135件中 11 - 20件表示
  • 三越

    三越から見たやなせたかしやなせたかし

    猪熊弦一郎のデザインによる包装紙「華ひらく」を全店で使用開始。mitsukoshiの文字は当時宣伝部の社員であったやなせたかしの作。三越 フレッシュアイペディアより)

  • 詩とファンタジー

    詩とファンタジーから見たやなせたかしやなせたかし

    『詩とファンタジー』(しとファンタジー)は、かまくら春秋社の発行する季刊の文芸雑誌。やなせたかしが責任編集となっている。詩とファンタジー フレッシュアイペディアより)

  • やなせ (小惑星)

    やなせ (小惑星)から見たやなせたかしやなせたかし

    この小惑星の名はテレビアニメでも著名な『アンパンマン』の原作者であるやなせたかしに因むものである。またアンパンマンの名前も、別の小惑星に「(46737) アンパンマン」として同時に命名されている。やなせ (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • 美術家平和会議

    美術家平和会議から見たやなせたかしやなせたかし

    「平和美術展」には、山下菊二、やなせたかし、桂川寛、熊谷榧、浅野琢也、四国五郎、若林景光らも出品したことがある。美術家平和会議 フレッシュアイペディアより)

  • 少年少女新聞

    少年少女新聞から見たやなせたかしやなせたかし

    やなせたかし「ピョンピョンおたすけかめん」:1996年4月-2000年3月連載。少年少女新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 猫が通れば道理引っ込む

    猫が通れば道理引っ込むから見たやなせたかしやなせたかし

    やなせたかし、バラガイのシロ猫が通れば道理引っ込む フレッシュアイペディアより)

  • モダン日本

    モダン日本から見たやなせたかしやなせたかし

    戦争末期に馬が朝鮮に引き揚げたため、文藝春秋社員だった牧野英二が引き継ぎ、新太陽社から風俗小説誌として刊行、1947年には発行部数20万部となる。大佛次郎や田村泰次郎が活躍し、久生十蘭「だいこん」の連載が人気を博した。新太陽社は1947年に新雑誌『アンサーズ』を創刊、このとき出版協会から許可を得るための交渉役に採用された、当時東大生だった吉行淳之介がそのまま社員となり、『アンサーズ』が売れ行き不振となると『特集讀物』に改名して吉行は『モダン日本』に移る。また芥川賞・直木賞候補にもなった辻勝三郎も一時編集長を務め、後に芥川賞受賞した石川利光、詩人田中冬二なども役員として在籍、1948年からは澁澤龍彦がアルバイトとして入社した。吉行は、1947年に結成された独立漫画派の小島功、関根義人、赤川童太、やなせたかし、六浦光雄や、投稿してきた鈴木義司らの漫画も掲載し、挿絵画家として風間完、永田力も採用した。モダン日本 フレッシュアイペディアより)

  • SHAKKAZOMBIE

    SHAKKAZOMBIEから見たやなせたかしやなせたかし

    作詞:やなせたかし・大澄剛史・井口秀浩/作曲:いずみたく・土田伸ニ/編曲:シャカゾンビSHAKKAZOMBIE フレッシュアイペディアより)

  • 伊東誠 (作画監督)

    伊東誠 (作画監督)から見たやなせたかしやなせたかし

    多数の作画監督を手掛けるうち、最もテレビアニメの監督や原画を担当する。当初は、1970年代から1980年代にかけて同種の仕事に携わっていたが、2000年以降に入るとやなせたかし原作の『それいけ!アンパンマン』の映画の作画監督も担当した。伊東誠 (作画監督) フレッシュアイペディアより)

  • まんが甲子園

    まんが甲子園から見たやなせたかしやなせたかし

    高知県出身の漫画家は、JET・中平正彦・西原理恵子・山田章博・横山隆一(以上5名は高知市出身)・はらたいら・やなせたかし・青柳裕介(以上香美市出身)・黒鉄ヒロシ(佐川町出身)・徳弘正也(大豊町出身)・弓月光(いの町出身)・窪之内英策など数多いことから、高知市や県にとって漫画は貴重な文化資源と考え、市民にも漫画に親しんでもらうことと、地域振興などの目的で行われている。まんが甲子園 フレッシュアイペディアより)

135件中 11 - 20件表示

「やなせたかし」のニューストピックワード