前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
135件中 1 - 10件表示
  • サンリオ

    サンリオから見たやなせたかしやなせたかし

    代表的なサンリオ映画には、『キタキツネ物語』、『シリウスの伝説』、『くるみ割り人形』、『おしん』、『星のオルフェウス』、『小さなジャンボ』(やなせたかし作)、『ユニコ』、『映画:伝説巨神イデオン 接触篇』、『映画:伝説巨神イデオン 発動篇』、『親子ねずみの不思議な旅』、『チリンの鈴』(やなせたかし作)、『妖精フローレンス』、『想い出を売る店』などがある。サンリオ フレッシュアイペディアより)

  • アンパンマン

    アンパンマンから見たやなせたかしやなせたかし

    『アンパンマン』(ラテン文字表記:Anpanman)はやなせたかしが描く一連の絵本シリーズ、およびこれを原作とする派生作品の総称。また、これらの作品における主人公の名前。アンパンマン フレッシュアイペディアより)

  • フレーベル館

    フレーベル館から見たやなせたかしやなせたかし

    児童書や絵本、幼児教育の専門書などの出版で知られる。代表的な出版物は、『ウォーリーをさがせ!』、『キンダーブック』、やなせたかしのアンパンマンシリーズ、稲吉紘実の『絵のない絵本』など。フレーベルという名前は、ドイツの幼稚園の生みの親として知られるフリードリヒ・フレーベルの名前から採ったもの。フレーベル館 フレッシュアイペディアより)

  • それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星

    それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星から見たやなせたかしやなせたかし

    原作:やなせたかし「だだんだんとふたごのほし」(フレーベル館刊)それいけ!アンパンマン だだんだんとふたごの星 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐くろしお鉄道

    土佐くろしお鉄道から見たやなせたかしやなせたかし

    2002年に開業した阿佐線では各駅に高知出身の漫画家やなせたかしデザインのイメージキャラクタを設定したりオープンデッキの車両を投入するなどの営業施策をとっている。公式サイトは日本語・英語に加えて、日本のウェブサイトでは珍しいフランス語のページも用意されている。土佐くろしお鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • それいけ!アンパンマン つみき城のひみつ

    それいけ!アンパンマン つみき城のひみつから見たやなせたかしやなせたかし

    原作:やなせたかし(フレーベル館刊)それいけ!アンパンマン つみき城のひみつ フレッシュアイペディアより)

  • それいけ!アンパンマン 妖精リンリンのひみつ

    それいけ!アンパンマン 妖精リンリンのひみつから見たやなせたかしやなせたかし

    原作:やなせたかし「ようせいリンリンのひみつ」(フレーベル館刊)それいけ!アンパンマン 妖精リンリンのひみつ フレッシュアイペディアより)

  • それいけ!アンパンマン すくえ! ココリンと奇跡の星

    それいけ!アンパンマン すくえ! ココリンと奇跡の星から見たやなせたかしやなせたかし

    『えいが それいけ!アンパンマン すくえ! ココリンと奇跡の星』(それいけ!アンパンマン すくえ!ココリンときせきのほし)はやなせたかしによるアニメ及び絵本映画『それいけ!アンパンマン』シリーズ通算第23作。同時上映は『それいけ!アンパンマン うたって てあそび! アンパンマンともりのたから』。それいけ!アンパンマン すくえ! ココリンと奇跡の星 フレッシュアイペディアより)

  • 三木たかし

    三木たかしから見たやなせたかしやなせたかし

    1988年(昭和63年)、日本テレビ系アニメ『それいけ!アンパンマン』に、オープニングテーマ曲「アンパンマンのマーチ」とエンディングテーマ曲「勇気りんりん」 (共に作詞: やなせたかし (同アニメの原作者でもある) 、歌唱: ドリーミング) を提供。「アンパンマンのマーチ」は2011年(平成23年)までに着うた配信でミリオンセラーを達成する。最近は、小学校の音楽の教科書に載るなど童謡としても親しまれている。三木たかし フレッシュアイペディアより)

  • 土佐くろしお鉄道阿佐線

    土佐くろしお鉄道阿佐線から見たやなせたかしやなせたかし

    9640形は海岸沿いを走る路線性格に合わせオールステンレスカー(ただし運転台部は普通鋼製)の両運転台軽量気動車だが、車体長は20メートルを超えるフル規格車である。機構的にはJR西日本キハ126形とほぼ同一としているが、JR四国1000形との併結機能を付加したり、クロスシート部分をバケットタイプの転換クロスシートにするなど、独自性を出している。最高速度は110Km/hで、450PSのコマツ製エンジンに変速1段直結4段の変速機を組み合わせている。台車は軽量のボルスタレスタイプとなっている。ブレーキは電気指令式で、電車における回生ブレーキの発想を応用したコンバータブレーキ優先遅れ込め式である。全車に車いす対応のトイレを備える。シートは一般車 (3 - 10) の場合、車両の中央で転換クロスシートとロングシートが分かれるというあまり例のない配置となっている。1S・2Sがオープンデッキ車両で、前面デザインが異なるほか海側をオープンデッキとしている。室内は転換クロスシートと補助椅子を備える。2004年度に新製された車両 (11) は、駅キャラクターの作者である漫画家やなせたかしが作詞した曲にちなみ、「手のひらを太陽に」号(通称「太陽」号)と名付けられた。オールロングシートで、イベント時には畳を敷いて、お座敷列車として運用できるようになっている。土佐くろしお鉄道阿佐線 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
135件中 1 - 10件表示

「やなせたかし」のニューストピックワード