135件中 51 - 60件表示
  • チリンの鈴

    チリンの鈴から見たやなせたかしやなせたかし

    『チリンの鈴』(チリンのすず)は、1978年3月に劇場公開されたサンリオのアニメーション映画。 原作はやなせたかしの『ちりんのすず』。日本ヘラルド映画によって配給された。絵本のほか、DVDも発売されている。同時上映は『親子ねずみの不思議な旅』。チリンの鈴 フレッシュアイペディアより)

  • また逢う日まで (尾崎紀世彦の曲)

    また逢う日まで (尾崎紀世彦の曲)から見たやなせたかしやなせたかし

    本曲は三洋電機のルームエアコン「健康」のCMソングの候補曲として作られたものであった。筒美京平が作った曲にやなせたかしの歌詞を付けたものを槇みちるが歌ったが、スポンサー側の方針変更により最終段階でボツとなった。その後、この曲に阿久悠が安保闘争で挫折した青年の孤独をテーマにした歌詞を付け、「ひとりの悲しみ」というタイトルで、コーラスグループのズー・ニー・ヴーにより1970年にリリースされたが、ヒットにはならなかった。後日、3度目のリメイクの話が持ち上がり、この曲を歌うことになった尾崎のために、阿久が新たに詞を書き換え「また逢う日まで」としてリリースされた。なお、阿久にとっては初のレコード大賞受賞曲である。また逢う日まで (尾崎紀世彦の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 高見まこ

    高見まこから見たやなせたかしやなせたかし

    学習コミックアトムポケット人物館『やなせたかし』(講談社 / 作:圷紀子 / 監修:やなせスタジオ)高見まこ フレッシュアイペディアより)

  • 石坂啓

    石坂啓から見たやなせたかしやなせたかし

    日本漫画家協会会長のやなせたかしや里中満智子が「劣化が進む貴重なマンガ原画を保存・修復する拠点」として政府に働きかけていた国立メディア芸術総合センターについて、「国費で額縁に原画を飾っても、ありがたがって見に来るマンガ好きはいない。恥ずかしいから私の作品は並べないで」「大家の先生方はマンガが不遇だった時代の人が多いから、国が歩み寄ってくるとうれしく思う人がいるだろう。しかし、お上にほめられて喜ぶ漫画家はいない。むしろ、お上をちゃかすのがマンガの精神。」と批判した。民主党が開催した2009年度補正予算案を検証する勉強会では「世界の若者に我が国のメディア芸術の魅力を発信する拠点となる」と説明する文化庁職員に対して、「お上に『よろしい』と言われて喜ぶより、そういうものをちゃかしたり風刺した作品を見せるのがマンガの精神」と持論を展開し、「漫画家の仲間で好意的な反応をした人はいない」「ものすごくつまらないものになる」と計画の撤廃を訴えた。ただし、自身がかつて第3回文化庁メディア芸術祭大賞を受賞したことと前述の発言の矛盾には言及していない。石坂啓 フレッシュアイペディアより)

  • 国民文化会議

    国民文化会議から見たやなせたかしやなせたかし

    1969年、日本労働組合総評議会・国民文化会議が手塚プロ、石森章太郎、赤塚不二夫、やなせたかし、田島征三、中沢啓治らの協力を得て冊子「まんが安保春闘」を刊行。国民文化会議 フレッシュアイペディアより)

  • ラクガキ王国

    ラクガキ王国から見たやなせたかしやなせたかし

    CPUキャラクターの使うラクガキには、東京ゲームショウ2001秋にて配布された体験版によってユーザーから一般公募されたラクガキが多数使用されている。また、はらたいら、やなせたかしなどの著名人がデザインしたラクガキも登場する。ラクガキ王国 フレッシュアイペディアより)

  • 日本漫画家協会

    日本漫画家協会から見たやなせたかしやなせたかし

    五代:やなせたかし(2000年5月 - 2012年7月)日本漫画家協会 フレッシュアイペディアより)

  • 池田模範堂

    池田模範堂から見たやなせたかしやなせたかし

    そのCMについて、イラストレーターのみうらじゅんが当時連載していたザテレビジョンのコラムに「池田模範堂高校の謎」というタイトルの文章を書いたことがある。また、このCMと池田高校のイメージ、さらには子供向け商品のCMに起用しているアンパンマンの作者やなせたかしが高知県出身であること、徳島に製薬会社が多いことから、四国のメーカーと誤解されることがある。池田模範堂 フレッシュアイペディアより)

  • 北沢杏子

    北沢杏子から見たやなせたかしやなせたかし

    なぜなの ママ? やなせたかしえ アーニ出版, 1972北沢杏子 フレッシュアイペディアより)

  • 赤い鳥

    赤い鳥から見たやなせたかしやなせたかし

    漫画家のやなせたかしはこども時代、家に蓄音機があり、クラシックのレコードのほか、「青い目の人形」や「かなりや」など「赤い鳥運動」の頃の童謡が揃っていて、小さな時からそうした音楽に親しんだと述べている。(出典:讀賣新聞、2007年6月12日)赤い鳥 フレッシュアイペディアより)

135件中 51 - 60件表示

「やなせたかし」のニューストピックワード