106件中 41 - 50件表示
  • やじうまプラス

    やじうまプラスから見たバンクーバーオリンピック

    なお、CSでの放送は権利関係の都合で一部の映像(主に芸能・スポーツ)部分を静止画やコマ送りに置き換えたりする場合がある(静止画やコマ送りでも不可の場合は「権利の都合により映像をお見せすることが出来ません。ご了承ください」と一面表示される)。因みに、朝日ニュースターで放送される地上波生番組の時差放送では他の民放BS・CS放送局よりも権利関係の都合による映像の一部差し替えが2012年4月の衛星チャンネルからテレビ朝日に本チャンネルの運営が移行されるまで比較的に多かった。トリノオリンピック期間中、朝日ニュースターでの放送については平日のみ8:55-10:50に変更した。これはオリンピック関連の映像のほとんどが権利の都合でカットされているためである(CS放送の日本国内のニュースチャンネルでオリンピック関連の映像のほとんどが権利の都合でカットされたのはこのチャンネルのみ。これは2012年3月まで地上波とは別の法人で運営を行っていたため著作権・放送権の都合による制限があったためである(但し、2010年のバンクーバーオリンピックでは承諾が得られたためか、蓋かぶせもカットも一切されることは無く、映像も音声もそのまま放送された)。同じニュース専門チャンネルの日テレNEWS24やTBSニュースバード及びニュース番組の時差放送を行うフジテレビ739ではオリンピック関連の映像は放送されていた。これらの3つのチャンネルは事実上、民放連に加盟している地上波と同一法人で運営を行っているため制限がない。2012年4月から朝日ニュースターのチャンネル自体、本番組の制作局であるテレビ朝日が運営を行なっており、権利処理が比較的容易となったことからスポーツ関連については静止画やコマ送りがほぼなくなりそのまま放送されているが、芸能関連は依然として放送できない状況となっている)。やじうまプラス フレッシュアイペディアより)

  • やじうまプラス

    やじうまプラスから見た京都市

    平日7:25頃の天気予報で放送されるお天気カメラ中継にはABCも裏送りで参加しており、京都、大阪、神戸、明石海峡大橋などの様子が主に隔週金曜日に中継される。また関西地区で起こったニュースを扱う場合、ABCがこの番組へ映像を提供する。やじうまプラス フレッシュアイペディアより)

  • やじうまプラス

    やじうまプラスから見たやじうまテレビ!

    新聞紹介を核としつつもVTRを多く使用したり、ファッション・グルメ等の生活情報を扱う等、新たな視聴者層の取り込みを図るために間断なくリニューアルを敢行したが、2010年10月2日放送分を以って終了。一部メディアでは『ヤジウマ新聞』以来25年(『おはようテレビ朝日』時代も含めれば28年半)の歴史に幕を閉じると報道されていた。その後テレビ朝日より、10月4日から新番組『やじうまテレビ!』を放送すると発表され、『やじうま』シリーズは継続されることになった。『やじうま』のタイトルを外せなかったのはサンリオとの契約の上で制作された本シリーズのオリジナルキャラクターがあることの兼ね合いであるとされる。やじうまプラス フレッシュアイペディアより)

  • やじうまプラス

    やじうまプラスから見た新聞

    複数の新聞紙面から様々な記事を紹介し、外部や自社を含めてコメンテーターを2-3名配置し、時には紙面を比較するなどニュースを多面的に捉えることに関しては『やじうまワイド』時代から新聞紹介路線を貫く番組の独擅場ともいえる。しかし同番組時代から『テレビが他人(=新聞)のふんどしで相撲を取っている』など、主に新聞記者から批判を受けることもある。やじうまプラス フレッシュアイペディアより)

  • やじうまプラス

    やじうまプラスから見た小宮一慶

    金曜日:吉永みち子、末延吉正、石澤靖治(隔週)、小宮一慶(隔週)やじうまプラス フレッシュアイペディアより)

  • やじうまプラス

    やじうまプラスから見た川村晃司

    月曜日:竹田圭吾、萩谷麻衣子、川村晃司(テレビ朝日コメンテーター)やじうまプラス フレッシュアイペディアより)

  • やじうまプラス

    やじうまプラスから見た北海道テレビ放送

    北海道域の北海道テレビ(以下、HTB)では6時台前半に自社制作の情報番組を放送しているため年末年始などを除いて番組冒頭から視聴できない。やじうまプラス フレッシュアイペディアより)

  • やじうまプラス

    やじうまプラスから見たテレビ朝日映像

    2006年には番組拡大及びリニューアルに伴い『朝いち!!やじうま』を吸収し、『おはよう!CNN』より連なる旧報道局・JCTV制作番組と『おはようテレビ朝日』より連なる旧情報局・VIVIA制作番組が1つの番組に統合された。これは2003年より行われて来た報道情報局統合に於ける一定の成果ともいえる。同時に4時25分開始にへ大幅に繰り上がった。また、『やじうまワイド』の司会を長きに渡って務めた吉澤一彦を復帰させる、重要ニュースを30分おきに取り上げるなど「報道の強化策」を取る。さらに後続の『スーパーモーニング』に放送時間を30分譲り7時30分にスタートするとさせ、『やじうまプラス』の一部出演者を『スーパーモーニング』にも登場させるなど相乗効果を狙った。やじうまプラス フレッシュアイペディアより)

  • やじうまプラス

    やじうまプラスから見た熊本朝日放送

    福岡県域の九州朝日放送(以下、KBC)では長年にわたって、やじうまを途中で飛び降りて自社制作番組を放送しているため、番組途中から視聴できない。これは「やじプラ」の前身である「やじうまワイド」から続いている。ただし、長崎・熊本・大分・山口では8:00までネットしているので、これらの局で補完出来るならば視聴可能である。やじうまプラス フレッシュアイペディアより)

  • やじうまプラス

    やじうまプラスから見たビーエス朝日

    BS朝日「お昼のNews Access」のワールドトピックス(13:50頃)のコーナーでは、「やじプラ世界通信」で放送された内容が配信されている(テロップも番組と同じものを使用)。やじうまプラス フレッシュアイペディアより)

106件中 41 - 50件表示

「やじうまプラス」のニューストピックワード