493件中 11 - 20件表示
  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見た泰葉

    レギュラーラジオ番組であった『ハローナショナルショールーム』(MBSラジオ)にゲストとしてECHOESがプロモーションで出演した際、ボーカルである辻仁成の横柄な態度(番組に出演しておきながら質問されても無視し、何を聞かれても「CDを買ってもらえればわかりますよ」としか答えないなど、全くやる気のない受け答え)に、番組が進行しなくなってしまい、最初下手に出ていたたかじんと出演者であった泰葉がついに激怒。泰葉がたかじんに「やっちゃいな!」と言い放ち、たかじんは録音を止めさせて、「そんなんやったらわざわざここへ来んと、CDだけ売っとったらええやろう!」と譜面台を投げつけ一喝、会場は騒然となった。が、観客はむしろ拍手で応えたという。 泰葉は番組収録後、たかじんに感謝の意を伝えた。以来、たかじんと辻は犬猿の仲である。後に語ったたかじんの言い分は「しゃべんの嫌やったらFMに出え!ここはAMじゃ!」というもの。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見たサンドウィッチマン (お笑いコンビ)サンドウィッチマン

    一時期桂雀々や2代目桂春蝶や『MBSヤングタウン』で共演した桂三枝(現・六代桂文枝)のもとに付いたり、さまざまな名だたる上方芸人と交流を深め(特に雀々とは北新地の居酒屋「猫八」で出会って以来の付き合いで、かつては天満のマンションに一緒に住んでいた)、しゃべりや遊びの勉強をしていた事がある(祇園の弾き語り時代には、6代目笑福亭松鶴や藤山寛美にお茶屋遊びを教えられ、3代目桂米朝には大阪宗右衛門町の南地大和屋で遊びの基本を学んだ)。そのため、芸人以上に芸人としての意識が強いことから、若手に対して厳しい一面もあり、飲みに行く際には喫煙・飲酒をさせない程である。タカアンドトシ、博多華丸・大吉、サンドウィッチマン、波田陽区、はなわ、ヒロシ、世界のナベアツなどに太鼓判を押し、彼らを気に入っている模様。また、サンドウィッチマンの富澤たけしは歌手としてのたかじんのファンである。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見た島田紳助

    しかし、上岡龍太郎や島田紳助と同様、和歌山県に対しても、TVなどで「近畿のお荷物」などと暴言や悪口を発言しており、吉本を中心とした関西芸人にこのような傾向が多いのも事実である。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見た明石家さんま

    1992年10月より、東京の放送局でテレビ・ラジオ合わせて3本のレギュラー番組を持つも、東京に嫌気が差し半年後に全て降板。特に後述するテレビ朝日『M10』における味の素事件は、テレビ関係者、視聴者ともにたかじんの行動に唖然としたことは言うまでも無い。また、この年は後述する『晴れ時々たかじん』における朝日放送でも局長の失言が原因で、結果としてたかじんは東西のテレビ朝日の系列局で激昂したことにより、テレビ朝日は勿論、東京のテレビ局及び朝日放送とは絶縁し、出演することがほとんどなくなってしまった。これ以降は、歌手活動と並行しながら関西ローカルで数本のレギュラーを持つようになる。とはいえ、1994年から2004年頃までは、親交のある明石家さんまや島田紳助などが司会の東京収録の番組にも義理でゲスト出演していた(『恋のから騒ぎ』、『開運!なんでも鑑定団』、『料理バンザイ!』など)が、やはり、東京キー局とそりが合わずトラブルを起こした。結果的に、1998年頃から2004年に『さんまのまんま』と『幸せって何だっけ 〜カズカズの宝話〜』にゲスト出演するまで、東京収録の番組には全く出演しなくなっていた。また1994年10月から2年半の間は大阪発全国ネット番組『たかじん・ナオコのシャベタリーノ』(毎日放送)の司会を務めた。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見た秋元康

    1980年にファンクラブ「CONCORDE」を設立(2004年度末に本人の意向により解散)。作詞家来生えつこと出会い、シングル・アルバム『明日になれば』をリリース。活動拠点を京都祇園から東京下北沢に移す。当時、レギュラー番組であった文化放送ラジオ『セイ!ヤング』の構成作家で作詞家デビュー前の秋元康と出会い親密な関係になる。当初は相談も兼ねて歌詞を持ってきた秋元に対し「全然アカン、話にならん。持って帰れ」と散々こき下ろしたが、その後に秋元作詞の曲は多数ヒットすることになった(この時の歌詞について、たかじんは「詩じゃなくて作文、文章であって歌詞とは呼べない」と評していた。一方、秋元は「たかじんさんは独特のこだわりがあるから、たかじんさんを納得させる歌詞を書くのは至難の業」と言っている)。のちに、たかじんは「あの時、なんぼかもろとったらよかったわ」と、ネタとして度々話している。この当時大阪のほかに東京・仙台・名古屋などにもレギュラー番組を持っており、雑誌「明星」に日本一移動距離の長い芸能人として取り上げられていた。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見たはなわはなわ

    一時期桂雀々や2代目桂春蝶や『MBSヤングタウン』で共演した桂三枝(現・六代桂文枝)のもとに付いたり、さまざまな名だたる上方芸人と交流を深め(特に雀々とは北新地の居酒屋「猫八」で出会って以来の付き合いで、かつては天満のマンションに一緒に住んでいた)、しゃべりや遊びの勉強をしていた事がある(祇園の弾き語り時代には、6代目笑福亭松鶴や藤山寛美にお茶屋遊びを教えられ、3代目桂米朝には大阪宗右衛門町の南地大和屋で遊びの基本を学んだ)。そのため、芸人以上に芸人としての意識が強いことから、若手に対して厳しい一面もあり、飲みに行く際には喫煙・飲酒をさせない程である。タカアンドトシ、博多華丸・大吉、サンドウィッチマン、波田陽区、はなわ、ヒロシ、世界のナベアツなどに太鼓判を押し、彼らを気に入っている模様。また、サンドウィッチマンの富澤たけしは歌手としてのたかじんのファンである。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見た辛坊治郎

    『ムハハnoたかじん』では番組の性質上、で生放送を行った時期があり、『たかじんのそこまで言って委員会』が熊本地区で20%超の高視聴率を獲得したことを記念して、辛坊治郎(読売テレビ解説委員)と共に2007年7月9日にくまもと県民テレビのローカルワイド番組『テレビタミン』に生出演し、2008年4月10日放送の『なまみつ』に桂ざこばとともに番組中に乱入して出演した。同年8月、タカアンドトシの冠番組『タカアンドトシのどぉーだ!』(北海道文化放送の番組で『胸いっぱい』とは重複時間も発生する番組)にもゲスト出演している。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見た朝日放送

    在阪局であっても、ある件を機にABCでレギュラー番組を持つつもりはないという。これは『晴れ時々たかじん』の放送終了後の慰労パーティーにおいて(朝日新聞から天下りで来た)局長が、挨拶で「なぜこんな番組が視聴率を取るのかわからない」と発言したことから激怒し、以後、ABCでの仕事は死ぬまでしないと決めたからである。これ以降、たかじんの冠番組内でABCの話題になると「(ABCは)アホから順番に偉くなる放送局」など罵倒し、その後は数回出演する程度。2010年時点では2003年の『おやじと娘とたかじんとII』が最後。ABCがパート3の製作をたかじんに依頼したところ、「それならレギュラー番組に起用しろ!」と断ったというエピソードがある。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見た関西テレビ放送

    (なお、上岡は1987年から2000年の引退まで全国ネット番組には出演していた)。かつて『たかじん胸いっぱい』(関西テレビ)の全国ネット化をキー局のフジテレビから打診され、また『たかじんのそこまで言って委員会』(読売テレビ)もキー局の日本テレビからゴールデンタイムでの全国ネット化を熱望されたが、たかじんが「関東には絶対流さない」「関東で放送されるくらいなら辞退する」と言い(『そこまで言って委員会』の宮崎哲弥も同様に埼玉・千葉・神奈川では辞めないにしても、東京で放送したら辞めると宣言している)、在京キー局(関東)ではネットされていない(全国ネットではない)現状である。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしき たかじん

    やしきたかじんから見た東京メトロポリタンテレビジョン

    しかし、『たかじん胸いっぱい』は10年以上独立局でネットされており、2012年時点で埼玉県のテレビ埼玉で放送、かつてはtvkやとちぎテレビ、群馬テレビでも放送していた。この事は東京都民も視聴できる可能性があるものの、そこまでは反対していない(かつてGAORAで3ヵ月遅れで放送された『たかじんONE MAN』もケーブルテレビを介してなら視聴可能だった)。東京都の独立局であるTOKYO MXについては「東京唯一の独立局だけれども東京のテレビ局だから」だけでキー局扱いにし、毛嫌いしており(ただしその他の在京キー局ほどではない)、独立局ではTOKYO MXのみ、たかじんの出演番組のネット放送は開局以来全くされていない。千葉テレビでは『たかじんnoばぁ〜』の復活特番第1弾でネットの実績がある。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

493件中 11 - 20件表示

「やしきたかじん」のニューストピックワード