451件中 31 - 40件表示
  • やしきたかじん

    やしきたかじんから見たほしのあき

    関西地方の人気アナウンサーだった宮根誠司を、全国区のフリーアナウンサーに転身させたことで知られる。横山たかし・ひろしはこれまで目立った活躍はなかったが、「たかし・ひろしは面白い」と絶賛したことから、たかじんの番組に呼ばれることが増えた。コンビニの雑誌の表紙を飾っていた、駆け出し当時(グラビアアイドルとして)のほしのあきを目に留め、後日即座に自身の番組にブッキング。その後ほしのが全国区でブレイクしたため、改めてゲストにブッキングすることが困難になってしまった(なお、ほしのはたかじんの番組にレギュラー出演していたが、現在表向きは育児休業という形で出演を見合わせている)。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしきたかじん

    やしきたかじんから見た藤田まこと

    藤田まこと(2010年2月逝去)やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしきたかじん

    やしきたかじんから見た綾瀬はるか

    北野誠によると、たかじんは2013年12月31日、病室で『第64回NHK紅白歌合戦』を視聴していたという。北野は「最後までリモコンを離さず、出にくい声で『綾瀬はるか(紅組司会)、これどやねん?』と突っ込んでいた」とその様子を報告している。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしきたかじん

    やしきたかじんから見た千葉真一

    明日になれば - 千葉真一主演のテレビ時代劇『柳生あばれ旅』の挿入歌としても流れている。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしきたかじん

    やしきたかじんから見た鳳蘭

    1977年に宝塚歌劇団史上初のリサイタル『私の肖像画』を鳳蘭がやるということで、同歌劇団が行った際の「作曲部門担当」の選考で、当時同歌劇団の演出家であった草野旦が、たかじんのデビュー曲『ゆめいらんかね』を聴きその歌唱力と作曲センスを評価。白羽の矢が立ち、宝塚大劇場でも共演。この時、宝塚に楽曲5曲(『うわさ』『ゴロ寝』『ゆめいらんかね』『ひょっとしたらのお話』『ラスト・ショー』)を提供、その内の1曲『ラスト・ショー』は自身が歌ってレコード(アルバム:『プロフィール』の10曲目)も出している。なお、1993年には宝塚歌劇・星組公演『パパラギ』で『心はいつも』を提供し、これもたかじん本人が歌っている(アルバム『MOOD-夢見る男のために-』の3曲目)。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしきたかじん

    やしきたかじんから見た堀ちえみ

    『たかじんONE MAN』2005年10月18日深夜放送分で、離婚した堀ちえみの元夫について「別れるときは大変やった。最高裁まで行った」「男が絶対別れへん言うた」などと発言したことで、2006年1月に元夫が、事実と違う発言により名誉を傷つけられたとして、たかじんと番組を放送した毎日放送に、計2200万円の損害賠償を求めて提訴した。12月22日、大阪地方裁判所で、たかじんと毎日放送に対し、「発言は公益性を欠く」などとして330万円の損害賠償を命じる判決が下され、たかじんは『判決には従います』と控訴しない意向を示した。2007年4月に総務省から厳重注意処分。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしきたかじん

    やしきたかじんから見た藤山直美

    藤山直美 - 過去には女性誌に結婚以上の仲であると報道されたことがある。特番等での共演も多く、プライベートでも12時間以上の長電話をしたり電話口で10曲以上も歌うなど、ふたりの相性が抜群によいことが伺われた。NHKが大嫌いなたかじんも、藤山が出演する連続ドラマ『芋たこなんきん』については自身の番組で「どうぞよろしくお願いします」と(観覧客に向かって)言っていたが、「芋ブタなんきん」(←藤山の体格が良いことから)と本人の前でネタにもしていた(テレビ大阪の特番『たかじんプロデュース』にて)。また、藤山が関西テレビ『ムハハnoたかじん』2007年4月13日放送分でゲスト出演した際、たかじんと夫婦コントを演じた。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしきたかじん

    やしきたかじんから見た宮根誠司

    ABCの若手アナウンサー時代に『サタデーたかじん』『聴けば効くほどやしきたかじん』で共演していた宮根誠司には、かねてから親交のあった西村嘉郎(元・社長、現在は常勤特別顧問)への直談判を通じてフリーアナウンサーへの転身(2004年4月)につなげた。さらに、龍谷大学放送部の同期生であった林伸一郎(元・アナウンサー→ 監査役会事務局事務長)とは、林がアナウンス職を退いた後の2003年4月頃に『たかじんONE MAN』(MBSテレビ)の「対面ショー」という企画で久々に共演。『必殺』シリーズをはじめ、ABCテレビ制作のドラマのプロデュースで知られる山内久司(元・専務、現在は顧問)も、役員からの退任後に『やしきたかじんプロデュース』(テレビ大阪)や『たかじんのそこまで言って委員会』(読売テレビ) にゲストで出演していた。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしきたかじん

    やしきたかじんから見たサンドウィッチマン (お笑いコンビ)

    一時期桂雀々や2代目桂春蝶や『MBSヤングタウン』で共演した桂三枝(現・6代桂文枝)のもとに付いたり、様々な名だたる上方芸人と交流を深め(特に雀々とは北新地の居酒屋「猫八」で出会って以来の付き合いで、かつては天満のマンションに一緒に住んでいた)、しゃべりや遊びの勉強をしていた事がある(祇園の弾き語り時代には、6代目笑福亭松鶴や藤山寛美にお茶屋遊びを教えられ、3代目桂米朝には大阪宗右衛門町の南地大和屋で遊びの基本を学んだ)。。また、サンドウィッチマンの富澤たけしは歌手としてのたかじんのファンである。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • やしきたかじん

    やしきたかじんから見た岡田斗司夫

    前述の秋元のコメントの通り、たかじんの歌詞へのこだわりが強く、かつて多くたかじんの曲の作詞・作曲を手がけた鹿紋太郎が新曲作りに取り組む際には、鹿がたかじんの自宅に泊り込んで半月程度の合宿をおこなったという。1981年には、谷村新司が作詞・作曲し、たかじんが歌ったアニメ映画『機動戦士ガンダム』(劇場版3部作の第1作目)の主題歌『砂の十字架』が13万枚 のヒットとなるが、本人にとっては生涯最大の汚点だという。これには数々の事情があり、当時たかじんを担当していたディレクターがキングレコードの部長に涙ながらに土下座をして、長い間鳴かず飛ばずだったたかじんにレコードを出させて下さいと直訴。その結果キングレコードは条件として、たかじんにガンダムの主題歌を歌うように指示、たかじんも歌詞に「ガンダム」という固有名詞がないことを条件に、(土下座したディレクターのこともあり)渋々承諾する。しかし、歌詞が気に入らなかったことと、ジャケットに自分の写真でなく、(同作品の主人公の)「アムロ・レイ」のイラストが描かれていた事にたかじんがクレームをつけて発売は延期となるが、結局そのまま発売されてしまう。このように自分の意向が蔑ろにされ、全てが事後承諾で制作された経緯がある作品である上に、無理矢理歌わされた曲が結果的に大ヒットしたため、「これまた人生の汚点だ」として番組などで嘆いた。またその後長い間、機動戦士ガンダムを観る事すら拒んだ。しかし後年になり岡田斗司夫から「今、歌えば逆に新鮮かも」との提案に、少し色気を出していた。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

451件中 31 - 40件表示

「やしきたかじん」のニューストピックワード