリティーに迎え「それゆけ!金曜・板東英二」として放送開始。翌1984年4月より月?金曜日の平日ベルト番組に放送枠を拡大、更に次の年からは1985年4月以降は曜日別パーソナリティー制を採用し、上岡龍太郎・やしきたかじん・桂ざこばなど個性的な話術をもつパーソナリティーを次々起用。1980年代後半?1990年代初頭にかけて、「ごめんやす馬場章夫です」・「ありがとう浜村淳です」・「諸口あきらのイブニングレーダー」・「すみからすみまで角淳一です」と並ぶ同局の看板番組として人気を博した。それゆけ! フレッシュアイペディアより)

  • ムハハnoたかじん

    ムハハnoたかじんから見たやしきたかじんやしき たかじん

    ムハハ no たかじん(ムハハのたかじん)は、関西テレビで放送されていたバラエティ番組である。やしきたかじんの冠番組。ムハハnoたかじん フレッシュアイペディアより)

  • 晴れ時々たかじん

    晴れ時々たかじんから見たやしきたかじんやしき たかじん

    『-TV MAGAZINE- 晴れ時々たかじん』(はれときどきたかじん)は、1988年10月10日から1992年4月3日まで、一部テレビ朝日系列局で放送された朝日放送(ABCテレビ)制作の昼のワイドショー番組である。やしきたかじんが司会を務めた。 晴れ時々たかじん フレッシュアイペディアより)

  • タカアンドトシのどぉーだ!

    タカアンドトシのどぉーだ!から見たやしきたかじんやしき たかじん

    やしきたかじん 2008年8月9日出演 (「たかじん胸いっぱい」との連動企画による出演)タカアンドトシのどぉーだ! フレッシュアイペディアより)

  • EXテレビ

    EXテレビから見たやしきたかじんやしき たかじん

    春・秋の番組改編期に行われる企画。視聴者は、新番組の中で最も早く打ち切られる番組をハガキで予想し、的中者の中から抽選で1名に高額賞金がもらえるというものだった。最初の頃は、上岡と紳助が番組ごとに賞金を決定していたが、大島渚、山藤章二、西川のりおなどの著名人8人が加わり、打ち切りと予想した人数に応じて賞金が決定された。この類の企画は後にやしきたかじんがメインの番組で行われている。EXテレビ フレッシュアイペディアより)

  • WEST WIND たかじんスペシャル

    WEST WIND たかじんスペシャルから見たやしきたかじんやしき たかじん

    『WEST WIND たかじんスペシャル』(ウェスト・ウィンド - )はやしきたかじんのビクター音楽産業における初のベストアルバムである。なお、ジャケット写真は大阪・中之島公会堂をバックに撮影したものである。1986年12月16日発売。WEST WIND たかじんスペシャル フレッシュアイペディアより)

  • ラヴ・イズ・オーヴァー

    ラヴ・イズ・オーヴァーから見たやしきたかじんやしき たかじん

    1983年には内藤やす子ややしきたかじんなど多くの歌手にカバーされ、競作となった(参照)。ラヴ・イズ・オーヴァー フレッシュアイペディアより)

253件中 11 - 20件表示

「やしきたかじん」のニューストピックワード