前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
206件中 1 - 10件表示
  • やなせたかし

    やなせたかしから見た小学館

    ライオンららら(挿絵担当、立原えりか 小学館やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た講談社

    東京府北豊島郡滝野川町(現:東京都北区)生まれ。父方の実家は高知県香美郡在所村(現:香美市香北町)にあり、伊勢平氏の末裔で300年続く旧家。父親は上海の東亜同文書院を卒業後、上海の日本郵政に勤めた後、講談社に移り「雄辯」で編集者を務めた。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た日本テレビ放送網

    1988年(昭和63年)には、テレビアニメ『それいけ!アンパンマン』の放映が日本テレビで開始される。テレビ業界的にかなり不安視されており、スポンサーがつかなかったり、関東ローカルのみの放送などと逆境を余儀なくされるが、まもなく大人気番組となり、日本テレビ系列で拡大放映された。またキャラクターグッズなども爆発的に売れ、やなせは一躍売れっ子になった。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た戸田恵子

    やなせの訃報を受けて、『手のひらを太陽に』を歌唱した宮城まり子、アニメの「それいけ!アンパンマン」でアンパンマンの声を演じる戸田恵子をはじめ、主要キャラクターの声を担当する声優達、また古川登志夫など、故人と縁が深かった人や敬愛する人々がそれぞれ追悼コメントを発している。この時期と前後して、詩人としても死を意識した作品が増加している。やなせ自身が責任編集を行い、かまくら春秋社から発行されている季刊誌『詩とファンタジー』No.24号(2013年10月19日発売)に、「天命」と題して自らの死を予告するような自作の詩とイラストを掲載した。フレーベル館から『アンパンマンとリンゴぼうや』が2013年11月に発売され、これがやなせの最後の作品となった。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た永六輔

    1960年、永六輔作演出のミュージカル「見上げてごらん夜の星を」の舞台美術を手掛けた際に、作曲家のいずみたくと知り合い、翌1961年に『手のひらを太陽に』を作詞。同曲は教科書に載るほどのスタンダードな曲となっている。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た大山のぶ代

    しっぽはぐぐんと(作曲:山下毅雄/歌:大山のぶ代/台詞:雨森雅司) - テレビアニメ『のらくろ』オープニングテーマやなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見たちばてつや

    2012年(平成24年)6月の日本漫画家協会賞の贈賞式を最後に、高齢と体調不良を理由に日本漫画家協会の理事長を辞任して会長に就任。後任の理事長はちばてつややなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た手塚治虫

    1953年に独立した後も精力的に漫画を発表していたものの、手塚治虫らが推し進めたストーリー漫画が人気になり、やなせが所属していた「漫画集団」が主戦場としていた「大人漫画」「ナンセンス漫画」のジャンル自体が過去の物と看做されるようになり、作品発表の場自体が徐々に減っていく。1964年にNHKの『まんが学校』に講師として3年間レギュラー出演したり、その翌年にまんがの入門書を執筆するなど、大人漫画・ナンセンス漫画の復興に取り組み、1967年には4コマ漫画「ボオ氏」で週刊朝日漫画賞を受賞したものの、1960年代後半は本当にきつかったという。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た中村屋

    ニックとアン(中華まんをモチーフとした中村屋のイメージキャラクター。中村屋のファンだったため引き受けたという)やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た新潮社

    オイドル絵っせい 人生、90歳からおもしろい!(2012年、新潮社)※高知新聞の夕刊でも連載やなせたかし フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
206件中 1 - 10件表示

「やなせたかし」のニューストピックワード