前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
148件中 1 - 10件表示
  • 堂真理子

    堂真理子から見たやじうまプラスやじうまプラス

    入社3年目の2006年(平成18年)4月から2007年(平成19年)3月まで、テレビ朝日のニュース番組『やじうまプラス』メイン司会を担当する。堂真理子 フレッシュアイペディアより)

  • 大木優紀

    大木優紀から見たやじうまプラスやじうまプラス

    やじうまプラス(2009年1月20日・28日)下平アナに体調不良による代理司会大木優紀 フレッシュアイペディアより)

  • 堂真理子

    堂真理子から見たやじうまプラスやじうまプラス

    入社3年目の2006年4月から2007年3月まで、テレビ朝日のニュース番組『やじうまプラス』メイン司会を担当する。堂真理子 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーモーニング

    スーパーモーニングから見たやじうまプラスやじうまプラス

    2006年4月3日、テレビ朝日の再編に伴って放送開始が30分繰り上がり、7:30開始となる。同時に「あれこれニュースショー」というサブタイトルを廃し、渡辺のパートナーが赤江からテレビ朝日アナウンサーの野村真季に交代した。同時に、「きょうの名曲」はエンディングでの放送となった。この再編で『やじうまプラス』(当時は4:25から放送)と連携を組み、『やじうまプラス』の出演者が本番組にも登場する「5時間半ぶち抜きニュースショー」とPR(テレビ朝日のみ)。同時に、祝日を除き全国で最後まで、長年に亘って9:30までの放送だったABCテレビが番組終了の9:55までの放送に踏み切った。これにより、9:30の飛び降り点がなくなった。スーパーモーニング フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のテレビ (日本)

    2010年のテレビ (日本)から見たやじうまプラスやじうまプラス

    テレビ朝日系『やじうまプラス』の司会が、同局アナウンサー下平さやかから後輩の堂真理子に交代。また土曜日の放送も再開し、毎日7人の女性アナが番組に出演。小松靖は続投。2010年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • どですか!

    どですか!から見たやじうまプラスやじうまプラス

    メ〜テレでは現在4:55 - 6:00にて放送しているが、その前身の『やじうまワイド』を1996年10月にネットを開始するまでは「やじうま」とは全くの無縁であった。その後は放送時間の変更を繰り返してきたが、2005年4月には6:00開始となる事に伴い『やじうまプラス』のネット自体を打ち切っていた。なお、2006年4月3日からは番組開始時刻4:25からのネットを再開している(2009年春から『やじうまプラス』自体の開始時間繰り下げにより4:55へ変更し、さらに同年秋から『やじうまプラス』自体の開始時間がさらに繰り下げられて、5:25へ変更。)。ただし、『やじうまワイド』の前の時間にやっていた『CNNデイブレイク』や『やじうま6』などはネットしていた。どですか! フレッシュアイペディアより)

  • 小川友佳

    小川友佳から見たやじうまプラスやじうまプラス

    2007年4月からテレビ朝日系の情報番組『やじうまプラス』の土曜日のお天気キャスターとして2007年9月29日までレギュラー出演した。2007年9月には平日のお天気キャスターの甲斐まり恵の休暇に伴う代役を務めた。小川友佳 フレッシュアイペディアより)

  • 西脇亨輔

    西脇亨輔から見たやじうまプラスやじうまプラス

    人生の大半を塾や予備校で過ごしており、クリスマスも正月も塾や予備校で迎えたと語っている(『やじうまプラス』公式サイト内のひと言メッセージ「きょうだけ、よ」への書き込みより)。クリスマスツリーや門松を見ると塾や予備校生活を思い出すと語っている。西脇亨輔 フレッシュアイペディアより)

  • 岩見隆夫

    岩見隆夫から見たやじうまプラスやじうまプラス

    毎日新聞社退社後は、クルーズ客船「飛鳥II」による約3ヶ月間の世界一周旅行(2007年4月初旬放送のTBS『みのもんたの朝ズバッ!』にてクルーズ客船を特集した際、出発間近の同船に岩見が乗ることをみのもんたが口にした)を経て、2007年夏頃より毎日新聞客員編集委員として再始動。9月13日には春までレギュラー出演していたテレビ朝日『やじうまプラス』で久々に出演した。岩見隆夫 フレッシュアイペディアより)

  • 飯村真一

    飯村真一から見たやじうまプラスやじうまプラス

    1998年から報道局社会部で警視庁担当記者を兼任したのち、2002年7月1日から2006年3月31日まで『やじうまプラス』のメインキャスターとして活躍。1996年3月笹崎ジム所属で日本ボクシングコミッションのプロボクサー新人C級テストを当時の年齢制限ギリギリ(30歳の誕生日前日までに申込)で受験し不合格。飯村真一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
148件中 1 - 10件表示

「やじうまプラス」のニューストピックワード