493件中 111 - 120件表示
  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見た文化放送

    1980年にファンクラブ「CONCORDE」を設立(2004年度末に本人の意向により解散)。作詞家来生えつこと出会い、シングル・アルバム『明日になれば』をリリース。活動拠点を京都祇園から東京下北沢に移す。当時、レギュラー番組であった文化放送ラジオ『セイ!ヤング』の構成作家で作詞家デビュー前の秋元康と出会い親密な関係になる。当初は相談も兼ねて歌詞を持ってきた秋元に対し「全然アカン、話にならん。持って帰れ」と散々こき下ろしたが、その後に秋元作詞の曲は多数ヒットすることになった(この時の歌詞について、たかじんは「詩じゃなくて作文、文章であって歌詞とは呼べない」と評していた。一方、秋元は「たかじんさんは独特のこだわりがあるから、たかじんさんを納得させる歌詞を書くのは至難の業」と言っている)。のちに、たかじんは「あの時、なんぼかもろとったらよかったわ」と、ネタとして度々話している。この当時大阪のほかに東京・仙台・名古屋などにもレギュラー番組を持っており、雑誌「明星」に日本一移動距離の長い芸能人として取り上げられていた。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見たキングレコード

    1973年には、京都文化芸術会館で初のコンサートを開催。その後1976年に、キング・ベルウッドからシングル『ゆめいらんかね』、アルバム『TAKAJIN』で再デビュー。同年、FM東京が選ぶ最優秀新人賞のベスト5に入る。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見たアリス (フォークグループ)

    堀内孝雄 - 桃山学院高校時代の同級生。かつて同じ事務所に所属し、現在もたかじんのライブなどにゲスト参加する事もある旧知の仲。また、20代後半の頃、東京・ニッポン放送の廊下で再会した際「いまアリスやってるねん」と近況を話した堀内に対して、まさか同級生が当時売り出し中のグループのメンバーであるとは思いもしなかったたかじんは、堀内がアダルト向け書籍のアリス出版で働いているものと勘違いし「お前ええ歳してもう少し真面目な仕事せんかぁ!!」と説教をした。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見た田代修二

    「MAKITA BAND」B:牧田和男 G:岸卓巳・丸山ももたろう Dr:金原広行 KB:下山金太郎・大久保佳子・田代修二 SAX:春名正治やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見た河島英五

    初期の「フライング・リバティー」に始まり、現在の「アンビエンス」また、かつては、尾崎亜美(ピアノ)や河島英五(ギター)らが参加していた。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見た猪俣公章

    さらに同年、中村敦夫の推薦で『新・木枯し紋次郎』の主題歌『焼けた道』(作詞:中村敦夫 作曲:猪俣公章)を歌う。この時、旅人役でゲスト出演するも、散々な内容でノイローゼとなり自殺寸前にまで追い込まれたという。後に本人は「ガンダムの『砂の十字架』(後述)と同等で「生涯最大の汚点」と語っている。またこの時の経験がトラウマとなり、その後ドラマ出演や芝居の依頼は一切拒否するようになる(自身が出演の番組(冠番組・ゲスト問わず)でこれを流すことはタブーであり、冠番組で流せば番組をその日をもって終了させると公言している。但し『新・木枯し紋次郎』単独での地方局等での再放送は拒んでいない)。これを機に猪俣とは親しくなり、CMソング「サントリーレッド」「桃屋の塩辛」などを歌うようになる。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見た伊東信久

     2006年に椎間板ヘルニアを治療しているが、その主治医は衆議院議員の伊東信久である。尚、伊東は日本維新の会の所属であるが、その代表の橋下徹と、伊東の仲を取り持ったのはたかじんであるともされている。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見た康珍化

    前述の秋元のコメントの通りたかじんの歌詞へのこだわりが強く、かつて多くたかじんの曲の作詞・作曲を手がけた鹿紋太郎が新曲作りに取り組む際には、鹿がたかじんの自宅に泊り込んで半月程度の合宿をおこなったという。代表的な大阪の曲として知られている『悲しい色やね』の作詞家である康珍化から持ち込まれた『心斎橋に星が降る』に対して、「心斎橋はアーケードあるから星降らん!!」(康自身は静岡の出身で大阪のことは詳しくない)と自身の曲として歌うことを断っている。そのため、この曲は大上留利子の持ち歌となって世に出てしまい前述の秋元とのエピソードと同じ状況に至ってしまった。このことから、作家泣かせとして業界で有名である。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見たザ・スパイダース

    成南中学校卒業。桃山学院高等学校在学中は新聞部に所属。朝日新聞社主催の全国新聞コンクールに入選も果たしている。高校時代、生まれて初めて作曲した『コーヒーインタイム』が、NHK『あなたのメロディー』に採用され、ザ・スパイダースをバックに歌手の奥村チヨが歌った。桃山学院大学経済学部に内部進学するが、新聞記者を志した際「NHK嫌い(後述)を克服すべきでない」と考え、このことで父の権三郎と対立し勘当されると、同大学を中退し京都市に移り住む。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見たDonDokoDon

    山口智充(DonDokoDon) - 現在の全国放送で、たかじんのモノマネをやり続けている一人であり、そのモノマネで、陽気な表情を貫いて批判的な発言を一切しなかったり、東京、NHKを好む様な発言を連発しているが、たかじんは承知している。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

493件中 111 - 120件表示

「やしきたかじん」のニューストピックワード