296件中 11 - 20件表示
  • それゆけ!

    それゆけ!から見たやしきたかじんやしきたかじん

    当初は板東英二をパーソナリティーに迎え「それゆけ!金曜・板東英二」として放送開始。翌1984年4月より月 - 金曜日の平日ベルト番組に放送枠を拡大、更に次の年からは1985年4月以降は曜日別パーソナリティー制を採用し、上岡龍太郎・やしきたかじん・桂ざこばなど個性的な話術をもつパーソナリティーを次々起用。1980年代後半 - 1990年代初頭にかけて、「ごめんやす馬場章夫です」・「ありがとう浜村淳です」・「諸口あきらのイブニングレーダー」・「すみからすみまで角淳一です」と並ぶ同局の看板番組として人気を博した。それゆけ! フレッシュアイペディアより)

  • ラヴ・イズ・オーヴァー

    ラヴ・イズ・オーヴァーから見たやしきたかじんやしきたかじん

    1983年には、多くの歌手にカバーされ競作となった(参照)。特に、やしきたかじんによるカバー盤は関西での売上が顕著であった(ただしカバー盤は原曲とキーが異なる作品が多い)。ラヴ・イズ・オーヴァー フレッシュアイペディアより)

  • 角岡伸彦

    角岡伸彦から見たやしきたかじんやしきたかじん

    2014年、『ゆめいらんかね やしきたかじん伝』で第21回小学館ノンフィクション大賞優秀賞受賞。父・権三郎は在日韓国人1世であり、やしきたかじん本人は母親の籍に入り日本国籍となり、家鋪姓を名乗った」としている。角岡伸彦 フレッシュアイペディアより)

  • たかじんnoばぁ〜

    たかじんnoばぁ〜から見たやしきたかじんやしきたかじん

    この番組はバースタイルのトーク番組の発祥とも言える存在で、マスター役のやしきたかじんとマネージャー役のトミーズ雅が、バーの客としてやって来たゲストと共に本物の酒を飲みながらトークをするというスタイルの番組である。たかじんnoばぁ〜 フレッシュアイペディアより)

  • ちちんぷいぷい (テレビ番組)

    ちちんぷいぷい (テレビ番組)から見たやしきたかじんやしきたかじん

    2000年には、角が正月休みから顎へヒゲを伸ばし続けたまま、年始から2ヶ月近くにわたって出演。しかし、2月22日の放送中に、毎日放送で当時放送されていた深夜番組『たかじんONE MAN』のレギュラー出演者(やしきたかじん、北野誠、仲田幸司)が同番組のサプライズ企画でスタジオへ乱入。たかじんが拡声器片手に「角淳一を拉致する!」と絶叫した後、北野とマイク仲田が角をストレッチャーにくくり付けて別室へ連れ去ると、あらかじめ待機していた理髪店の女性に角のヒゲを剃らせた。なお、同月30日からは、陣内智則の出演による「クイズ私鉄沿線」が放送を開始。これを機に、陣内によるクイズコーナーが、形を変えながら8年間続いた。ちちんぷいぷい (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • 伊東信久

    伊東信久から見たやしきたかじんやしきたかじん

    1995年、神戸大学医学部医学科を卒業し、大阪市立大学大学院医学研究科に入学。大学院修了後、大阪市立大学医学部形成外科医局、同麻酔科を経て、複数の病院の脳神経外科や整形外科、形成外科部門に勤務する。2004年、名駅クリニック院長に就任し、椎間板ヘルニアのレーザー治療(PLDD)に従事。2006年、「伊東くりにっく」を開業した。また同年より、椎間板ヘルニアに悩まされていた歌手のやしきたかじんの主治医を務める。2009年より医療法人眞愛会理事長、また2011年12月1日より大阪大学臨床医工学教育研究センター招聘准教授、2016年4月1日より大阪大学国際医工情報センター招聘教授を務める。伊東信久 フレッシュアイペディアより)

  • 山本浩之 (アナウンサー)

    山本浩之 (アナウンサー)から見たやしきたかじんやしきたかじん

    その一方で、2013年6月16日からは、大学の先輩・やしきたかじんが「委員長」を務める『たかじんのそこまで言って委員会』(隔週金曜日に収録する読売テレビ制作の討論バラエティ番組)に「副委員長」として登場。当時病気療養中だったたかじん及び、それまで「副委員長」として出演していた辛坊治郎の代理扱いながら、KTV以外の放送局で初めてレギュラーを務めることになった。なお、たかじんが2014年1月3日に死去した直後には、特別番組『たかじん追悼スペシャル そこまで逝って委員会』(同月25日放送)で辛坊・宮根誠司(朝日放送出身のフリーアナウンサー)と共に司会を担当している。山本浩之 (アナウンサー) フレッシュアイペディアより)

  • 木枯し紋次郎

    木枯し紋次郎から見たやしきたかじんやしきたかじん

    1977年には『新・木枯し紋次郎』(全26話)が製作され、東京12チャンネルで放映された。中村敦夫は主演だけでなく、やしきたかじんが歌う主題歌『焼けた道』(作曲:猪俣公章)の作詞も手がけたが、ヒットには至らなかった。本作の紋次郎の決め台詞は「あっしには言い訳なんざ、ござんせん」だったが、これも前作ほどの話題とはならなかった。木枯し紋次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大平サブロー

    大平サブローから見たやしきたかじんやしきたかじん

    大阪府守口市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪本部所属。旧芸名は太平 サブロー(読み同じ)。血液型はO型。2人兄弟の長男。若手芸人からはサブロー師匠、トミーズやハイヒールからはサブロー兄さん(略してサブ兄)、やしきたかじんや明石家さんまからはサブやんと呼ばれている。大阪市立此花工業高等学校(後に大阪市立此花総合高等学校、閉校済)卒業。大平サブロー フレッシュアイペディアより)

  • ハイヤングKYOTO (第一期)

    ハイヤングKYOTO (第一期)から見たやしきたかじんやしきたかじん

    1985年(昭和60年)10月からは金曜・土曜については22:00 - 24:00までを「パート1」、24:00 - 25:00までを「パート2」と題して2部制を採用。土曜日の「パート2」にはかつて「日本列島ズバリリクエスト」でパーソナリティーを担当していたやしきたかじんを抜擢。ハイヤングKYOTO (第一期) フレッシュアイペディアより)

296件中 11 - 20件表示

「やしきたかじん」のニューストピックワード